まゆげはふんわりさせて今年っぽく♡ まゆげの描き方おしえます♡

まゆげは『顔のフレーム』といわれるほど、顔の印象を変える際に重要なパーツの一つです。しかし「自分に合う形がわからない」「うまく描けない」といった悩みを抱える人も少なくありません。きれいなまゆげに整えるために必要な知識をご紹介します。



メイクがイマイチなのはまゆげが原因?


憧れの女優やモデルをマネしてみたり、雑誌のメイク特集を読んで再現したりしても「なんだかメイクがイマイチ……」と感じてしまうことがあります。

もしかすると『まゆげの形や色などのバランスが悪くなっている』のが原因かもしれません。整ったきれいなまゆげにするためにも、基礎知識を学んでおきましょう♡


小鼻と目の位置に合わせるのがポイント


人によって顔の骨格が異なるため、誰かのマネをしてまゆげを描いてもうまくいかないことがあります。

そこで重要になるのが『黄金比率』です! 黄金比率をあらかじめ知っておくと『自分の骨格に合ったまゆげ』が描けますよ。

仮に骨格を無視してまゆげを描いてしまうと、違和感のある表情になるため注意しましょう。黄金比率のポイントは『小鼻と目の位置に合わせてまゆげを描くこと』です♪

まゆげにはさまざまな黄金比率があるため、以下を参考にしてみましょう♡


まゆげの黄金比率をチェック



眉頭は目頭より内側、小鼻のふくらみ部分の延長上


眉山は黒目の外側の延長上から目尻の間


眉頭から眉山までは全体の2/3程度の長さ


眉頭と眉尻が同じ高さになっている


眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長上



黄金比率を意識してまゆげを描くことで、自分の顔に合った自然な形のまゆげになります。まずは鏡で自分の顔をじっくり眺めて、眉頭や眉山、眉尻の位置を確かめておくとよいでしょう。

まゆげもトレンドを意識しなくちゃ


まゆげの形は、時代に合ったトレンドが存在します!

最近のトレンドは、眉山が低くまゆげ全体が平行に描かれた『平行眉』や、ふわふわした赤ちゃんの産毛のようにぼかして描かれた『ふわ眉』です♡

ゆるやかな曲線を描いた『アーチ眉』も近年人気の形で、芯の強い女性を印象づけられますよ♪



まゆげの形の整え方


ここでは、きれいなまゆげの形に整えるために必要な道具や方法についてご紹介します。

必要な道具はこちら


まゆげを整えるために必要な道具は『ハサミ』『コーム』『シェーバー』の三つです。きれいなまゆげ作りに欠かせない三種の神器として、覚えておきましょう。

まゆげを整える必要な道具1.ハサミ


ハサミは、まゆげ用の『刃先が片方に反り返っているタイプ』がおすすめです! 刃先が反り返っていると肌に沿わせながらカットできるため、肌を傷つける心配がありませんよ♪



まゆげを整える必要な道具2.コーム


コームには、まゆげを描くペンシルに付属しているタイプやコームだけのタイプがあります。100円ショップやドラッグストアなどで簡単に手に入れられますよ♡



まゆげを整える必要な道具3.シェーバー


まゆげ用のシェーバーは肌に優しい設計になっており、一つ持っておくと便利です。

『安全カミソリ』でまゆげを剃ることも可能ですが、肌に負担をかけたり傷つけたりすることもあるため、専用のシェーバーを用意しておくとよいでしょう。



メイク後に整えるのがおすすめ


まゆげをきれいに整えるのなら『メイク後』に整えるのがベストです♪

もちろん、すっぴんの状態でもまゆげをカットできますが、左右のバランスが悪かったり切りすぎてしまったりするリスクがあります。慣れている人でないとなかなか難しいですよね。

慣れるまでは、メイクしてからまゆげを整えるようにしましょう♡



基本のまゆげの整え方をチェック♡


まずは、黄金比率を意識してまゆげを描き、コームでとかします。このとき、眉頭から真ん中辺りまでは『下から上』に、真ん中から眉尻は『斜め下』に向かってとかすのがポイントです♪
1
2
3

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡