岸井ゆきの×成田凌が主演♡ 片思い暴走女子のちょっと変わった恋愛映画『愛がなんだ』

朝ドラ『まんぷく』で話題の岸井ゆきのさんと、今年度の日本アカデミー賞、新人俳優賞を受賞した成田凌さんという組み合わせで、ちょっと変わった男女の恋愛模様を描いた映画『愛がなんだ』が、4月19日(金)より公開となります。

岸井さん演じる平凡なOL・テルコは、成田さん演じるダメ男“マモちゃん”に恋をし、仕事も何もかも放り投げて、その恋に一心不乱に突き進んで行きます。その姿は客観的に見るとありえない! とも思うのですが、岸井さんの見せるキュートな仕草や笑顔にいつのまにかきゅん♡ としてしまい、テルコが愛おしい存在に見えてきます。“マモちゃん”もこんなダメ男……と思うのですが、成田さんが見せるダメっぷりもどこか魅力的で惹かれてしまいます。


ローリエプレス編集部では、少し不思議な恋愛関係を表現した岸井さんと成田さんにインタビュー! ご自身の恋愛観なども交えながら、撮影の裏話などを語っていただきました♡

微妙な関係の男女の曖昧な恋愛





今作の主人公、テルコと“マモちゃん”ことマモルは、誰もが憧れるような恋愛映画のヒロイン、ヒーローではなく、ともすると反感を買ってしまいそうな二人。けれどもそんな二人を岸井さん、成田さんが演じることで、完全には共感できないけど、なんだか魅力を感じてしまう愛おしいキャラクターになっています。

岸井「最初に原作を読んだときはテルコはすごい熱量だと思って、ちょっと引いちゃったくらいだったんですけど(笑)。でもテルコの主観で考えてみると、すごく単純なんですよね。ただただマモちゃんが好きっていう。仕事を辞めてしまったり、周りあるものを捨ててまでマモちゃんに向かいっていくっていうのは私自身は理解できないけど、でもそうしたいっていう気持ちってみんなにあるものだなって思うから、そこはあまり難しく考えずに、マモちゃん一直線に演じました。でもテルコってすごくマモちゃんのことを好きなくせに、本音では話してないんですよ。いつも本音の1、2歩手前で止まって、マモちゃんに気を使ってる。微妙な距離感があるんです」

――テルコはおなじ女性からすると、ちょっとイラっとするようなところもあるんですけど、岸井さんが演じているとなんだかそれすらかわいらしく見えてくるのですが、そこは演じる上で意識されてましたか?

岸井「私自身はかわいく見せようとは思ってないし、たぶんそういう考え方は役を演じるには邪念だと思うんです。だから私はとにかくテルコがどれだけマモちゃんを好きかっていうのをだけを考えてやってました。ただそうやって演じたものが、画面を通してそんな風に感じてもらえたのなら、それはすごく嬉しいですね」

(C)2019 映画「愛がなんだ」製作委員会

――マモルもなかなかおなじ男性として共感しにくいキャラクターではなかったですか?

成田「岸井さんもおっしゃってたように、マモルの主観になって理性を捨てると共感できるというか、そうなるよなとは思えました。ただ時々客観的にこんなことを言えちゃうのはすごいなって思ったりはしてましたけど(笑)」

――マモルを演じる上で気をつけていたことはありますか?

成田「イラっと来る瞬間みたいなのははっきり見せた方がいいなっていうのと、マモルはいろいろテルコに対して酷いことをしてますけど、それをマモル自身が意識的なのか無意識なのかは常に曖昧にしたいなって思ってました。例えば、道を歩くときはテルちゃんが常に車道側とか。一緒に焼き芋を食べるときも、袋つきの方と、裸の方とをどっちを渡すのかとか。なんか誰かにわかるんだか、わからないんだかくらいのユーモアは欲しいなって思って。あとはキツいセリフを、わざと棒読みっぽくしてみたり。なるべく力が入らないようにするのを意識してました」
1
2
3
4

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡