玉森裕太くんが本格ミステリーを熱演♡ 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』

Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)のメンバーとして、歌やバラエティなどで多方面に活躍しながら、俳優としても存在感を発揮している玉森裕太さん主演の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』が、5月31日(金)から公開されます♡

今作は、今年木村拓哉さん主演で映画化されてヒットを記録した『マスカレード・ホテル』や、櫻井翔さん主演の昨年の公開作『ラプラスの魔女』を筆頭に、おなじジャニーズ事務所の先輩・後輩たちが数々の作品で主演を務めてきた東野圭吾さんの小説が原作。

“パラレルワールド”という、登場人物がおなじで設定が違う2つの世界を、玉森さん演じる崇史は行き来しながらその真相へと近づいて行きます。さらにその中で、吉岡里帆さん演じる麻由子との恋愛模様や、染谷将太さん演じる親友・智彦との友情も描かれ、ミステリーでありながら濃厚な人間ドラマとしても見どころたっぷりの作品となっています。

(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

ローリエプレス編集部では、約4年ぶりの映画主演となった玉森裕太さんにインタビュー! プレッシャーもかなりあったという今作の現場で得たものや、俳優として改めて感じたこと、また来年30歳を迎える心境など、たくさん語っていただきました♡

崇史は真っすぐでピュアな男。僕は崇史のようにはできない


(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

「不安やプレッシャーとの闘いでした」と、今作の現場を振り返る玉森さん。「お話の内容的にもワイワイしているような現場ではなかったですし、常に緊張感があって、学ぶことが多かったです」と話します。

「こういう難しい役柄は経験したことがなかったし、東野圭吾さんの原作のものを演じるということや、とにかくすべてのことに不安を感じてました。2つの世界を行き来する中で覚えていないことがあるとか、そういう経験は自分ではしたことないですから。実際に崇史として現場に居てみると、わからないことがあるとすごく不安になる感覚とか、恐ろしいことだなって思ったりもしました」

(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

玉森さんが演じた崇史は大学院を首席で卒業し、スポーツも万能で、学生時代はクラスの人気者という人物。現在は、最先端の設備を持った会社で研究員として働いています。そんな崇史がパラレルワールドに迷い込み、悩み苦しみます。

「僕、(芸能人)オーラは全然ないので(苦笑)、普通にしていたら、普通の人の役は演じられると思います。それに監督からも“演じようとしないで欲しい”と言われていて。なので、崇史という人物を表現しなくてはいけないですけど、わかりやすくしようとしたりはしませんでした。2つの世界があるので、どちらの世界にいるかでキャラクターも違うし、思っていることも違うから、変化をつけることは意識してましたね。片方の世界では悩むし、疑うし、ずっと険しい表情だし。もう片方の世界ではそれとはまた全然違う、恋する表情を見せたりするし。そこは監督からOKをもらえるまで一生懸命やりました」

――玉森さんから見た崇史はどんな人物ですか?

「真っすぐでピュアな男だなって。愛の形はいろいろありますけど、僕は崇史の人を想う気持ちの強さを感じました。よくないところもありますけど、尊敬できる部分もあるなって。一人の人をこんなにも想って、大事な人を失ってまでもその人を欲しいと思える。そんなにも想えるのはすごいですよね。もしも僕が親友の恋人を好きになってしまったら、すぐに引きますね(笑)。親友との時間の方が長いだろうし、“お幸せに”ってなっちゃいます。僕は崇史のようにはできないですね」

(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

――そんな崇史のキャラクターを現場にいるとき以外でも引きずっていたとか。

「今まではキスマイの仕事は、キスマイの自分として切り替えてやれていたんですけど、今回はとにかくずっと崇史の抱えているモヤモヤだったり、不安だったりを常に忘れないようにしてました。だから、普段から柄が悪いというか(笑)、愛想もないし、ずっと下向いてるし、しゃべらないし、『あいつ、何なんだ?』って思われるような感じだったと思います。撮影期間中はプライベートも含めて、ずっと集中してましたね。これまでは意識的に役のことを思うようにすることはありましたけど、他の仕事をするときはどこかで切り替えていたので、ここまで役に没頭していたのは初めてに近かったです」
1
2
3

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡