<買って損なし>しっとり?上品? 求める質感別おすすめハイライトの選び方

立体感のある顔立ちには、ハイライトは必須! ですが、ハイライトと一口に言っても様々な光があるので、なりたい表情に合わせてハイライトを選ぶのが美人顔のヒント。
今回は、濡れツヤ・発光系ツヤなど仕上がりの違う4つのハイライトをご紹介いたします♡

1.光を最大限集めるギラギラ感がかわいい♡


<買って損なし>しっとり?上品? 求める質感別おすすめハイライトの選び方の8枚目の画像

Dior ディオール バックステージ フェイスグロウパレット 4,600円(税抜)


無数の光が集まるスチール撮影やファッションショーの現場からインスピレーションを受けたディオールバックステージラインは、テクニックいらずでプロ級メイクを再現できると、発売された当初から大人気♡
こちらのハイライトは、光を最大限集めてくれるギラギラ感が特徴!
<買って損なし>しっとり?上品? 求める質感別おすすめハイライトの選び方の9枚目の画像

しかも、ホワイトだけでなく、ピンク・ブラウン・ゴールドが入った4色パレットなので混ぜることで、自然な雰囲気や強い輝きを放つツヤを自分の肌色に合わせて作ることができます。

日本人の肌色には、ブラウンは難しいかもしれないので、アイシャドウとして使っても可愛いですよ♡


2.素肌になじむ自然なツヤ感をプラス


<買って損なし>しっとり?上品? 求める質感別おすすめハイライトの選び方の3枚目の画像

THREE シマリング グロー デュオ01 4,500円(税抜)


素肌にもともとあるようなツヤと血色感を宿してくれる練りハイライト。クリーミーなテクスチャーでありながら、肌にのせるとさらっとしたパウダーに変化するのでメイクがヨレることもありません。
<買って損なし>しっとり?上品? 求める質感別おすすめハイライトの選び方の4枚目の画像

指でポンポンとのせれば、内側から水分が湧き出るようなナチュラルなツヤが肌に宿ります。

左側のブラウンは、血色感やソフトな陰影が欲しいところにのせるのが◎。アイシャドウベースやチークの下地として使うのがおすすめです。特に、頬骨に沿って入れると顔全体が引き締まった印象になりますよ♡

ハイライトとしてもシェ―ディングとしても使うことのできる1つで2役の万能パレットです。


3.まるでレフ版のような発光系ハイライト


<買って損なし>しっとり?上品? 求める質感別おすすめハイライトの選び方の5枚目の画像

セザンヌ パールグロウハイライト 600円(税抜)


2018年一番注目されたといっても過言ではないプチプラハイライトは、高輝度なパール感が、まるで発光したかのようなツヤ感を叶えます。
<買って損なし>しっとり?上品? 求める質感別おすすめハイライトの選び方の6枚目の画像

驚くほどしっとりした粉質に、これでもか! とパールがぎっしり詰まっていて、光を反射させてレフ板の効果を果たすことで、くすみを飛ばして明るい顔色になります。

つけすぎてしまうと、ギラッギラになってしまうのでブラシにとってからティッシュで一度余分な粉を落としてから肌にのせましょう。


4.上品なしっとり濡れツヤ


<買って損なし>しっとり?上品? 求める質感別おすすめハイライトの選び方の7枚目の画像

ボビイ ブラウン ハイライティング パウダー ピンクグロウ 5,800円(税抜)


(写真は限定のミニサイズです)

ミラーのように反射するパール入りハイライト。“ミラーのように”というとギラっとしたツヤを想像しますが、パンっとハリが増したかのような上品なしっとりした濡れツヤを叶えます。
<買って損なし>しっとり?上品? 求める質感別おすすめハイライトの選び方の10枚目の画像

色は、ピンクとベージュの中間のようなカラーで白浮きすることもなくチークの邪魔をすることもなく自然に馴染みます。


全色比較


<買って損なし>しっとり?上品? 求める質感別おすすめハイライトの選び方の1枚目の画像

今回ご紹介した4色を比較するとこんな感じに。
どれもツヤや光の反射の具合が全く違って個性が出ますよね♡
なりたい肌や仕上がりによってぜひ、ハイライトを使い分けてみてくださいね。
(剱持百香)
1

EDITOR

剱持百香
美白命! 365日紫外線対策を欠かせない美容ライター。内面も外見も美しく輝くための美容を日々研究中

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事