”頑張りすぎ”って思われたくない! 素敵女子になれる大学デビューの秘訣

4月に大学生になるみなさん。「大学デビュー」という言葉を聞いたことがあるはず。大学生になったらキラキラした学生生活を送って、恋愛も楽しみたい! でもハリキリすぎるとイタいと思われちゃうことも……。今回は素敵女子になれる大学デビューの秘訣をご紹介します♡



大学デビューのポイントその1. 焦って目立とうとしない


大学生になったら、まず最初に意識することは友達作り! たいていの場合、大学には高校生活とは違ってクラスがあるわけではないので、入学したその日に友達グループができることってあまりありません。ところが冬休み中にSNSで事前に交流して友達を作っている人たちもいて、「わたしだけひとりなの?」と焦ってしまうこともあるかもしれません。

無理しなくても、そのうち知り合いはできます!


そんなとき、気をつけて欲しいのが焦って目立とうとしないこと。友達をつくるために必死に声をかけたり、大きい声を出して騒いだり……。そうやって自己主張が激しいと、いかにも大学デビューっていう感じでイタいなぁと思われがちなんですよね。

大学は友達を作るためだけに行く場所ではないので、焦らずとも知り合いができる機会はやってきます。サークルや部活、語学や必修科目の講義など、一緒に行動する人が見つかるはず。キャンパスライフは一人でも楽しめるので、焦らないことが大切です。



大学デビューのポイントその2. 無理して恋人を作ろうとしない


高校まで恋愛をしていなかったから、大学では彼氏を作りたいという女子も多いはず。しかし、入学早々に男漁りをするというのは”イタい大学デビュー”の典型! 好きでもないのに気を持たせるような行動をとったり、同じ学科やサークルの男友達にボディタッチをしすぎたり……。そんな風に無理して恋人を作ろうとしないことが大切です。

恋愛でもめると4年間ずっと大変!


友達や先輩の彼氏を略奪したり、同じグループ内で恋愛関係でもめてしまったりすると、一気に悪いうわさが駆け巡ります。一度恋愛関係で問題を起こすと、その後のキャンパスライフで悪いイメージが付いて回ってしまうんです。自己中心的な行動をせずに周りの人の気持ちを考えて行動しましょうね!

大学デビューのポイントその3. 周りに流されすぎない


最後は周りに流されすぎないこと。色々なところから集まった人が集う大学では、あなたとは違う価値観の人がたくさんいます。するとお金の使い方、遊び方、プライベートの過ごし方など、これまでの友人とはまったく異なる人がいるはずです。そんなとき、周りの目を気にして流されすぎないことがとても大切。

お酒ではっちゃけすぎないように!


とくに気をつけて欲しいのがお酒での失敗。大学に入ってちょっとはっちゃけちゃおう! と無理をすると、お酒に飲まれてしまうことも。サークルの先輩に勧められて空気が悪くなるかも……と未成年なのに慣れないお酒を飲むのは絶対にダメです。飲酒はかならず20歳になってから! 信頼できる人と、自分のペースでお酒を楽しみましょう。



まとめ♡ 焦らず、無理せず、流されないこと!


新しい環境に身を置くとき、だれでも緊張してしまったり、自分を必要以上に良く見せようとしてしまうもの。でも大学生活は自分と向き合う大切な時間です。焦らず、無理せず、流されずに生活することで、きっと素敵なキャンパスライフが送れるはずです♡ 

(ヤマグチユキコ)
1

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡