中川大志さんがドラマ『賭ケグルイseason2』でパワーアップした強烈キャラを続投! 

昨年、人気漫画の実写化として放送され、個性的なキャラクターを若手俳優たちが振り切った演技で見せたことでも話題となったドラマ『賭ケグルイ』。そのヒットを受けて5月3日(金)より『映画 賭ケグルイ』が全国公開され、映画の導入でもあり、season1の続編となるドラマ『賭ケグルイ season2』が絶賛放送中です!

“ギャンブルの強さ”で生徒の階級が決まる名門高校を舞台に、一見おしとやかな美少女ですがギャンブル狂の蛇喰夢子(じゃばみゆめこ/浜辺美波さん)が、数々の難敵と対峙。学園を支配する桃喰綺羅莉(ももばみきらり/池田エライザさん)率いる生徒会から敵視されながらも、壮絶な駆け引きバトルに挑んで行きます。


ローリエプレス編集部では、season1から今作に出演し、season2でついに夢子とのギャンブル勝負の場に立つこととなった生徒会会計・豆生田 楓(まにゅうだ かえで)を演じる中川大志さんにインタビュー! 普段の中川さんとは全く違うイメージの、狡猾な野心家である豆生田を再び演じることになったときの想いや、注目の若手俳優が集まる現場の様子などを語っていただきました♡


『賭ケグルイ』では他の作品ではできない芝居ができる




昨年の1月期に放送されたseason1に続き、season2にも出演できることに、中川さんは「嬉しかった」と、素直に喜びを口にします。

「season1の撮影をしているときから、続編をやりたいねっていう話はしていたんです。1では豆生田が夢子と戦うところまでは描けなかったので、次にやるとしたらそこだよねって。だから実現できてすごく嬉しかったです。1のときは他のキャラクターがギャンブルシーンをやっているのを見ていて、楽しそうだなって。豆生田は振るだけ振って、自分はやらなかったので(笑)。2ではその想いも発散できました。『賭ケグルイ』にはこの作品の中だからこそ成立する世界観とキャラクターがあるからこそ、僕らも他ではやれないような芝居のテンションができたりもするんです。振り切ってやれる楽しさがありますね」

――現場に入ったときは「戻ってきたな~」みたいな感覚もありましたか?

「制服を着て、メガネをかけて、あの空間に入るとありましたね。でも『賭ケグルイ』は普段よりギアを2、3段階上げて芝居をしないといけないので、その勘を取り戻すのはすぐにとはいきませんでした。Season1を見返したりもしました」

(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ2」製作委員会・MBS

(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ2」製作委員会・MBS

season1では自ら戦うことはなく、周囲の人を駒のように扱って平静を保ってきた豆生田でしたが、season2では思わぬ誤算で夢子によってギャンブルの場に引きずり出され、本性が露わになって行きます。

「豆生田は一番上まで上り詰めることを目的としていて、そのためには手段を選ばない。自分が動くのは最終手段で、周りの人を動かして目的を果たそうとする。先の先まで物事を計算して組み立てられる人だなって思います。ただseason1まではそうだったんですけど、2になるとこれまで見えてこなかった表情も出てくるので、そこは自分も台本を読んでいて楽しみでした。というか、僕もそうなんですけど、みんなそれぞれ自分が演じているキャラクターに対して愛情がすごくあるんです。だから1よりもみんながパワーアップして役を作ってきていて。それが僕も刺激になりましたし、2から新しく入ってきたメンバーにもいい影響を与えていたと思います。それぞれのキャラがブラッシュアップされてますね」

――中川さんにとって豆生田はやりやすいキャラクターですか?

「疲れます(笑)。毎日毎日、1シーン1シーンのカロリーが高いので、やっていて疲れますね。特にギャンブルシーンはすごい。普段味わえないような緊張感と高揚感があるので、僕だけじゃなくてみんな撮影が終わると毎日ぐったりしてました(笑)。やり切ったという気持ちのいい疲労感なんですけどね。基本的な豆生田のキャラクターは、あまり表に感情を出さない、何を考えているかわからないような人で、抑え込んだ芝居なんです。ただ今回はそれが崩れていく。そこは観てる側としても楽しみにしているところだと思うので、やる側としても面白みを感じながらやりました」
1
2
3

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡