ボディケアはローションも取り入れよう。しっかりケアで肌見せも楽勝

ボディローションは保湿だけでなく、背中ニキビ・お尻のザラつき・日焼け・敏感肌など、肌の悩み対策にもぴったりなアイテムです♡ ボディローションの使い方や、選び方のポイントをおさえて自信の持てる素肌を目指しましょう!


ボディローションとボディクリームとの違いは?


ボディローションとボディクリームでは『水と油の割合』が異なります……! 質感や使用感に大きな違いがありますよ!

ローションは液体状のスキンケアアイテム


クリームは、水やグリセリンなどの『水溶性』の物質と、白色ワセリンなどの『親油性』の物質がベースです。水と油の両方を含んでいるため、質感がなめらかでトロッとしています♡

一方のローションは、水溶性の物質がベースです。油を含むクリームよりも水分量が多く液状になっているという違いがありますよ!



さらっとした使用感が好みの人に


ボディローションはクリームとくらべて油分が少ないため、ベタつきにくくさらっとした使用感が特徴です! 汗をかきやすい季節やスポーツ・アウトドアシーンなどでも、さっぱりと使えます♡

「ボディクリームは重たい感じがする……」という女子は、ボディローションを試してみてはいかがでしょうか?

化粧水感覚でクリームの前に使う方法も


顔のスキンケアは、化粧水の後に乳液を塗るのが一般的ですよね。それと同じように、ボディローションを塗ってからボディクリームを塗ってケアする方法もありますよ!



ボディローションを先に塗ると、ボディクリームが浸透しやすくなるといわれています。コツは、お風呂上がりの清潔な肌にしっかりとなじませることです♡

毎日のお風呂上がりケアに


一般的に、ボディローションはお風呂上がりに使うアイテムです♪ 洗顔した後に化粧水をつけるのと同じような感覚で、清潔な肌にうるおいをチャージしましょう……♡

乾燥が気になる部分は重ねて塗ろう


ボディローションは商品ごとにさまざまな効果が期待できますが『肌にうるおいを与える』目的で使われることが多いですよね。

乾燥しやすい季節になると、保湿のためにボディローションを使う人が増えるため、秋ごろからドラッグストアなどの店頭でも目にする機会が増えるでしょう♪



乾燥が気になる部分には、重ね塗りも有効です。習慣化して、うるおい肌をキープしましょう♡

資生堂 クリーム肌水


『富士山麓の天然水』を使用してつくられたミネラルウォーターローションです。

天然水は、富士山の栄養豊富な土でじっくり時間をかけて『ろ過』されているため、肌にうれしいミネラルがたっぷり含まれています♡

ボディはもちろん、顔や髪の水分補給にも使用可能です!『洗顔や入浴などで変化した肌のpHを弱酸性へと落ち着かせる』働きが期待できますよ♪

無香料タイプのため、強い香りが苦手な女子も使いやすいですね! 香水や柔軟剤の香りと混ざる心配もありません♡ 無着色・ノンアルコールで、肌への負担にも配慮されています。




背中のニキビが気になるとき


背中は直接目で見て確かめにくい部分です。ニキビができていてもわかりにくく、気がついたときには炎症が進行しているおそれがあります。

新たなニキビをつくらないためにも、ボディローションで予防ケアをはじめてみませんか?♪

毎日の毛穴ケアが大切


背中は皮脂や汗の分泌が活発で汚れやすいうえに、衣類に覆われている時間が長いため湿気がこもりがちです……!

それだけでも十分ニキビができやすい環境ですが、ボディソープなどをしっかり流せていないことが原因で、ニキビができることもありますよ。

そんな背中でニキビをつくらせないポイントは、毛穴のケアです♪ ニキビの原因となる毛穴の詰まりを防いで、ツルンとした背中を目指しましょう♡
1
2
3

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡