何をしてもうまくいかない…ありのままの私を愛せるようになるコツ♡

「なんだか、いつもより出来ないことがちょっぴり多かったな……」と思う日はありませんか?

「あれをやっても、これをやっても、私の100パーセントの力を出せなかったな。いつもならもっと上手にできるのに」……家に帰ってからも、うまくいかなかったことを思い出してはため息ばかり。

寝る前には「明日出かけたくない。家でゆっくりしていたいな」と、しょんぼり落ち込んでいる私。そんな自分を、いつもよりちょっぴり愛せるようになるコツを3つご紹介します♡



自分を愛せるようになるコツ1. すべての動きをゆっくり、丁寧に


落ち込むことが多かった日は、いつもよりも疲れ切ってしまっているからこそ、帰ってからは自分のケアをおろそかに過ごしてしまいがち……。そんな風につらい思いをしているとき、気持ちは焦るばかりではないでしょうか。

焦っているときは、行動も慌ただしくなりがち。だからこそ、ふと立ち止まって「動作をゆっくり、丁寧に」を意識してみて欲しいのです。


誰もあなたを、急がせたり、追い詰めることはできないはず。肩の力をゆるめて、スーッと深呼吸をしてみましょう!

普段何気なく過ごしている毎日も、当たり前ではないことに気づくことができるはずです♡


寝る前のティータイムでゆったりと♡


寝る前に一息つくためのティータイムを設けてみることをおすすめします♡ お気に入りフレーバーのティーパックを買っておいて、「今日はどんな気分かな♪」と選ぶ時間は至福のとき。かわいいティーセットを買っておくのもいいですね!



おすすめのティータイムアイテム♡


毎日つける香水を選ぶように、今日の紅茶を選んでみませんか? ゆったりしたい気分の日はカモミール、すこし甘い気分に浸りたい日はバニラフレーバーのものを。いろんなことがあった1日も、このティータイムだけは私が私を愛する時間♡ 自分の心に耳を傾けて♪






自分を愛せるようになるコツ2. 小さな目標を書き出してみる


失敗が続くと「もういやだ。どうせ私なんて……」と思ってしまいがち。たとえやる気スイッチが入ったとしても、気分がついてこなかったり、ちょっとしたことがきっかけで落ち込みやすくなっていたり。

無理矢理「私は大丈夫」「もっと頑張らなくちゃ!」と一生懸命に言い聞かせたとしても、実際は大きなため息ばかり……。



そんな気持ちが落ち込んでいるときにおすすめなのが、「すぐに取り組める小さな目標を書き出してみる」ことです。

・普段我慢している大好きなお菓子を一つ食べる
・今週末は目覚ましをかけないで好きなだけ寝る
・気の許せる友達とおいしいごはんを食べにいく


など、自分に正直な心の声を聞いてみてください!


目標を書き出す「きゅんノート」を作ろう♡


忙しい日々や、自己嫌悪の毎日だと「気分がるんっ♪」とする“魔法のアイテム”を忘れてしまいがち。
「自分は何をしているときが幸せなんだっけ?」「どんなスイーツが好きなのかな?」……そんなことを取り戻すために、自分の“きゅん♡”を詰め込んだきゅんノートをつけてみてください♪ 書いているときは自分の好きな音楽をかけながら、リラックス♡


おすすめのノート♡


気分があがるノートは何冊もっていても◎。自分のしあわせをとことん詰め込むノートだから、見た目ももちろんお気に入りのもので! 自由気ままに書けるように、ある程度サイズは大きめサイズがおすすめ。

ケアベアWリングノートB6(
サンスター文具(Sun-Star Stationery)
¥620





自分を愛せるようになるコツ3. 私のネガティヴな感情を、素直に受け止める


ショックな気持ちが続く日に、みなさんは自分の気持ちを受け入れられていますか?

そんなときに思い浮かべて欲しいことがあります。
ある日、あなたが大好きな友達から暗い顔で相談されたとして、そのとき、あなたはその友人に「なんて声をかけてあげますか?」ということ。

多くの人が、「つらかったね……」「気持ちが晴れるまでそばにいるよ!」と、励ましの言葉をかけてあげるのではないかと思います。



いざ自分が落ち込んだとき、友達のときと同じようにつらさを受け止めてあげられているでしょうか。本当はすごく苦しかったり、つらい思いをしたはずなのに、その感情はなかったことにしていませんか?
 
理想の私を想像してしまうと「こんなことで落ちこんでいけない」「苦しんでいる時間はない」と、私の気持ちを見て見ぬ振りをしてしまいがちです。

けれど、ここできちんと私の気持ちに気がついて、素直に受け止めてあげることが大切!



友達はあなたに、ネガティブな気持ちを受け止めて欲しいから相談してきたのです。そして気持ちを受け止めてくれる人がいるだけで、心は癒されていくはず! あなたも、自分自身のネガティブな感情を、素直に受け止めてあげましょう♡


ネガティブな感情と対話するためには物語の中で対話をする♡


自分の気持ちを誰かに打ち明けることが苦手……そんな方も多いかと思います。しかし、自分1人で考えていると良くないスパイラルに陥ることも。

そんなときは、映画や読書などを通して、物語の中の登場人物たちと対話をしてみましょう♡ 

・どのキャラクターに感情移入しているのか
・どんなセリフが気になったか
・このキャラクターだったら、今の私のこの状況はどういう風に受け止めるのか


など、自分の気持ちを少し離れたところから見てみてください♪


おすすめ物語1.映画『キューティーブロンド』


ピンク大好きガールの永遠のアイコン、エル・ウッズが恋も勉強もひたむきに頑張るお話。誠実さと自分の心に嘘はつかないエルの姿勢は見ていて爽快♡ ハッピーな配色のファッションにも注目♪




おすすめ物語2.映画『ミッドナイトインパリ』


フィアンセとパリにきたけれど、一人でお散歩をしていたら……。目の前にいるのはもう亡くなっているはずの憧れの作家さん? 自分が憧れていた時代になぜか紛れ込んでしまい、昔の作家さんたちとの対話を通して、今の自分が見えてくる。「自分がいまどこにいるのか」がわからなくなっている方には、特におすすめ♪




おすすめ物語3.森瑤子作『ハンサムガールズ』


外資系の会社で働きながら劇作家を目指す聖衣子、劇団で芝居を続けるサキ、雑誌編集者で未婚の母の真利江、エステティックサロンのインストラクター・羊子、裕福な家庭で育ったピアノバーの演奏者・伊佐子。この5人が女子会をしながら、自分の人生について向き合っていく1冊。バブル時代のきらびやかな雰囲気も楽しめるので、おしゃれな描写が好きな方はぜひ♡



ありのままのわたしをちょっとでも愛せるように


何をしてもうまくいかない日は、誰にだって訪れます。そんな日こそ、自分自身の心に耳を傾けてみませんか? そのひと工夫で、いつもより私をちょっぴり愛してあげることができるはず♡

(夜明ミユ)

この記事を書いたライター

夜明ミユ
96年生まれ。雑誌『with』専属読者モデル、『with online』にてブログ執筆。現役大学生で英文学を専攻し、編集者・ライターとしても活動中

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡