ヘアアレンジ前の巻き髪がポイント♡ 卒業パーティーや結婚式向けヘアセット

結婚式や二次会、同窓会、卒業パーティーなど、ヘアスタイルを少し華やかにセットしたい時! セルフアレンジでもきれいに仕上げるためには、ポイントをしっかり押さえましょう♡

ちょっとしたポイントを確実におさえるだけで、簡単ヘアアレンジでも見違えるほどに華やかになります♡ 今回は、ヘアセット前の巻き髪、ハーフアップ、アップヘアそれぞれのポイントとプロセスをご紹介します!


ヘアアレンジの前に…巻き髪がポイント!


ヘアアレンジ前の下準備として、しっかり髪の毛を巻いておきましょう!

髪を巻いておくだけで、自分でも髪がしっかり扱いやすくなります! また、アップヘアなど少し髪にボリュームがあった方が、仕上がりがより映えることもあります。

さらに、傷みが出やすい毛先はヘアアイロンやブローでしっかり熱を加えるだけで、ツヤが出てきれいになるんです♡
 
絶対におさえて欲しいポイントには、画像のプロセス番号の上に【Point】マークをつけているので、ご活用くださいね!

ヘアアレンジ前の巻き髪がポイント♡ 卒業パーティーや結婚式向けヘアセットの6枚目の画像

(1)まずは毛先のみを巻きます

【Point】
一気に巻こうとすると、毛先のみにダメージが多くかかったり、きれいにカールがでなかったりするので注意! ヘアアイロンではさんで1~3回転(髪の長さに合わせて)させましょう。

ヘアアイロンの太さは、鎖骨より長めの方は32mm、それよりも短い方はもう少し細いものを選ぶのがおすすめです!


(2)毛先付近を巻くとこのようになります

(3)(1)と同じ要領で、全体の毛先を巻きましょう。巻き終わったら、髪に加わった熱が冷めるまでそのまま少し放置します

(4)熱が冷めたら、手ぐしでラフにほぐしましょう!


ヘアアレンジ前の巻き髪がポイント♡ 卒業パーティーや結婚式向けヘアセットの7枚目の画像

(5)つむじ付近から細く毛束をとります(毛先を巻いた時とは違った毛束の取り方をします)

(6)毛先以外の箇所をしっかり根元まで熱を加えて巻きます

(7)これを何回か繰り返し、全体的に表面を巻きます

(8)全体完了後はこのようになります。ここまでできれば、ヘアアレンジ前の準備は完成です♡


後ろから見ると、このようになっています。この状態で、それぞれのアレンジを行なっていきましょう!

ヘアアレンジ前の巻き髪がポイント♡ 卒業パーティーや結婚式向けヘアセットの5枚目の画像



ハーフアップアレンジのやり方


簡単にふわっと仕上げることができるハーフアップアレンジをご紹介します!

ヘアアレンジ前の巻き髪がポイント♡ 卒業パーティーや結婚式向けヘアセットの2枚目の画像

(1)トップの髪を結びます

【Point】
画像では耳上に指を当てていますが、この位置よりも少し高めで結ぶのがポイントです。

(2)合わせ鏡をして、中心で結ぶことができているのかをチェックします

(3)髪を引き出してラフ感を出します

【Point】
闇雲に髪を引き出すのは、ただボサボサになってしまうだけなのでNG! まずは、ゴムに近い部分の髪を等間隔で少し引っ張り出します。この時、ゴム部分を押さえながら引っ張り出すと、きれいにできますよ♡

(4)次に、ゴムから少し離れたトップ部分の髪を引き出します。最初に引き出した部分の間の位置から引き出すと、全体バランスもとりやすくなります!

ヘアアレンジ前の巻き髪がポイント♡ 卒業パーティーや結婚式向けヘアセットの3枚目の画像

(5)最初に結んだ毛束の下部分から髪をすくいます

(6)両側から髪をすくい、最初に結んだ毛束の上あたりで1つに結びます

(7)画像のように、最初に結んだ毛束と2回目に結んだ毛束が重ねるようになっていればOKです!

(8)2回目に結んだ毛束のみでくるりんぱをします。くるりんぱした後は、少しゴムをひきしめましょう!

ヘアアレンジ前の巻き髪がポイント♡ 卒業パーティーや結婚式向けヘアセットの8枚目の画像

(9)くるりんぱ部分の髪を少し引き出し、ボリュームを出します

【Point】
巻きが足りない部分は、この段階で巻きを加えましょう!

(10)ふわっとしたハーフアップが完成!

(11)ゴム部分は隠した方がかわいい♡ ヘアアクセサリーをセットします

(12)サイドから見た時に、きれいにまとまっているのに、ふわっと感があるハーフアップに仕上がりました!
1
2

この記事を書いたライター

常岡珠希
TTMK.LLC CEO。スキンケア、メイク、ヘア講座などセルフ美容が学べるサロン『beautybrush』を運営。ナチュラル系が大好きです!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡