手は最高のツール! スキンケア&メイクの精度をグッと高める手の使い方♡

スキンケアをするとき、メイクをするとき、一番使えるのはブラシではなく“手”。手は各指によって用途がさまざまで、しかも指先、手の平と全面くまなく使え、人肌の温かさがメイクやスキンケアをするときに良い効果をもたらしてくれる、と優秀な要素ばかり♪ 

メイクやスキンケアの精度がグッと高まる、手の上手な使い方をご紹介します。

手の上手な使い方1. 美容の指は“薬指”


5本ある指の中で使う鉄板は“薬指”。薬指は他の指と比べて力が入りにくく、肌にとってちょうど良い力加減なので、余計な圧をかけて肌を傷めることがありません♪ 

手は最高のツール! スキンケア&メイクの精度をグッと高める手の使い方♡の4枚目の画像

これは私だけでなく、美容に精通しているヘアメイクさんや美容家さんは、ほぼ全員が薬指をメインに使っているはず! クリームチークやアイシャドウ、リップなどを指で塗るときは“薬指”がお約束です♡

手の上手な使い方2. 手を使うときは、指の根元から使うこと!

 
手を使うときに、指先だけを使うのは絶対にNG! 指先だけでは圧がかかりすぎて肌に負担がかかるからです。

使う範囲として正解なのは、指の根元まで。それぞれの指に均等に力が加わるので肌をギューッとおさえることもないうえ、例えばファンデーションのように広い面を塗るときは、指先だけよりも手早く塗れるというメリットも! 

手は最高のツール! スキンケア&メイクの精度をグッと高める手の使い方♡の7枚目の画像


手の上手な使い方3. 皮膚が動く=圧のかけすぎ!

 
「肌に圧をかけてはいけない」と何度もお伝えしているとおり、皮膚がぐにゅっとなっていれば圧をかけすぎているサイン。

手は最高のツール! スキンケア&メイクの精度をグッと高める手の使い方♡の5枚目の画像

肌に圧をかけると刺激になり、肌が赤くなったり黒ずんだりするので、赤ちゃんの肌を触るときのような優しいタッチで手をあてるように意識してくださいね♡

手の上手な使い方4. ハンドプレスで、浸透力&密着力アップ!


顔全体を優しく包み込んで手の平の熱を加えるハンドプレスは、スキンケアにもメイクにもお役立ち!

手は最高のツール! スキンケア&メイクの精度をグッと高める手の使い方♡の1枚目の画像

スキンケアのときは、化粧水、美容液、乳液、クリームと各工程が終わるたびに2~3秒のハンドプレスをすることで、浸透力が増してスキンケアがより効果的に♡
 
メイクのときは、下地やファンデーションを塗ったあとにハンドプレスをすると、密着度がグッと高まります! 

手の上手な使い方5. 乾燥しやすいルースパウダーも、手を使えばしっとり♡


「ルースパウダーを塗ると、どうも肌がカサカサする」という人は、きっと私だけではないはず! ルースパウダーは肌の水分油分が持っていかれやすいので、塗り方や量を間違えると乾燥しやすいんです。

特に乾燥しやすい人は、パフやブラシで塗るよりも手で塗るのがおすすめ! 手の湿度が加わって、しとっとした仕上がりに♪

手は最高のツール! スキンケア&メイクの精度をグッと高める手の使い方♡の3枚目の画像

ファンデーションを指になじませてから、肌を軽くプレスするように塗っていくのがポイントです。手が冷えていると効果を発揮できないので、実践する前は手を温めてからが鉄則♪ おさえることで密着度も増して美肌に! 

手は最高のツール! スキンケア&メイクの精度をグッと高める手の使い方♡の2枚目の画像


自由自在に使える手は、スキンケアのときもメイクのときも一番役に立つ神ツール。上手に使いこなして、今のスキンケアの効果を倍増、メイクの仕上がりを格段に美しく仕上げましょう♡ 
(松下侑衣花)

この記事を書いたライター

松下侑衣花
実際に試して本当に良かったコスメだけを紹介する #ゆいコス、金曜日は美容に励む日=#美金の提唱者。独自の美容法やメイク術を雑誌やWEBを中心に発信している

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡