冷え性改善に役立つ体ぽかぽか術♡ 日常生活に取り入れたい6つの温め習慣

毎朝、スッキリと目覚めることができない。化粧ノリがあまりよくない……なんて不調に心当たりありませんか? もしかしたらそれは「体の冷え」が原因かもしれません。「冷えは万病のもと」とも言われるように、侮ってはいけないんです! 

今回は、普段の生活で実践しやすい体ぽかぽか術をご紹介♡ 体の温度を大切にして、不調たちとおさらばしましょう!


冷えのお悩み解決体ぽかぽか術:朝編


体ぽかぽか術1.朝日を浴びて起きる


みなさんは、朝スッキリと目覚めることができていますか? 朝目覚めがスッキリしない人は、起きてすぐに太陽の光を浴びるようにしてみましょう♪ 

朝太陽の光を浴びることで、狂いがちな体内時計を調整し、規則正しく生活しやすくなると言われているのです。また、体の不調を整えるとも言われています! 



太陽の光を浴びてみると何より暖かさを感じることができるので、体の冷えを気にしている方は、太陽の光を浴びてみましょう♡ 体の調子だけではなく、心も前向きになれるかもしれませんよ♪


体ぽかぽか術2.温かいスープや飲み物からお腹にいれる


朝ごはんも、体の冷えにとって大切なパートになります。朝ごはんを食べるときには、まずスープやお茶などの温かいものから、口に運ぶように意識してあげるとよいでしょう!
 


冷たいものよりも、温かいものの方が消化しやすいと言われており、朝起きたばかりの胃腸も、温かいものから入れてあげることで、徐々に活動してくれるようになります。

温かいものを取り入れると、体がじわじわと温まりますよね♡ 体を少し温めつつ、「これから他の食材が入ってくるよ~」とお腹に準備をしてもらいましょう!


忙しい朝にぴったりなおすすめ即席スープ♡


忙しい朝の味方は体が温まる即席スープ。生姜入りのものや、それだけでお腹にたまるパスタ入りのものなど、自分のお好みのものをチョイスしてみてくださいね♪






冷えのお悩み解決体ぽかぽか術:外出先編


体ぽかぽか術1.とろみのあるご飯をチョイス


外にでてしまうと、体を温める術がないように思えますが、少し意識を変えてあげるだけで、ぽかぽか術を取ることができるのです。もし外出中にご飯を食べるのなら、とろみのある温かいものを選んであげるとよいでしょう♪ 

温かいものを食べるともちろん体が温まるのですが、とろみのあるものはより体を温める効果を期待することができるんです! その理由は、とろみが温かさを維持しやすいから。


あんかけパスタやあんかけうどんなど、とろみのあるあんのかかったものは特におすすめです♡ お昼時には意識してえらんでみてくださいね♪ 


体ぽかぽか術2.足を組まないようにする


また、姿勢にも体ぽかぽか術があります。みなさんは、椅子に座っているときにどのような姿勢をとっていますか? 足を組んでいるなんてことありませんか? 



実は足を組んでいると血液の流れが滞りやすく、足先まで十分に血流がまわらないということもあるのです。そのため、足先が冷たくなりやすくなるとも言われているのです。

足が冷えると、体も冷えやすくなりますから、できるだけ足の冷えは避けたいもの。血流を滞らせないように、足を組まない意識が必要です♡


冷えのお悩み解決体ぽかぽか術:リラックスタイム編


体ぽかぽか術1.ぬるめのお風呂に入る


毎日のお風呂、いつもどのように入っていますか? シャワーだけで済ませている方は要注意! お風呂は体を温める最大のチャンス♪ しっかりとお湯に浸かることはとっても大切です。



お風呂に入るときには、ぬるめのお湯に10~20分ほど入るようにしてみましょう! 熱すぎるお湯は、体の表面しか温めることができないため、あまりおすすめできないのです。
1
2

この記事を書いたライター

モモカ
ライター/webディレクター 女の子が、もっと女の子をたのしめるような情報をお届けします!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡