今、注目の俳優・横浜流星に迫る! 「たくさんの縁と恩を感じて、感謝」

横浜流星さん主演で、GReeeeNの名曲「愛唄」に込められたメッセージを映画化した『愛唄 ―約束のナクヒト―』が現在公開中です。

余命宣告を受けた青年が、旧友との再会や、初めての恋をすることで生きる意味を見出して行くという難しい役どころを横浜さんが演じています。


ローリエプレス編集部では、そんな横浜さんにインタビュー♡ 前半では今作にかける想いをたっぷりと語ってもらいましたが、後半ではプライベートでの横浜さんがうかがえる質問や、事前に読者の皆さんから募集した質問に答えてもらっちゃいました!

ファンからの言葉が頑張る力になる




現在放送中のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)では、ピンク色の髪の毛をした高校生を演じ、今作のあとにも映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(3月21日公開)、映画『チア男子!!』(5月公開)と、話題作への出演が続く横浜さん。昨年は俳優としての活動にとどまらず、歌手デビューも果たすなど、大活躍の一年でもありました。そんな横浜さんの運命的な出来事や、今年やりたいこと!など、あれこれ聞いちゃいました♡

――トオルは龍也や凪に出会ったことで人生が変わって行きますが、横浜さんにもこれまでそういった出会いはありましたか?

「自分がこの仕事をするきっかけを与えてくれたのが、今の事務所のスカウトをしてくださった方なので、それがなかったら今の自分は考えられなかったです。自分は小学一年生から空手をやっていて、将来は格闘家か、それが無理なら空手の指導者になることを考えていたので」

――“運命”ってあると思いますか?

「自分はちょっとひねくれものというか(笑)、占いとかもあんまり信じないタイプではあるので、まだ22歳ってこともあってこれ! って感じる運命はないですね。ただこれから歳を重ねて行くことで変わるかもしれないです」

――この仕事をする上で意識していることは?

「一人でも多くの方に自分のやった作品を観てもらって、影響を与えるようなことができたらいいなっていうのは思っています。自分は技術もないし、できることと言えばその作品に一生懸命取り組むことしかないので、当たり前のことでもありますけど、毎回、全身全霊をかけてやっています」

(C)2018「愛唄」製作委員会

(C)2018「愛唄」製作委員会

――2019年、やってみたいことは?

「ウユニ塩湖に行きたいってだいぶ前から言っていて。今年行けるかどうかはわからないけど、いつかは行ってみたいです(笑)。あんな景色を実際に見れたら、考え方とかも変わるような気がするんですよね」

――誰かの言葉で、何かに挑戦しようと思ったことは?

「具体的な言葉ではないんですけど、いろいろお仕事をさせていただく中で、少しずつ自分を応援してくださる方が増えてきて。SNSとかでそういうファンの方々から頂くコメントには励まされますし、頑張ろうってすごく思います」

「抱え込んでしまった悩みを俺だけに言って」




ここからは取材前にローリエプレスの読者の方々から募集させていただいた“横浜流星さんに聞きたいこと!”に答えてもらいました♡

質問1:出演が決まったとき、グリーンボーイズのメンバーには報告しましたか?


「直接報告したわけじゃないんですけど、杉野(遥亮)くんと一緒にご飯を食べに行ったときに、情報が出ていて“やるんだ”って言われて、“やるよ”って。それで“いいな~”みたいに言っては来たんですど“お前も忙しいだろう”って(笑)。でも“観るね”とは言ってくれました」

(C)2018「愛唄」製作委員会

(C)2018「愛唄」製作委員会

質問2:GReeeeNの中で一番好きな曲は?


「僕が初めて買ったCDがGReeeeNさんで、中学生のときから聴いているんですけど、やっぱり“キセキ”ですね。ただ今回、この映画の主演をさせていただいたこともあって、主題歌の“約束 x No title”が一番になりました。映画の世界観にも合っているし、自分が出演しているからこそ、より感情移入もできるし。あとはGReeeeNさんの楽曲に女性ボーカルの声が入っているっていう新鮮味もあったり。それからMVにも出演させてもらったんです。MVは映画の世界観とはまた違って、ちょっとSF風で、僕自身、また新しい挑戦もさせてもらったので、ぜひこちらも楽しんでほしいですね」
1
2
3

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡