もうフェイスパウダーが手放せない。おすすめの神パウダー7選

フェイスパウダーは商品ごとに仕上がりが異なり、カラー・配合成分・価格帯もさまざまです! これからパウダーデビューする初心者や、理想のコスメに出会えていない女子のために、カラー別におすすめの神パウダーを7つ紹介します♡

つるん肌はフェイスパウダーで作る


つるんとした肌に仕上げたいときの必須アイテムが、フェイスパウダーです!

「フェイスパウダーとファンデーションの違いって?」「使ってみたいけど選び方がわからない」という女子のために、フェイスパウダーの基本的な知識を解説します♪



ファンデーションと何が違うの?




フェイスパウダーはパウダーファンデーションの一種で「油分の量」と「用途」が異なります!

フェイスパウダーはパウダーファンデーションよりも「油分が少なく粉っぽい」のが特徴です。粉を圧縮して固めた固形タイプのフェイスパウダーもありますよ♪

用途は、パウダーファンデーションはベースメイク、フェイスパウダーは「仕上げ」が適しています。

フェイスパウダーの種類




フェイスパウダーには「ルースパウダー」と「プレストパウダー」の2タイプがあります!

ルースパウダーは、サラサラとした粉になっており「ふわっとした軽い仕上がり」が特徴です。パフやブラシにとって手早くつけられるため、忙しい朝の時短メイクに大活躍します♡

プレストパウダーは、粉を圧縮して固めた固形タイプのものです。粉が散らかりにくく、気軽に持ち歩けるため「外出先でも使用しやすい」というメリットがあります♪

さまざまな色が販売されていますが、ナチュラルに仕上げたいなら「ルーセントカラー」、日焼けした肌には「オークル」、黄味がかった肌には「ピンク」がおすすめですよ♡

乾燥肌の人は保湿タイプを


フェイスパウダーは油分が少なく粉っぽいため、乾燥肌に使うと「粉が浮いて見える」ことがあります。

粉が浮いているだけでメイクの仕上がりが微妙になってしまうこともあるため、この機会に対策を学んでおきましょう!

粉浮きを防ぐカギは、ヒアルロン酸・シアバター・アミノ酸・ロイヤルゼリーエキスなどの保湿成分です♪

「保湿成分が豊富なフェイスパウダーで乾燥を防ぐこと」が、粉浮きの防止につなげられますよ♡

フェイスパウダーの使用方法


フェイスパウダーは「好みの仕上がりに合わせて塗る道具を選ぶ」ことが大切です♪

道具別に使用方法やコツをおさえておきましょう。大切なお肌のためには、保管方法や使用期限もチェックしておくのがおすすめです♡

ツヤっぽく仕上げたい日はブラシを




ふんわりとしたツヤ感を演出したいときは、ブラシを使ってフェイスパウダーを塗ります!

額や頬などの面積の広いパーツには「毛量の多いブラシ」で塗るとスムーズですよ♪ 目元・口元・小鼻といった細かいところには「コンパクトなブラシ」を使うと塗りやすくなります。

まずは、フェイスパウダーをブラシに含ませます。手の甲などでブラシをくるくる回してパウダーをまんべんなく行き渡らせましょう。

顔に塗るときは、ブラシの「片面」を使ってファンデーションの油分や水分を抑えるように塗っていきましょう!

一通り塗り終わったら、ブラシをひっくり返します。今度は密着させるイメージで、ブラシを滑らせるように塗れば完成です♡

マットに仕上げたい日はパフを




陶器のようなマットな肌に仕上げたいときは、パフを使うと便利です♡

ルースパウダーに使う場合は、ケースにパフを置き「パフをおさえながらケースをちょっと傾ける」と、パフにちょうどよい量の粉がつきますよ♪

ケースを傾けすぎると粉がつきすぎるため、くれぐれも注意してくださいね!

プレストパウダーは、パフで表面をサッとなでるだけで準備完了です♡ 粉がたくさんついてしまったら、手の甲などで調節するかテカリが気になるTゾーンからつけましょう!
1
2
3

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡