剛毛・細目・まばら眉? 質感別で叶える理想の眉の作り方♡

メイクの中でも苦手な人が多い、眉メイク。
理想とする眉の形があっても、なかなか実現できず悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 

眉の作り方は、毛の質によって変わってきます。今回は理想の眉を作る方法を、毛の質感別にご紹介♡ あなたもこれを参考にして、理想の眉を作ってみてくださいね。

剛毛眉タイプの理想の眉の作り方



立体感をプラスしてナチュラルに仕上げる♪ 


眉が剛毛タイプの方は、眉に立体感をプラスしてあげることがポイントとなります。コスメはペンシルタイプ、パウダータイプ、マスカラタイプの3種類を使用してくださいね。

眉の描き方


(1)ペンシルで、眉の下部をそろえていきます

(2)毛がまばらな部分は、ペンシルを使って埋めていきます。剛毛タイプの方は線を描くのではなく、点を置いて重ねていきましょう♡ そうすることで眉のインパクトを弱めることができるのです

(3)最後にパウダーを毛の流れに沿って乗せ、毛並みを立てるように眉マスカラをつけていきます

この工程で仕上げることで、のっぺりとした印象の眉ではなく、軽いタッチの優しい眉を作ることができます♡

おすすめアイテムはこれ♡


ADDICTION(アディクション)アイブロウペンシル


「ADDICTION(アディクション)アイブロウペンシル」の芯は程よい太さで、ブレずに安定しながら眉を描くことができます。スクリューブラシがついているところも魅力のひとつ♡ 

ADDICTION アイブロウ ペンシル
【ADDICTION(アディクション)】
¥4,599


Visee(ヴィセ)リシェ カラーリングアイブロウマスカラ


ヴィセから発売されているアイブロウマスカラは乾きが早いことと、つけ心地がスルスルとして使いやすいところが魅力です♡ 

眉マスカラでベタッとなってしまいがちな方にはとくにおすすめのアイテムです。またお湯で落ちるところも人気の高さの理由。



細め眉タイプの理想の眉の作り方



ポイントは眉コスメを下から上へと使うこと


眉が細めタイプの方は、眉を作り上げる時に下から上という流れを意識してあげることがポイントとなります。コスメはリキッドタイプ、パウダータイプ、マスカラタイプの3種類を用意してくださいね。

眉の描き方


(1)太さを出すために、リキッドを使って眉毛の下部、上部を追加しましょう。眉頭をかき足す時には、下から上に向かって跳ねるように描くことを意識してみて♡

(2)パウダーを使って眉全体に影をつけてあげます。パウダーを使うことでイマドキの太眉に!

(3)最後にマスカラをつけて立体感をプラスします。ここでも下から上への流れを意識することを忘れずに♪ 

おすすめアイテムはこれ♡


Visee(ヴィセ)リシェ カラーリングアイブロウパウダー


「Visee(ヴィセ)カラーリングアイブロウマスカラ」は4色のパレットタイプで、自由自在に色を組み合わせ自分の好みのカラーを作れるので、髪色に合わせて自分のカラーにブレンドしやすい♡

付属のブラシも程よいかたさなので、眉頭から眉尻まできれいに埋めることができますよ♪



CANMAKE(キャンメイク)アイブロウリキッド


「CANMAKE(キャンメイク)アイブロウリキッド」のリキッドのカラーは少々薄づきなので、自分の重ねづけ次第で色の濃さをコントロールすることができます♡ 

スルスルと描き心地もよく、眉を書き足していきたい方にとくにおすすめのアイテムです。



まばら眉タイプの理想の眉の作り方



カラーを上手に使って形をつくる♪


眉がまばらタイプの方は、色味を上手に使い分けることがポイントとなります。コスメはペンシルタイプ、パウダータイプ、マスカラタイプ、またノーズシャドウを用意してくださいね。

眉の描き方


(1)パウダーを使って眉の形を作っていきます。毛が薄いところはペンシルを使って、点を置くようにして色を追加しましょう! 
1
2

この記事を書いたライター

モモカ
ライター/webディレクター 女の子が、もっと女の子をたのしめるような情報をお届けします!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡