ドラマ『1ページの恋』 橋本環奈さん初恋相手役・板垣瑞生さんにインタビュー! 

橋本環奈さんを主演に迎え、タイプの違った3人の男性と繰り広げる圧倒的な純愛を描いたAbemaTVオリジナル連続ドラマ『1ページの恋』(全6回)が、2月18日より放送されています。

今作はAbemaTVが“10代~20代の女性を熱狂させる恋愛ドラマ”というテーマで募集したシナリオの中から大賞を受賞した作品を映像化。絵を描くことが大好きな水瀬あかり(橋本環奈さん)が、“運命的な初恋の男性”森田郁巳(板垣瑞生さん)と、いつもそばにいる“優しい幼馴染の男性”乾大和(濱田龍臣さん)、 女性慣れした“刺激的な大人の男性”星野有利(古川雄輝さん)という3人と繰り広げる純愛ラブストーリーとなっています。


ローリエプレス編集部では、あかりの運命の初恋相手、森田郁巳を演じた板垣瑞生さんにインタビュー! すでに放送となった第一話では、17歳のピュアな男の子が4年の月日を経て、全く違った姿に変わってしまった様子を熱演。一体、4年の間に何が?と思わせる展開で、2話の放送が気になるところ。そんな中、板垣さんから撮影の裏話や橋本さんの印象、恋愛観も垣間見れる!?エピソードなどをお話していただきました♡

リアリティのある純愛ドラマ




「このお話は今生きてるぼく達の恋のお話だと思ってます」と、本作についてコメントを出されていた板垣さん。本格的なラブストーリーを演じるのは、今回が初となります。

「郁巳は17歳であかりと出会って恋をするんですけど、4年後には彼女とは住む世界が変わってしまってて、以前とは全然違う人間になってしまっているんです。単に恋愛だけを描いているんじゃなくて、そういう一人の人物の変化を演じられるのは楽しみでした。それから、郁巳は好きな人にストレートに向かうことができないんです。少女漫画の主人公とかだと好きな人に対して真っ直ぐに行ける人とかがよく出て来るけど、現実ってそうじゃない人の方が多いと思うんですよね。そういうところでもリアリティがあっていいなって思いました。なので、何か理由があってなかなか恋する気持ちが持てない人とかに、この作品が届いたらいいなって思います。今、悩んでいる人たちの勇気になれたらって」



地元の島に旅行でやってきたあかりと恋に落ちた郁巳。二人は4年に一度見られるという流星群を一緒に見て、また4年後も一緒に見ることを約束します。しかし郁巳はその後、島から姿を消してしまい、ちょうど約束の4年後に島ではなく、東京で郁巳を想い続けていたあかりと遭遇します。

「郁巳は……ちょっと酷いですよね(笑)。1話の最後では想いを必死に伝えてくれたあかりの絵をビリビリに破いたり。正直、僕からするとちょっとやりすぎじゃない?って思っちゃいます。ただドラマを観続けて頂ければ、郁巳がなんでそんなことをしたのかわかってくると思うので、最後まで観て欲しいですね」

――1話の冒頭にちらっと出てきてましたが、郁巳は二人でお揃いのうさぎのキーホルダーを川に投げたりもしてましたね。

「最低ですよね、ホント(笑)。あかりから“ダメ”って言われるのに捨てるし。あのシーンの撮影は結構夜が遅くて。しかもカメラ位置とかもあって、川の中のここに投げてくださいって言われてて、一発でやらないといけなかったんですよ。そうしないと撮影もどんどん延びちゃうし。いやいや俺、生まれて初めてキーホルダーを川に投げるんだぞって思いましたけど(笑)、なんとか一発でできました」



――先ほど“一人の人物の変化を演じられるのは楽しみ”とおっしゃってましたが、17歳から21歳の変化を演じる上で意識したことはありましたか?

「17歳の郁巳はすごく明るくやることを意識しました。まだ何も背負っていない、島に住んでいる純粋でちょっと不器用な感じ。それが東京に来て汚れてしまうので、その違いを明確に出すためにも、より意識しました。それから、このあとにまた島に戻る話が出てくるんですけど、そこでは最初に島にいたときとはまた違う、今度は大人になった郁巳を出したいって思っていたので、観てくださる方にその変化が伝わったらいいなって思います」
1
2
3
4

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡