永瀬 廉くんが初主演映画『うちの執事が言うことには』で名門家の当主に♡

King & Prince(キング アンド プリンス)の永瀬 廉さんが名門家の若き当主に扮し、初主演を飾った映画『うちの執事が言うことには』が5月17日(金)より公開となります♡

今作は上流階級の世界を舞台に繰り広げられるミステリー。永瀬さんは名門・烏丸家の27代当主、18歳にして既に飛び級で大学を卒業! しかも色彩に関して特別な能力を備えているという花穎(かえい)を演じ、新米執事・衣更月を演じる清原 翔さんとともに、不可解な事件に巻き込まれていきます。また永瀬さんと同じKing & Princeのメンバー・神宮寺勇太さんも、花穎に親しげに近づく大学生にして企業家の赤目刻弥(あかめときや)役で出演! 俳優としての二人のやり取りにも注目です♡

(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

ローリエプレス編集部では、映画、ドラマを通じて“初主演”という大役を見事全うし、気品を備えながらも愛らしさもある花穎を演じた永瀬 廉さんにインタビュー! 映画の現場のことはもちろん神宮寺さんとのエピソード、デビュー1年を迎えるKing & Princeのメンバーへの想いなど、たっぷり語っていただきました♡


当主・花穎と執事の衣更月との成長物語


(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

今回の出演オファーを受けたときはまだデビュー前で、演技経験も少なかった永瀬さんは主演ということもありとても驚いたのだそう。

「テレビの歌番組のリハーサルの最中に神宮寺と一緒に呼ばれて聞いたので、そのあとのリハは全然頭に入ってこなかったです。“今言う?”っていう。せめて番組が終わってからにして欲しかった(笑)。なので、翌日になってようやく事態を飲み込めた感じでした。僕は神宮寺とは違って演技の経験も少なかったですし、それで主演だったので、“ええっ!”ってなって。でも事態が消化できてからは、経験がないからっていうのを言い訳にはせず、真剣に頑張ろうって思いました。そこからクランクインまでは時間もあったので、邦画を中心にいろんなジャンルの映画を観たり、あとはちょっと設定が似てるなって思って、相葉(雅紀)くんの(ドラマ)『貴族探偵』を観たりもしました」

花穎は頭脳明晰で特別な才能も持つ人物ですが、突然、父から当主の座を引き渡されて戸惑い、しかも頼りにしていた執事も新人に代わっていて、弱音を吐いたり、わがままを言ってみたりもする愛らしいキャラクターです。

「監督からは花穎のわがままだけど情に厚く、人に愛されるところを大事にして欲しいと言われてました。あと、このお話は花穎と執事の衣更月との成長物語もあるので、その部分は大切に演じました。ただ周りからは花穎と僕が似てるねって言われることが多くて。確かに、花穎が昔から仕えてくれている使用人に対してはすごくフレンドリーだったりするところとか、そういう部分は僕と似てるなって思ってました」

――逆に自分にはないなって思うようなところはありましたか?

「優しくて強いところですかね。花穎はある人物からひどい裏切りに遭うんですけど、それでもその人に僕の輪の中にいるって言って許すんです。それは花穎にもつらい過去があって、それを乗り越えてきたからこそかも知れないですけど、僕とは違いますね。やっぱり裏切られたりすると、そんな簡単に人を信用したりはできなくなるじゃないですか。花穎はそれができるから人から愛されるのかなって」

――King & Princeのメンバーの中で一番花穎のキャラクターに似ているのは誰だと思いますか?

「それなら僕だと思います(笑)。天真爛漫というか、人に対して好きとか、それは無理とか、はっきり言ったりするところも似てるし。あとは人を大事にしたいって思う気持ちは似てるなって思います!」
1
2
3
4

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡