ダイエット方法は実はシンプルがベスト♡ 継続できるダイエット方法まとめ

すぐに痩せたいからといってハードなダイエットをすると、体に負担がかかるうえにリバウンドしやすいリスクもあります……。無理なくできるシンプルなダイエットをコツコツ続けて、体を引き締めながら痩せやすい体質を目指しませんか?



細い女子の隣に並びたくないんです



すらっとしたスタイルの女子の隣に立つと、みじめな気持ちになることも少なくありません……。今度こそ痩せるためにも、ダイエットの方法を見直してはいかがでしょうか♡

ダイエットの方法を見直す1. 自分を知って、今度こそ痩せる



ダイエットを成功させるためには、冷静な自己分析が必要です! 自分の得意・不得意や生活習慣を知ることで、無理なく続けられるダイエット方法がわかりますよ♡



運動が苦手は、簡単に続けられそうなエクササイズを選ぶとよいでしょう。

甘いものについ手が伸びてしまう人は、甘いものは目標が達成できたときのごほうびと決めれば、ストレスがたまりにくくなりますよ。

「痩せるためにはハードな運動もがんばらなければいけない!」「甘いものは一切食べないようにする!」では続きませんよね♡

自己分析をしながら「これならできそう♪」と思えるダイエット方法を選択することが大切です。

ダイエットの方法を見直す2. 長い期間で見て、コツコツ続ける



ダイエットを成功させる秘訣は、長い目で見てコツコツと取り組むことです♡

張り切って1週間で5kg痩せる!と高い目標をかかげたとします。なんとか達成できたとしても、無理な減量ではすぐにリバウンドしてしまうでしょう……。



ダイエットの方法も、厳しい食事制限などは失敗のもとです。お菓子は1日100kcal以内までといった具合に、小さな目標をクリアしていくことで、痩せる習慣を身に付けられますよ♡

次のステップに進むのも、現在取り組んでいるダイエットが無理なくできるようになってからがベターです! 焦る気持ちを抑えて1歩1歩着実に進んでいきましょう。

効果的なダイエットとは? 今日から取り入れたい痩せ習慣一覧



ダイエットをしているとき、体重ばかりを気にしていませんか? 太りやすい習慣がそのままでは、ダイエットがうまくかなくて当然です……!

これから紹介する痩せ習慣を身に付けて、ダイエットの成功を後押ししましょう♡

ダイエットに導く痩せ習慣1. ストレス発散を心がける



実は『ストレス』もダイエットに深く関係しています。ストレスは『自律神経』が乱れる原因の一つです! 自律神経が正常でないと、内臓の活動が低下して代謝も悪くなります……。

代謝が落ちた体は太りやすく、ダイエットの成功が遠のくといっても過言ではありません
運動をして体を動かしたり、よく笑ったり、質の高い睡眠を意識したりして、ストレスをため込まないようにしましょう♡



ダイエットに導く痩せ習慣2. ストレッチをする



ストレスの発散にもなるストレッチは、痩せやすい体質づくりにも役立ちます! 硬い体は動かしにくいため、筋肉がこわばって血流がとどこおり『代謝が落ちている状態』です。

ストレッチをして体を柔らかくすると、筋肉や関節がよく伸びて体を大きく動かせるようになるでしょう♡ 動きが大きいほど消費カロリーも自然にアップしますよ。

体が動かしやすくなれば、運動も苦になりません! 運動する習慣も身に付きやすく、筋肉が鍛えられてシェイプアップにもつなげられるでしょう♪



ダイエットに導く痩せ習慣3. 姿勢を改善する



運動が苦手なら、まずは姿勢の改善に取り組むのはいかがでしょうか? 背中が丸くなる猫背の姿勢は、肩が体の前に出た状態です。

この姿勢ではお腹に力が入らず、下腹がぽっこりします……! 太ももまで張って太くなってしまうため、ボディラインが気になる人は『背筋を伸ばす』ことを意識しましょう。

背筋を伸ばすだけでなくお腹をへこませながらお尻を引き締めると、姿勢が整って立ち姿がきれいになりますよ♡



ダイエット方法……どれががベストなの?



さまざまなダイエット方法がありますが、日ごろのちょっとした心がけが成功のカギを握っています……♪

「食事制限をがんばったけど結局リバウンドしてしまった……」という人も、これから紹介する運動と食事のポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか?

ダイエットを続ける方法1. 自分に合った運動を見つける


食事の量を減らすだけのダイエットは、失敗しやすい典型です……。食事だけで減る体重には限界があるうえに、代謝が低下して太りやすくなる原因にもつながります。

体にも負担がかかるため、健康的なダイエットとはほど遠い方法といえるでしょう。体を大切にしながら痩せるためには、食事に気をつけながら運動も取り入れることが大切ですよ♡



運動する時間がない・運動が苦手という人は、通勤・通学中に早歩きをしたり、料理をしながらつま先立ちをしたりといった『ながら運動』から始めましょう。

運動も決して無理をしないことが鉄則です!

ダイエットを続ける方法2. 食事の仕方を変える


朝食抜き・夜食をたくさん食べるなどの食事習慣は『体内時計』がずれて太りやすくなるため、注意が必要ですよ!

ダイエットの際には、何から食べるのかも重要視されており『野菜から食べる』と太りくいといわれています♡

野菜に含まれている食物繊維は、腸で消化されず満腹感を得やすい食材です。最初に野菜をとることで、太る原因になる血糖値の急上昇も防げますよ!

さらに、よく噛んでゆっくり食べることも大切です。満腹中枢が働き始めるのは食べ始めから15~20分後といわれています。

早食いをすると満腹感を得る前に食べすぎてしまうため、気をつけましょう♡



ダイエットに効果的な簡単エクササイズ♡ 上半身痩せ編



上半身は目に入りやすい部分のため、最初に痩せたい部分としてあげる人も多い場所です。そんな上半身の引き締めをサポートするエクササイズを取り入れて、ダイエットに役立てましょう♡



ダイエットに効果的な簡単エクササイズ1. 上を向いて顔の筋肉を使おう



フェイスラインが気になる人は、首筋から鎖骨にかけて存在する『胸鎖乳突筋』という筋肉にアプローチしてみてはいかがでしょうか?



胸鎖乳突筋の伸びを意識しながら、ゆっくりと顔を上げて真上を向きます。そのまま「イー」といいながら口を横に広げたら、次は「ウー」といいながら唇を前に突き出しましょう♡

『唇の裏』も見えるくらい、全力でおこなうのがポイントですよ……! この流れを1セットとして、1セットが終わるたびに顔をいったん正面に戻して首を休ませましょう。

5セットが目安ですが、首が痛い人は無理に上を向かず、正面を向いたままおこなう方法でも大丈夫です♡

ダイエットに効果的な簡単エクササイズ2. 二の腕ほっそり ねじるだけ運動



二の腕のたるみ解消に役立つエクササイズもありますよ♡

まずは『頭のてっぺんが後ろに引っ張られる』イメージで、胸を張りながら立ちましょう。そのまま肩の関節と肩甲骨を意識して、腕を外側と内側にねじります。

外側にねじるときは鼻から大きく息を吸い、内側にねじるときは口から大きく息を吐きながらおこなうのがポイントです♡

深く呼吸しながらねじることで、体の内側にある『インナーマッスル』も刺激できます! インナーマッスルを鍛えると、脂肪が燃焼しやすくなるといわれていますよ♪



ダイエットに効果的な簡単エクササイズ3. ぽっこりお腹にはしこ踏み



お腹まわりの引き締めには、相撲でよく見かける『しこ踏み』が役立ちます……! まずは足を肩幅に開き、つま先を外側に向けましょう。

背筋を伸ばした状態で少しずつ股を開いていき、ゆっくり腰を下ろします。この『腰割り』と呼ばれる姿勢のまま、お腹・股関節・腰まわりの筋肉を意識して、右脚を上げます。

脚を下ろすときは、お腹に力を込めながら静かにつま先を下ろすように心がけましょう。左脚も同じ要領でおこないます。

バランスが不安定なら、壁などにつかまりながらチャレンジするとよいですよ♡



ダイエットに効果的な簡単エクササイズ♡ 下半身痩せを目指す編



「下半身がなかなか痩せなくて……」と悩んでいる人におすすめのエクササイズを紹介します! 自宅で簡単にできるため、勉強やリラックスタイムの合間にチャレンジしてみてはいかがでしょうか♡

ダイエットに効果的な簡単エクササイズ1. リズミカルに お尻歩き



お腹とお尻を鍛えると同時に、代謝アップも期待できるエクササイズを紹介します♡ 床に座っておこなうため、マットなどを敷いておくとよいですよ!



まずは脚を真っすぐ伸ばした状態で床に座り、胸の前で両手のひらを合わせましょう。

座骨で床を押すイメージで骨盤を立たせ、お尻を足のように動かしながら1歩ずつ前に進みます……! 何歩か進んだら次は同じ要領で後ろに下がりましょう。

慣れるまでは無理をせず、ひざを曲げておこなってもかまいません♡ 少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

ダイエットに効果的な簡単エクササイズ2. 壁を使ってポーズをとるだけ



壁を利用して、下半身にアプローチするエクササイズもあります!

まず、後頭部から尾てい骨にかけてのラインを壁に押し当てて『イスに座っているような姿勢』をとりましょう。両腕は胸の前でクロスさせて、胸の上あたりに両手のひらを乗せます。

そのまま、床と『水平』になるように、右脚を伸ばしてキープしましょう。息は鼻から吸い込んで口から吐くのがポイントですよ♡

反対も同様におこなって、下半身を引き締めましょう!



ダイエット中に食事やレシピ♡ 高カロお菓子とチェンジ して!



今回ご紹介するレシピは特別なコツを必要としない簡単なメニューばかり♡ 忙しい朝や疲れている夜でも作りやすいのでおすすめです。ぜひ、低カロリーでおいしいメニューを取り入れてみて!

ダイエット中におすすめな食事1. ゆで卵とアボカドのサラダ


ゆで卵は、加熱して硬くなったことで胃の中に長くとどまるため、腹持ちが抜群です……♡ ビタミン・ミネラル・タンパク質も含まれており、ダイエットで心配な栄養不足の解消にも役立ちますよ!

さらに、筋肉を大きくするといわれているロイシン・バリン・イソロイシンなどのアミノ酸が含まれています。筋肉が大きくなると代謝がアップして、脂肪も燃えやすくなるでしょう♡

おすすめのレシピは『ゆで卵とアボカドのサラダ』です! マヨネーズであえるだけでもおいしいですよ♪ アボカドの変色を防ぐために『レモン汁』をかけてもよく合います。



ダイエット中におすすめな食事2. 多種類の野菜を使ったほっこりスープ



野菜は低カロリーで、意外にお腹も満たされますよね♡ 野菜ごとに、脂肪の吸収を抑える成分が多く含まれていたり、食物繊維が豊富だったりと『体にうれしいメリット』も満載です!

複数の野菜を1度に摂りたいときは『スープ』にして食べるとよいですよ♡

ビタミンが豊富なブロッコリーやトマト、代謝の向上に役立つたまねぎなどを組み合わせてみてはいかがでしょうか? 野菜のうまみが出るため、コンソメを入れるだけでおいしく食べられます!



無理なくスリムできれいなカラダに




「もっとがんばらないと痩せられない……!」と気負わず、無理なくできることをコツコツと取り組むことが成功の秘訣です♡

適度な運動をして食べ方に気をつけるだけでも、大きな1歩につなげられますよ。

「もう少しがんばれそう♡」と思ったら、今回紹介したエクササイズやレシピを参考に健康的なダイエットを継続して、理想の体を手に入れましょう!

もっと効果的なダイエットについて知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてね! あなたの体にぴったりなダイエット方法が見つかるかも♡

ダイエットを成功させたい! 効果的なダイエット方法まとめ♡

野菜を使ったダイエットレシピ♡ 煮込むだけで簡単な野菜スープのメリット

韓国女子のダイエット事情♡ 今日から簡単に試せる5つのこと!

いつもローリエプレスをご覧いただきありがとうございます♡ もっとみなさんにかわいくなれるヒントをお届けできるように、こちらからアンケートにご協力いただけると嬉しいです♡

アンケートに答える♡

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ