痩せたい女子必見。太りにくい習慣を身に着けて痩せグセをつけよう

痩せたいのに痩せられない人は、ダイエットの方法やからだの内側に関する誤った行動から、痩せにくくなっている可能性があります。ダイエットを成功させるためにも、太りにくく痩せやすい体質を手に入れて、理想のボディラインを長期的にキープしましょう♡



痩せたいのに、痩せない


痩せたいと思って気をつけているつもりでも、成果が出ないと悩んでいる女子がたくさんいます。「どうして、痩せないんだろう……」悩んでいるなら、まずは根本的な原因に目を向けてみましょう!

肥満は遺伝することがあるといわれている


「ダイエットをがんばっているのに体重がなかなか減らない……」という場合『痩せにくい体質が遺伝している』可能性があるかもしれません。

そんな女子泣かせの体質へと導いてしまう遺伝子は『肥満遺伝子』と呼ばれており、基礎代謝を悪くするといわれています……。

『基礎代謝』とは、体温をキープしたり、心臓を動かしたりするために必要なエネルギーのことです♡ 基礎代謝が低いとエネルギーの消費が少なく、結果として痩せにくくなります。

まずは食べすぎ、運動不足を見直したい




食事をとりすぎると、食べものから摂取したエネルギーが消費エネルギーを上回ります。消費されなかったエネルギーは『体脂肪』になるため、注意が必要です!

食事量はもちろん『食べ方』にも気をつけましょう。『朝と昼は食べず、夜だけがっつり食べる』という食習慣は、太りやすい体質をまねきます!

『副交感神経』が優位になる夜は、消化管の機能が活発です。食べものからとったエネルギーの消化吸収がよくなるぶん、脂肪もたまりやすくなるでしょう。

運動不足な人は消費エネルギーが少ないうえに、燃焼されないぶん、からだにエネルギーをためこみやすくなります。結果として、食べものからとったエネルギーがどんどんたまり、太りやすくなるのです。

睡眠のとり方でも痩せにくくなる




『朝はギリギリまで布団のなかに入っている』『起きる時間がバラバラ』という習慣も、痩せにくい原因かもしれませんよ。

朝、時間がなかったり遅い時間に起きたりすると、朝日をしっかり浴びられず『体内時計』が乱れて代謝量が減少します。起きる時間が不規則な場合も、体内時計が狂って太りやすくなるといわれています!

痩せたい気持ちはわかるけど


痩せるためにがんばっていても、その努力がダイエットのさまたげになっている恐れがあります。これから紹介する『NG行動』に心当たりはないか、チェックしてみましょう!

低カロリー食品だけ食べるのはNG


「カロリーはダイエット大敵! 低カロリー食品だけを食べていたらすぐに痩せられる!」と思い込みがちですが、ここに思わぬ落とし穴がひそんでいます。

『低カロリー食品』だけを食べていても、順調に痩せるのは最初のうちだけです。

低カロリー食品だけを食べ続けていると、からだに『省エネスイッチ』が入ってしまいます。少量の食事でも太りやすくなるのに加え『リバウンド』をまねく要因にもなるのです。

低カロリー食品だけの食事では『栄養不足』も心配です。たんぱく質が足りなくなって筋肉の減少を引き起こすと、代謝が悪くなり痩せにくくなりますよ!

体重の増減への執着は逆効果




ダイエット中、1日に何回も体重計に乗っては「1kg減った♡」「1kg増えちゃった……」と一喜一憂する人がいますが『体重だけを見るダイエット』は逆効果です!

体重を見ても『筋肉量・水分量・骨量・体脂肪量の内訳』がわからなければ、本当に太ったのか痩せたのかは判断できません♪

例えば、じっくり時間をかけて半身浴をしたとします。半身浴は『むくみ解消』に役立ちますが、汗をかいて1kg体重が減っても、水分量が減っただけで痩せたとはいえないですよね。
1
2
3
4
5
5

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡