透明感のある白肌を手に入れたい♡ お肌のざらつき・トーンアップ対処法

くすみのない、透明感のある白い肌に憧れる! そんな時は、スキンケアとメイクで少しでもトーンアップできる方法や、くすみを払拭させ透明白肌になるような方法を試してみてください♡ 
今回は憧れの白肌に近づくコツを伝授します♡

透明感のある白肌を手に入れたい♡ お肌のざらつき・トーンアップ対処法の11枚目の画像

スキンケア編♡ 透明感のある白肌になるコツ


そもそも、透明感のある白肌はどうやったら手に入れることができるのでしょう? チェックしたいのは、肌の表面のざらつき具合です。

肌に光が当たり反射し、その光が目に入ることで質感や色を判別します。肌の表面がざらついていたり、ゴワゴワしていたり、乾燥をしていると光の反射量が減りくすんだどんよりした肌に見えてしまうんです。

透明感のある白肌手に入れるためのポイント


・肌のターンオーバーサイクルを整え、一定期間でしっかり生まれ変わるようにすること
・表面のざらつきをなくすこと

肌のターンオーバーサイクルが整うと、紫外線を浴びて生成されたメラニンも排出されます。そして、表面のざらつきをなくすことで、化粧水や美容液も肌になじみやすくなり潤った肌作りに役立ちます。

おすすめのアイテム


Dr. MEDION(ドクターメディオン)VCエッセンスプラス


透明感のある白肌を手に入れたい♡ お肌のざらつき・トーンアップ対処法の3枚目の画像

VCエッセンスプラスにはビタミンC誘導体「APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)」が配合されています。浸透力がいいビタミンC誘導体として注目されている成分です。
ビタミンC誘導体は、メラニンの排出にも役立ちますよ♡

透明感のある白肌を手に入れたい♡ お肌のざらつき・トーンアップ対処法の10枚目の画像

また、9種のアミノ酸やヒト型セラミド、シロキクラゲ多糖体なども配合されているので、潤い感もしっかりあります! 乾燥しやすい時期にも使いやすいアイテムです。

おすすめの使い方は化粧水の後。毎日使用してもOKです。ニキビ跡など気になる部分のみにも使うことができますよ!



b.glen(ビーグレン)クレイウォッシュ


透明感のある白肌を手に入れたい♡ お肌のざらつき・トーンアップ対処法の2枚目の画像

肌表面のごわつき解消には、いつもの洗顔代わりに週1程度でクレイ洗顔をするのがおすすめ♡ クレイ洗顔料は、泡立ちがしっかりあるものや、クレイの粒が大きいものなどさまざまなタイプがあります。

ビーグレンのクレイウォッシュは、モンモリロナイトというクレイが配合されていて、泡だてないで使うタイプ。洗顔料自体もなめらかなクリーム状です。
粒の刺激を感じず、顔全体に優しくなじませ軽くマッサージしながら使えるので、くすみ払拭、古い角質除去、また寒い今の時期は、表層リンパを流すことで血行促進→顔色がよくなるのがおすすめのポイント!

透明感のある白肌を手に入れたい♡ お肌のざらつき・トーンアップ対処法の9枚目の画像

手に適量をとり広げた後に、顔になじませていきましょう。擦りすぎないように注意をしながら優しくマッサージするような感覚でなじませます。
その後に、しっかりぬるま湯で洗い流すと肌表面がもっちり、つるつるに!

肌表面のざらつきが解消されると、くすんでいた肌もぱっと明るく見えるようになりますよ♡



メイク編♡ ファンデーションではなく下地を上手く活用しよう!


メイクで透明感のある白肌をつくろうとすると、塗りすぎると透明感がなくなってしまうし、かといって薄く塗るとトーンアップを感じないという悩みに直面することも。

メイクでアプローチする際は、下地を上手く活用してみましょう! さまざまなタイプの下地がありますが、今回はパール入り下地とホワイト下地をご紹介します。

おすすめコスメ


パール入り下地:laura mercier(ローラメルシエ)ファンデーションプライマー ラディアンス


パール入りの下地は、ツヤ感がでて光でくすみを飛ばし、肌を明るく見せることができます。ツヤ肌が好きな方におすすめです。

透明感のある白肌を手に入れたい♡ お肌のざらつき・トーンアップ対処法の4枚目の画像

ローラメルシエの下地はしっかりパールが入っていてうるおい感もしっかり。保湿力もあるので、乾燥しがちな今の時期にも使うことができます。
1
2

EDITOR

常岡珠希
TTMK.LLC CEO。スキンケア、メイク、ヘア講座などセルフ美容が学べるサロン『beautybrush』を運営。ナチュラル系が大好きです!

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事