北山宏光さんがローリエプレスに初登場♡ 映画『トラさん』の見どころ直撃!

Kis-My-Ft2の北山宏光さんが映画初出演にして、初主演も果たした『トラさん~僕が猫になったワケ~』が、2月15日より公開となります。

北山さんは今作で小学生の娘を持つお父さん役を演じ、さらには猫役!? にも挑戦。家族を残してあっけなく死んでしまった売れない漫画家の寿々男(北山さん)が、トラ猫の“トラさん”となって家族の元に戻るというストーリーで、“猫スーツ”をまとい、何とも愛らしい猫っぷりも見せてくれています♡

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

ローリエプレス編集部では、お父さんと猫という難役をナチュラルに演じた北山さんにインタビュー! 父性も芽生えたというお父さん役でのエピソードや、人間が演じる“猫”への取り組み方、北山さん自身がこの作品を経て感じたことなどを語っていただきました♡

初の映画出演で父親役と猫役に挑戦!


(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

「あの大きなスクリーンに自分が映ってるっていうのがすごく不思議な気持ち」と、今作で映画初出演&初主演を飾った感想を語る北山さん。幼い頃、友達と初めて遠出をして観たエンタメが映画だったということもあり「人生何が起こるかわからないな~」と感慨深く語ります。そんな北山さんが演じているのが、高畑寿々男という売れない漫画家で、ダメ人間なんだけど、どこか憎めない愛らしいお父さんと、その寿々男が死んで転生した“トラさん”というトラ猫。どちらも演じるのがなかなかに難しそうな役柄にも関わらず、北山さんはそれをとてもナチュラルに表現しています。

「寿々男はやっていることは最悪なんですけど(笑)、どこか可愛らしくて憎めない人なので、そこは演じる上で意識していました。観てくださる方に寿々男を好きになってもらわなくてはいけないので、セリフ以外の部分でもそれが伝えられるようにというのは考えましたね。そのヒントになったのが、原作(漫画『トラさん』)の寿々男の表情とかで。僕自身も原作を読んで、寿々男を好きになったので参考にしました。寿々男の家族のお金を取ってギャンブルに行くとかはダメですけど、漫画家という仕事と向き合う部分では男として共感できたし。漫画家さんって白い紙にペンを入れるところから始まって、それって0から1を作る作業じゃないですか。そこは僕らの仕事とも近い部分があるなと。何か生み出したいけど、生み出せなかったり、こうなりたいけど、できない、なれないとか。理想と現実との間で葛藤したりすることはあるので」

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

一方、猫を演じた“トラさん”の方も試行錯誤の上で作り上げたそう。

「一応、猫スーツを着ているだけで、猫として成立していると考えていたんですけど、実際の猫は4足歩行なのに、映画の中の僕は原作漫画と同じく2足歩行でガンガン走っていたり、そこを猫と人間のどっちに寄せるかというチョイスは難しいところでもありました。こちらとしては要所要所に猫の動きを入れて行くことで、猫スーツとの相乗効果もあって、観ている方が猫として認識してくれるんじゃないかって思って。だから餌を食べるときも、実際の猫は口から行くけど、僕はつまんで食べていたり。そこは監督と相談もして、餌以外にも“これも手を使ってもいいんじゃないかな?”とか、制限を広げるとより面白くなるんじゃないかと思ってやりました。猫の動きに縛られてしまうと、お芝居自体が縛られてしまうので、そういう芝居の要素は、観ている人たちに脳内変換してもらえると、このギミックの面白さが伝わるんじゃないかなって。そこは一番悩んだところではありましたけど、苦労というよりは楽しみながらやってましたね」

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

「幼稚園ぐらいのときに猫を飼っていて、一回、10代で犬に浮気をしたんですけど(笑)、今、また猫、飼いたいなって思ってます」
1
2
3

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡