横浜流星に直撃♡ 本気で挑んだチアリーディング 映画『チア男子!!』

横浜流星さんを筆頭に旬の若手俳優たちを揃え、実在の男子チアリーディングチームをモデルに書かれた小説を実写化した映画『チア男子!!』が5月10日(金)より公開となります♡

横浜さん演じる大学生のハルは、中尾暢樹さん演じる親友のカズに誘われて男子チアリーディング部を創設。徐々に仲間たちが集まり、チームとして一つの目標に向かいながら、個々に抱える悩みや葛藤とも向き合っていきます。また、まさに“青春”を描く今作では、出演者たちが撮影前から約3カ月間のチア練習を行いクライマックスのチアシーンに挑むという、彼らの“青春”とも重なり、フィクションを超えた感動が待っています!


ローリエプレス編集部では、人の応援が得意な笑顔が似合うハルというキャラクターを演じた横浜流星さんにインタビュー! 演じる上で意識していたことや、チア練習でのエピソードの他、今、大注目の横浜さんの人柄が垣間見える質問にも答えていただきました♡


晴希は優しくて他人の思いを自分のことのように感じられる人




横浜さんが演じたハルは、柔道一家に育ちながらも、闘争心よりも人のことを心から応援できる優しい気持ちを持った青年。そんなハルが“応援”をするためにパフォーマンスをするチアリーディングと出会い、仲間たちと一緒にその魅力に引き込まれていきます。

「ハルは他人の気持ちを理解できる優しい男の子で、誰かが怒ったり、笑ったり、泣いたりすることを、自分のことのように感じられる人です。なので、僕自身も日頃から周りの人たちを意識して、誰かの変化に気づくようにして撮影に臨んでました。それから、ハルを演じる上で一番大切にしたことは、ハルの気持ちの変化というか。柔道一家に生まれながらも柔道に挫折をして、大学に入って新しいことを始めたいっていう気持ちからチアを始めるけど、簡単には柔道も止められない。結果的にいろんな人の言葉をもらって、チアをやる覚悟を決めるんですけど、そこまでの気持ちの動きは丁寧に、繊細に演じました」

――今作は直木賞作家の朝井リョウさんが手がけた原作がありつつ、アニメ化や舞台化もされていますが、それらを参考にすることはありましたか?

「原作も読みましたし、アニメも全話観ました。ただ原作とアニメと脚本と、全部の印象が違ったので、そこはどうしよう? って思ったりもして。原作のハルは少し暗い印象もあって、そこから脚本を読んだので、最初はちょっと暗く作ってしまっていたんです。けどアニメを観たときに“あっ、なるほどな”と。そこまで暗くないし、柔らかい印象が持てたので、そこは映画でのハルに参考にさせてもらいました」

――今作を観ていて、横浜さんの笑顔が多めだなって思ったんですが、その辺りは意識していましたか?

「してました。最初は意識はしていても気持ち的に余裕がなくてなかなか笑顔を作るのは大変だったんですけど、徐々に自然と笑顔がこぼれるようになってきて。ただ自分で完成作を観たときは、なんてふにゃふにゃしてるんだ、って(笑)。自分のふにゃふにゃ加減に笑っちゃいました」


――風間太樹監督とは、年齢も近い(1991年生まれ)こともあって、電話で相談をすることもあったそうですね。

「監督はこの作品に対する愛を強く持っている方で、細かいところまでオーダーをしてくださいました。けど僕が悩んでしまうところもあったりもして(苦笑)。そんな中で電話もさせてもらったんですけど、それは歳も近いっていうのもありつつ、監督への信頼感というか。電話ができるくらい近い存在としていてくださったので、そこはすごくありがたかったです」

――悩んでしまうとは、どういったことですか?
1
2
3
4
5
5

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡