佐野勇斗さん×本郷奏多さんに直撃♡ 又吉原作の映画『凜-りん-』で初共演!

佐野勇斗さん、本郷奏多さんがW主演を務め、ある村で起こった子供の神隠し事件を軸に、関わる人たちの人間模様を描いた映画『凜-りん-』が、2月22日より公開となります。

今作はお笑い芸人として、そして芥川賞作家としても活躍する又吉直樹さんが、『火花』よりも前に手がけていた舞台作品を原作に映画化。
一見、学園ミステリーのような雰囲気を感じますが、観てみると又吉さんらしい繊細な人間ドラマが紡がれていて、謎解きだけにはとどまらない物語となっています。


ローリエプレス編集部では、そんな本作でW主演を務めた佐野さん、本郷さんにインタビュー! 実際にはおなじ所属事務所の先輩・後輩の関係で、年齢差もあるお二人ですが、今回は同級生役を好演。

劇中では一触即発的なピリッとした場面もありますが、ここでは和気あいあいとした、画面の中とはまた違う二人の関係性をお楽しみください♡

又吉さん原作の物語は「面白い!」





原作を芥川賞作家でもある又吉さんが手がけられているということもあり、お二人とも脚本を読んだときから「面白い!」と感じていたそう。

佐野「個人的にミステリーとか、犯人探しの物語が大好きなので、最初に脚本を読ませていただいたときは自分が演じるとかは抜きにして、純粋に犯人は誰なんだろう? とか、そういうところで楽しんでしまいました」

本郷「そうなんだよね。コイツも怪しいし、コイツも怪しい! みたいな。僕もそういう風に物語に引き込まれて行きました。ただ読み終わってみると、意外性がすごくあって。最初に企画をいただいたときは、村で神隠しってなってたから単純なミステリーかと思っていたんですけど、そことはまた違う着地点に持って行っていて。又吉さんはすごい方だなって改めて思ったりもしました」


(C)2018吉本興業

(C)2018吉本興業

佐野さんが演じた耕太は、普通の高校生で、住んでいる村で起こった神隠し事件に巻き込まれてしまうという役どころ。一方、本郷さん演じる天童は東京から突然、田舎の高校にやってきた転校生で、どこか影があってミステリアスな雰囲気をまとっています。

佐野「僕は耕太が観ていただく方にとって一番近くに感じてもらえる存在じゃないかなって思っていて。普通というか、イマドキの若者で、自分にも近いところがあったので、変に作り込むことなく演じられました。監督も勇斗のままでいいっておっしゃってて。僕のベースを大事にして純粋で素直な子をやってくれればいいからって。ただ耕太は神隠しだったり、周りで起こる出来事によって成長もして行くので、その変化はきちんと見せたいなって思ってました」

本郷「正直、僕は天童を演じるのは難しかったですね。脚本を読んでいても“何だコイツ?”って思う場面もあって、何カ所かなんでこんなセリフを言うんだろう? って理解できない部分もありました。でもその部分を監督に相談したら、こういう捉え方をしたらいいんじゃないってことを言ってくださって、それがすごく納得できたんです。同時に監督がいろんなことを深く考えていらっしゃるってことも知れて。そのおかげで、監督に対する信頼も生まれて、そこからは手放しで監督に頼ってやれました」


(C)2018吉本興業

(C)2018吉本興業

――それぞれ演じていて印象に残っているシーンはありますか?

本郷「自分的なことになっちゃうんですけど、会心の出来のワンカットがありまして(笑)。僕が石を投げて窓ガラスを割るっていうシーンがあるんですけど。20mくらい離れてる場所から、この窓を割れたら理想というのがありつつ、スタッフさんも難しいと思うからCGで処理しますって事前に言ってくれてたんですよ。それで本番になったら、もう吸い込まれるかのように、その場所に当たってパリンって割れて」

佐野「あれはすごかった。僕も隣で見てたんですけど、当たった瞬間“うわっ! まじか”ってなって、一瞬、芝居するの忘れて、“あっ!”ってなったくらい(笑)」

本郷「僕も“おお!”って、芝居するの一瞬忘れた(笑)。あれは会心でしたね。そのお陰でCG代も数万円浮いたと思います」
1
2
3
4

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡