ゆるふわがかわいい♡ 巻き髪スタイリングのポイント・お悩み解決術

「かわいいゆるふわ巻きが理想だけど、何回やってもうまくならない!」
そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? 巻きすぎてしまったり、後ろの髪が巻けなかったり、色々なお悩みがありますよね。

今回は、理想のゆるふわ巻きを作るための方法をご紹介♡ あなたのお悩みもこれで解決できるかもしれませんよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

お悩み1.後ろの髪が上手に巻けない


巻き髪を作る上で一番多いお悩みは、後ろの髪の毛を上手に巻けないということ。比較的扱いやすいサイドの髪の毛は上手に巻けても、後ろが巻けていなければ理想のゆるふわ巻きには程遠い状態ですよね。



解決方法:横に流してブロッキングすると◎。


そんなときには、後ろの髪の毛もサイドの髪の毛として扱ってあげましょう! ゆるふわ巻きといっても、頭のてっぺんから巻く必要はありません。サイドに流した時に届く範囲の髪の毛を巻いてあげればOKなのです♡ 

後ろの髪の毛をサイドに流したら、ブロッキングしてあげるとなおよいでしょう♪ できる範囲の髪の毛を、しっかりと巻いてあげてくださいね。

おすすめアイテムはこちら♡


『イーセレクト ダッカール ロングタイプ』


クリアピンクがかわいいこちらのアイテム。ダッカールは大きすぎても使いづらく、小さすぎても挟んだ髪の毛がパラパラ落ちてきてしまうので、サイズ感が大切。こちらのアイテムは124ミリと、プロがよく使うサイズ感なので、使いやすいですよ♡

『ORIENEX 櫛』


コームの目が細めなので、サッと通すだけで髪が整うこちらのアイテム。静電気の起こりづらい材質で作られているので、髪に通す時のダメージを軽減してくれます。


お悩み2.巻きすぎてゆるふわに仕上がらない! 


髪の毛を巻くことはできるけど、ゆるふわに仕上がらないという方もいますよね。コテやアイロンは熱をもっているので、少しの誤差でゆるふわの巻き髪ではなくなってしまうことも。



解決方法:巻いたらすぐほぐそう♪ 


そんなお悩みをお持ちなら、まずはコテやアイロンの設定温度を130度くらいまで一気に下げてみて。そしてその上で、巻いた髪の毛は巻いた直後にほぐしてみましょう♪ 髪の毛は、コテやアイロンからうけた熱が冷めた時に、形をキープしはじめるといわれています。そのため、まだ形がしっかりとついていない間に少しほぐしてあげれば、若干ゆるい形でキープしてくれるのです♡ 

おすすめアイテムはこちら♡


『パナソニック 32mm イオニティ』


このヘアアイロンは、温度設定が120度か130度になっているアイテム。熱すぎない温度設定なので、初心者さんでも安心して使うことができますよ♡ 


『napla (ナプラ)  N.ベースヘアスプレー』


大人気N.シリーズから発売されている、ベースヘアスプレー。N.のベースヘアスプレーは熱保護成分が髪を守り、スタイルを維持してくれるアイテムといわれています♪ 巻き髪のコツとスタイリング剤を上手に使用して、理想的な巻き髪を作りましょう♡ 


お悩み3.前髪が自然にならない


髪の毛の中でも、前髪はその人の印象を決める時に重要になってくるポイント♡ ですが、どうしても自然な前髪に仕上がらないというお悩みもありますよね。


解決方法:コームを使って流そう♡ 


そんなお悩みを持っている方は、コームを使って前髪を仕上げてみましょう。まずはコテやアイロンを使って、前髪を内巻きにします。そして巻いた前髪にコームを通してサイドに流してあげます。

コテやアイロンを使って髪の毛をサイドに流そうとするのではなく、コームで流してあげるということがポイント♪ コームを通すことで、自然なふんわり前髪が完成しますよ。コームは自分の前髪の横幅にあったものを選ぶことがポイントです♡ 
1
2

この記事を書いたライター

モモカ
ライター/webディレクター 女の子が、もっと女の子をたのしめるような情報をお届けします!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡