まっすぐキレイなさらさらヘアに♡ 意外と知らないストレートヘアの作り方

ツヤツヤできれいなストレートって憧れますよね。朝起きて正しく熱を加えるのもさらさらヘアへの近道のひとつ。
今回は、簡単にできちゃうストレートヘアのポイントをご紹介します。

さらさらストレートヘアの作りかた♡


(1)ストレートのコテを用意したら、180度くらいに設定します
素早く高温! がいちばん痛まず効果的。低温でじっくりするよりも高めの温度の方が髪を痛めにくいんです。

(2)ダッカールで髪をとめながら、下の方から少しずつ髪の毛を下ろしてストレートをかけていきます

まっすぐキレイなさらさらヘアに♡ 意外と知らないストレートヘアの作り方の16枚目の画像

一段おわったらまた少しずつ、という風に全体に熱を加えるイメージで。慣れてない人はとにかくちょっとずつ、やけどに気をつけながらストレートをかけてね。

(3)全体がおわったらサイドのポイントを!

まっすぐキレイなさらさらヘアに♡ 意外と知らないストレートヘアの作り方の15枚目の画像

ストレートヘアって広がってみえちゃうので、ワックスを手に取り、髪の毛を全体の3分の1持ち上げ、根元(画像内の白丸)に少しだけつけて、上から頭を包むように髪の毛を潰します。

そうすると根元の髪の毛同士がくっついて、ボリュームが抑えられると共に、広がりも防止できちゃうおすすめテクです、小顔効果に!

おすすめワックス


ワックスはジェルではなくマットなものを、強すぎずゆるすぎない、まとまるレベルのものがおすすめです!



(4)さらに動かしたくないってひとは、二段階に分けて今度はスプレーをかけます

まっすぐキレイなさらさらヘアに♡ 意外と知らないストレートヘアの作り方の17枚目の画像

髪の毛の表面にスプレーをかけがちですが、そうすると固まった不自然さとツヤっと感がでなくなっちゃうので内側に仕込んで。

おすすめスプレー


ボリューム抑える際は、「ミルボン ジェミールフラン ニュアンスアレンジスプレー」のような、固まらないけどくっつく、ワックスくらい軽いスプレーを使います。



根元抑えたいときは「ケープ」ようなしっかり固定される、やや強いものを選んで!



アップスタイルじゃないので強すぎないスプレーで大丈夫です!

(5)全部の髪を下ろしたらサイドの髪の毛を手のひらでぎゅっと抑えて。完全固定のストレートヘアの完成です!

まっすぐキレイなさらさらヘアに♡ 意外と知らないストレートヘアの作り方の2枚目の画像


巻かずにできちゃう簡単アレンジ


学校やコテなどを使えない環境のところでもサクッとできちゃうアレンジをご紹介!

(1)根元をザクザクにとって高い位置でツインテールをします

まっすぐキレイなさらさらヘアに♡ 意外と知らないストレートヘアの作り方の18枚目の画像


(2)ゴムで少しずつ結んでたまねぎをつくるよ!

まっすぐキレイなさらさらヘアに♡ 意外と知らないストレートヘアの作り方の3枚目の画像

ところどころ、くるりんぱしてもかわいい。
このままでも体育祭やイベントにも使えるおなじみのヘアアレンジです。

(3)それを今回は、後ろにもってきてピンで止めるだけ!

まっすぐキレイなさらさらヘアに♡ 意外と知らないストレートヘアの作り方の19枚目の画像

簡単だし動きがぽこぽこしててかわいいシニヨンヘアに。

前からみるとぽこっと飛び出たお団子がかわいいよ。リボンやバレッタをつけても♡

まっすぐキレイなさらさらヘアに♡ 意外と知らないストレートヘアの作り方の4枚目の画像

「ストレートヘアもアレンジもとっても簡単でした! ぜひ試してみてください♡」(恋和ちゃん)

トップス 9900円/Honey Salon by foppish
トップス 9900円/Honey Salon by foppish

いつものストレートヘアやちょい足しアレンジ! 細かく熱を通すのはツヤがほんとにかわるからおすすめ。ぜひ試してみてね!
(安藤瞳/モデル:梅山恋和/カメラマン:小嶋文子)

お問い合わせ先

Honey Salon by foppish/ハニーサロン

※価格はすべて税抜き表記です
1

この記事を書いたライター

hitomi andoh
アーティストやタレントを中心にヘアメイクとして活動中。CM,TV,ブランドルック,MVなど。ヘアメイクと映画。

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡