ミディアムにおすすめのパーマスタイル9選。トレンド敏感女子必見

「パーマで失敗しないか心配」「どんなパーマが合うのかわからない」と悩む人は少なくありません。1度かけたらすぐには元に戻らないからこそ、パーマは慎重に選ぶのがおすすめですよ♪ まずは、旬のパーマやヘアスタイルをチェックしましょう。

ミディアムにおすすめのパーマスタイル9選。トレンド敏感女子必見の1枚目の画像


ミディアムヘアをパーマの魔法でかわいく


パーマをかけることで、女性らしいかわいらしさが引き立てられます♡ ただし、やみくもにトレンドのヘアスタイルをマネすればよいわけではありません。

「どのようなヘアスタイルが自分に合うのか」「どんな印象を与えたいのか」を決める必要があります。最適なパーマをかければ、魔法にかかったようなイメチェンも可能ですよ♪

パーマヘアにもトレンドがあります。旬のヘアスタイルを取り入れ、周囲があっと驚くイメチェンを目指しましょう♡

ウェーブや外ハネなどパーマヘアが旬


パーマヘアのなかでも、近年注目を集めているのは「レトロ」なスタイルです!


ここでいうレトロとは「髪全体のシルエットに重みをもたせたヘアスタイル」を指します。毛先にパーマをかけ、重量感をもたせるのがトレンドですよ♪

センターパートの分け目にウェーブパーマをかければ、おしゃれにイメチェンできます。大人っぽさを演出するには、毛先を内巻きにカールするのがおすすめです♡

流行りの切りっぱなしカットに毛先を外ハネさせると、上品なかわいらしさを表現できるでしょう。しっかりめにくるくると巻けば、レトロモダンな印象を与えられますよ♪



アレンジがもっと楽しくなる




ゆるめにかけたパーマヘアは「束感」を出しやすいため、さまざまなアレンジが楽しめます。イチからねじったり、編んだりといった複雑な作業をしなくても、かわいいアレンジが可能です♡

パーマなら髪を束ねたり、前髪をアレンジしたりするだけでも印象を大きく変えられます♪ こなれ感ある仕上がりにするのなら「くるりんぱ」アレンジがおすすめです。

凝ったアレンジをせず、そのままのヘアスタイルを楽しめるのもパーマヘアの魅力でしょう。このように、パーマヘアは「ヘアアレンジが万能なヘアスタイル」といえます。

パーマの種類は2つ




パーマは、大きく2種類に分けられます。1つは熱を加えるタイプの「デジタルパーマ」、もう1つは「コールドパーマ」です。

それぞれのパーマにはメリット・デメリットが存在します。メリット・デメリットをきちんと知ったうえで、髪質やなりたいヘアスタイルに合ったパーマを選びましょう♡

ここでは、デジタルパーマとコールドパーマの特徴やメリット・デメリットを紹介します!

持ちは良好 デジタルパーマ




デジタルパーマとは「発熱するロッドに髪を巻きつけてパーマをかける方法」を指します。ホットパーマの一種で、熱を加えて髪に「形状記憶」させるのが特徴です!

髪を洗って乾かしても、パーマヘアをキープできます。髪にはかけたてのパーマのようなコシがあり、スタイリングにも手間がかかりません♪

一般的なコールドパーマと比べても、約2~2.5倍パーマが長持ちするといわれています。ヘアケアや髪質などによっては、パーマの持ちを半年ほどキープできる人もいるようです……!

デジタルパーマは、クセが強い人やボリューム不足に悩む人にもぴったりのヘアスタイルといえるでしょう♡ 反対に熱を加えるため、髪が傷んでいる人にはおすすめできません。

スタイリングがしやすくなる コールドパーマ




コールドパーマは、パーマ剤のみで髪にウェーブをかける一般的な美容技術を指します。熱を加えるデジタルパーマと比べ「髪へのダメージが少ない方法」といえるでしょう!

コールドパーマは「水に濡れて乾くとウェーブがゆるくなる」特徴があります。乾かし方によって、ウェーブのゆるさ加減を多少調整できますよ♡
1
2
3

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡