GReeeeN×横浜流星で見せる感動作 映画『愛唄 ―約束のナクヒト―』

2007年に発表された4人組ボーカルグループGReeeeNの名曲「愛唄」に込められたメッセージを“映画”という形で表現した『愛唄 ―約束のナクヒト―』が1月25日より公開となります。

横浜流星さんが主演を務め、ある日突然、余命宣告を受ける青年・野宮透(トオル)を演じます。一時は自暴自棄になりながらも、まだ一度も恋をしたことがないトオルは、友人・龍也(飯島寛騎さん)との再会や、伊藤凪(清原果耶さん)の書く詩との出会いによって、生きる意味を見つけて行きます。


ローリエプレス編集部では、そんなトオルを繊細に演じ、現在放送中のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で、ピンク色の髪の毛をした高校生役でも注目を集める横浜流星さんへインタビュー! 今作にかけた想いをたっぷり語ってもらいました♡

「こうして生きていることが、素敵で素晴らしい」




今作はGReeeeNのメンバーが実際に体験したエピソードから着想を得て作られていて、脚本にはGReeeeNも参加。2017年に松坂桃李さん、菅田将暉さんがW主演を務め、大ヒットを記録した映画『キセキ ーあの日のソビトー』のチームが再集結していて、そこでGReeeeN のメンバー、ナビ役を演じた横浜さんを主演に迎えるという形になっています。

「おなじチームでご一緒できることはすごく嬉しかったです。あれから月日も経ったので、少しは成長したなって思っていただけるように頑張りました。今回はGReeeeNさんが書かれている脚本で、GReeeeNさんの伝えたいことを、自分たちが伝えなきゃいけないということであったり、そこでの主演という立場であったりですごくプレッシャーを感じていたんですけど、いい意味でチームが変わっていなくて安心しました」

――脚本を読んでどう思われましたか?

「まず感じたのは、ホントにたくさんのメッセージが詰まっているってことで。トオルを含め、登場人物たちが一生懸命に生きる姿には、僕自身、勇気をもらいましたし、トオルが凪を大事に思う姿だったり、それをしっかりと言葉で伝えられるところには、自分も背中を押されました。そして何より今、自分は当たり前に生きてますけど、それが当り前じゃないんだなって。こうして生きていることが、素敵で素晴らしいことなんだってことに改めて気づかされて。そういうたくさんのことをこの一冊の台本から感じることができて、すごいなって思いました」

(C)2018「愛唄」製作委員会

(C)2018「愛唄」製作委員会

特に人生に目標もなく、恋すらせずに生きてきたトオルは、ある日、会社で受けた健康診断の結果、余命がわずかだと判明し、もう生きていても意味がないと、自ら死を選ぼうとします。ですが、そんなトオルの状況を知っても、笑ってその余命を楽しもうと言ってくる友人の龍也や、自らの病気と向き合いながらも、トオルを勇気づける詩を書いていた凪の存在によって、その人生が変わって行きます。

「これまで等身大の役は演じたことがありますけど、余命宣告を受ける、死と隣り合わせという役は初めてだったのでいろいろ悩んでしまう部分はありました。そのせいで撮影当時は5kgくらい痩せてしまったり。主演という経験もあんまりなかったので、主演ならではの受け芝居も大変でした。トオルの病気については映画の中では細かく描かれてはいないんですけど、事前にこういう病気という資料は頂いていたので、それについては詳しく調べたりもしました。それで実際に自分がその状況になったらどういう風になるかなって考えたり。たぶん、僕はトオルと龍也の考え方だったら、トオルのように考えてしまうと思うんですよね。結構悲観的というか、ネガティブなところがあるので……。最初は“本当かよ?”って状況を受け入れられなかったりもするだろうけど、ちょっとしたら受け入れて、あと数か月なんて生きてても意味がないって思ってしまいそうだなって。ただそこで受けた感覚をそのままやってしまうとトーンが落ちてしまうので、そこは演じる上で監督と話し合って、もう少し明るくというのは意識していました」



――監督からは“陽寄りの陰”という指示があったとか。

「陰だけどちょっと明るくって言われて、またそれが難しかったんですけど。でもトオルは最初は落ちて行きますけど、龍也と出会い、凪とも出会って、どんどん明るくなって行くので、そこを上手く利用して表現できたらいいなって思ってやりました。1シーン、1シーン、川村監督と話し合いながら作って行ったんですけど、監督とは、先に『L♡DK』(映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』3月公開)でご一緒していたので、最初からいろいろお話もできたし、信頼もしていたので良かったです。何より、すごく寄り添ってくださって、丁寧に演出をしてくださいました」


――主演としてのプレッシャーや、演じる上での難しさについて触れられていましたが、主演として現場で意識していたことはありますか?

「周りの方とコミュニケーションを取って、みんながいやすい環境を作れるようにできればとは思っていました。あと、自分はみんなに“やろうぜ!”とか声をかけて引っ張って行くようなタイプではないので、まずは自分が一生懸命にやって、その姿を見て皆さんが頑張ろうって思ってくれたらなっていうのは意識してました。なんかこの辺りの考え方は、自分が二十歳を超えて、変わってきたところでもあるんですけど」

果耶ちゃんが凪だったから、自分もトオルになれた


(C)2018「愛唄」製作委員会

(C)2018「愛唄」製作委員会

共演の清原さん、飯島さんとは劇中同様、現場でも仲良く過ごしていたそう。

「撮影期間中、それぞれのオフショットを撮るために、3人ともそれ用のスマホを渡されていて、写真を撮りあったりしながら楽しく過ごしていました。基本は龍也役の飯島くんが現場を盛り上げてくれていて。なんか実際の飯島くんも龍也っぽいというか、僕らにいじられて“何だよ~”みたいな(笑)。3人の空気感も良かったので、それも映画に出てるんじゃないかと思います。写真は結構面白いのを撮ったんですけど、まだ公式のSNSとかに使われてないんですよね」

――清原さんに関するコメントで“年下とは思えない”っておっしゃってましたね。

「とても16歳とは思えない落ち着きぶりと言いますか、しっかりとした考え方も持っていて。自分が同じくらいのときどうだったかな? って考えたら、すごくちゃらんぽらんだったんで、女性の方が精神年齢が高いってこういうことかって思っちゃいました(笑)。演技でも凄まじい集中力を発揮していて、果耶ちゃんがそこに凪として存在してくれたので、そのお陰で自分もトオルとして心が動かされました。ただ真面目過ぎて心配になっちゃうようなこともあって。だからときどき年相応の反応が出ると逆に安心したり」


――同じバンドが好きで意気投合されたんですよね?

「ちょうど朝日を凪と透が見に行くシーンの撮影の日だったんですけど、早朝に自分が着替えてて、果耶ちゃんが先にメイクをしてたときに、果耶ちゃんがスマホで音楽を流してて。それがamazarashiさんだったんですよ。僕はamazarashiさんが好きで、この間、出演した映画(『青の帰り道』)の主題歌もやってくださってすごく嬉しかったです」



――印象に残っているシーンはありますか?

「トオル目線だと凪に想いを伝えられたところは、良かったなっていう気持ちもあって、印象に残っていますね。あとは海で朝日を見ようとするところと、病院の屋上でシーツがはためいてるシーンも素敵だなって思いました。日の出って僕自身、初日の出とかも見に行ったことがなくて、ちゃんと見たことがなかったから感動しました。それからクランクインでもあったんですけど、桜並木を自転車で二人乗りするシーン。桜が咲いているときに撮らなくちゃいけなかったので、時期を合わせて撮ったんですけど、キレイに撮れてよかったです」


死を目の前にしたキャラクターを初めて演じることや、主演というプレッシャーなどと戦いながら、演じたトオルと同様に、懸命に撮影期間を生きた横浜さん。インタビュー後半ではプライベートでの横浜さんがうかがえる質問や、事前に読者の皆さんから募集した質問に答えていただいています。そちらもぜひご期待ください♡

読者のみなさまにプレゼント♡♡


今回ローリエプレスから、横浜流星さんサイン入りチェキを抽選で1名の方にプレゼント♡

応募方法


公式Twitterをフォロー&下記該当ツイートをRTするだけ♡




上記条件を満たしてくれた方の中からプレゼントします!

※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため、無効とさせていただきますことを予めご了承ください
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます
※当選者にはローリエプレス編集部からDMにてご連絡を差し上げます。応募期間終了後もアカウントのフォローをお願いたします
※応募期間:2019年1月25日(金)~2019年2月11日(月)まで

みなさまのご応募、お待ちしております♡

作品紹介


(C)2018「愛唄」製作委員会

映画『愛唄 ―約束のナクヒト―』
1月25日(金)より全国ロードショー
出演:横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、成海璃子、財前直見、富田靖子、中山美穂(特別出演)、中村ゆり、野間口徹、西銘駿、奥野瑛太

ストーリー


特に夢もなく、本気の恋もしないまま大人になったトオル(横浜流星)。ある日、会社で受けた健康診断の結果から、余命がわずかなことが判明する。自暴自棄になり、自らの命を絶ってしまおうと思ったとき、偶然、元バンドマンの旧友・龍也(飯島寛騎)と再会。余命宣告を受けたトオルに同情するでもなく、それまでの時間を楽しもうと言う龍也に振り回されたトオルは、その帰り道、伊藤凪という、4年前、わずか14歳でこの世を去ったとされている天才詩人の詩に巡り合う。そして、その詩に心を動かされ、僅かながらに生きる気力を得たトオルは、後日、その死んでしまったはずの凪に病院で出会い……。

インタビューの後半はこちらから♡

(瀧本幸恵/カメラマン:石井小太郎)

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡