神宮寺勇太くんが大学生の企業家役に挑戦♡ 映画『うちの執事が言うことには』

King & Prince(キングアンドプリンス)の永瀬 廉さんが主演をつとめるミステリー映画『うちの執事が言うことには』が5月17日(金)より公開となります♡

名門・烏丸家の若き当主となった永瀬さん演じる花穎(かえい)と、清原 翔さんが演じる新米執事の衣更月が、ときにぶつかり合いながらも、烏丸家周辺で起こる不可解な事件の解決に挑みます。そんな中、永瀬さんと同じKing & Princeの神宮寺勇太さん扮する大学生にして企業家の赤目刻弥(あかめときや)は、徐々に花穎との距離を縮めてきます。普段は見ることのできない、映画ならではの永瀬さん、神宮寺さんの姿も必見です♡

(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

ローリエプレス編集部では、主演の永瀬さんに続き、神宮寺勇太さんにもインタビューをさせていただきました! 現場での永瀬さんから見た神宮寺さんについても語ってもらいましたが、神宮寺さんから見た永瀬さんについても教えてもらっちゃいましたよ♡ 他にも画面からは知ることのできない、撮影での裏話などもお話してもらいました!


神宮寺さんもハマる、大人気ミステリー


(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

神宮寺さんにとって今回は初の映画出演で、お芝居も久しぶりにするということで、オファーをもらったときは驚きもあったと言います。

――最初に今回の話について聞いたのは、歌番組のリハーサル中だったとお聞きしました。

「そうなんです。リハの最中に廉と一緒にちょっとこっち来てって呼び出されて、(映画を)やるよって聞いたんですけど、“えっ?”って感じで。そのあとのリハはもうこのことで頭がいっぱいでした(笑)。パパッと言われたのですべての内容を覚えきれなくて、“何の作品って言ってたっけ?”みたいな。とりあえず廉と一緒っていうのはわかってましたけど。でも、そのときにとにかく頑張ろうって思いました。お芝居は久しぶりという感覚だったので、集中して向き合いたいなって」


原作は累計発行部数110万部を超える人気小説。神宮寺さんもその魅力にハマッてしまったよう。

「原作は事務所の方で用意してくれるってことだったんですけど、もらう前に自分で買って一冊読んでみたんです。そしたら“次の展開はどうなるんだろう?”って気になってしまって。結局、もう一冊ってどんどん買っちゃいました(笑)。シーンがコロコロ変わっていくし、展開が早いんです。とにかく、僕が気づいたらお金を払ってしまっていたくらい、面白いってことです(笑)」

(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

また舞台が上流階級の世界ということもあり、セットや調度品も超豪華♡

「一つひとつの小物とかも全部高そうだなって思ってました。撮影の規模が大きかったです。特に花穎の部屋のインテリアはすごいですよね。と言うか、あの若さであれが花穎の好みだったら渋いですよ。誰がコーディネートしたのか気になります(笑)

――映画初出演はどうでしたか?

「撮影中は(ドラマと)そんなに変わらないなと思ってたんですけど、完成作をスクリーンで観るっていうのは新鮮過ぎました。なんかホームビデオを家族揃って大きなスクリーンで観るような恥ずかしさがあって。あとドラマとは違って撮影から一年くらい経って公開なので、顔が変わっちゃったなと思いました(笑)」


ミステリアスなキャラクター“赤目刻弥”とは?


(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

赤目刻弥は、大学生でありながら人気パティスリーのオーナーをつとめる企業家というやり手の人物。それでいて、花穎との初対面ではいきなりハグをしてきたりと気さくな一面もあります。花穎に対しては好意を抱いているように見えるのですが、一方で“やり手”なだけに、何か考えがあるのかも? と思わせるような雰囲気も漂わせています。

――赤目について“ミステリアスなキャラクター”とコメントもされていましたが、どんな風に役を理解していきましたか?
1
2
3
4

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡