横浜流星に直撃♡ 本気で挑んだチアリーディング 映画『チア男子!!』

やるべきことをきちんとやれていたら、周りのことなんて気にしないで済む



最後に少しだけ、横浜さんの人柄が伺える質問にもいくつか答えていただきましたよ♡

――この物語の登場人物たちもいくつかの壁に遭遇して、悩んだり、迷ったりしますが、横浜さんは何か壁にぶつかったときはどう対処していますか?

「とりあえず悩みます。悩んで、悩んで、どうしたら乗り越えられるかをずっと考えて、その上で失敗してもいいからそれを行動に移すというのは意識してやっています。10代の頃とかは完璧を求めすぎてしまって、失敗することをすごく恐れていたんですけど、それだと何も始まらないんですよね。でも二十歳を超えたくらいかな? やっと失敗したっていいって思えるようになって。そこからいろんなことに挑戦できるようになりました。確かに、失敗することは怖いし、カッコ悪いし、極力したくはないけど、それを受け入れて行動に移すことが、たぶん壁を超える近道なんじゃないかなって、今は思っています」

――“チアは女性がやるもの”という概念を壊して、男子チアを作りますが、横浜さんが一般的に女性がやると思われがちなことで、自分もやってみたいなってことはありますか?

「うーん。なんだろう。そういうのがよくわからないかも(笑)」

――例えば、スイーツの食べ放題に行くとか、友達たくさんで遊園地に行くとか。憧れたりすることはないですか?

「全くないですね。むしろ自分はそこからは遠いところにいます。男としていたい、っていう方のタイプなので。でも今聞いて、ちょっと大人数で遊園地とかはいいかもって思いました。そういうことをしたのって小学校のときが最後だったので。中学時代の友達と、今、みんな大人になった状態で、そういう場所で久々にはしゃいでみたい(笑)」


――ハルは姉の晴子にコンプレックスを抱いていますが、横浜さんも身近な人と自分を比べてコンプレックスを感じることはありますか?

「そこはやっぱりいろいろと人と比べられる仕事でもあるので。その人よりは劣ってるよな、とか、でもここは勝ってるよな、とか。自分からは思いたくないとは思っていても、言われるのでどうしても難しいですよね。10代の頃とかは、なんでそんなこといちいち言うんだよ!って思ったりもしてました。でもまずは人と比べるよりも自分がやるべきことをしっかりやらないとな、って思うようになって。やるべきことをきちんとやれていたら、そこまで周りのことなんて気にしないで済むんですよ。そういう風に仕事に対する姿勢を変えてから、自分は自分って思って生きているので、今はあまり考えずに、自分らしくいられてると思います」


「僕ら自身が本気でチアリーディングに挑んできたので、そのパフォーマンスが誰かの心に届いて、何か感じてもらえたら嬉しいです。それから、7人それぞれが悩みながらも前に進んで行く姿が描かれているので、それが何かに挑戦している方、これからしようとしてる方の背中を押すことができたらいいなと思います」

横浜さんがそんな風に見どころを語ってくださった映画『チア男子!!』は、5月10日(金)より全国ロードショーです♡


読者のみなさまにプレゼント♡♡


今回ローリエプレスから、横浜流星さんサイン入りチェキを抽選で1名の方にプレゼント♡

応募方法


公式Twitterをフォロー&下記該当ツイートをいいねするだけ♡


上記条件を満たしてくれた方の中からプレゼントします!

※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため、無効とさせていただきますことを予めご了承ください
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます
※当選者にはローリエプレス編集部からDMにてご連絡を差し上げます。応募期間終了後もアカウントのフォローをお願いたします
1
2
3
4
5

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡