肩甲骨はがしの魅力とストレッチ7選。簡単運動で背中美人を目指そう

近ごろ『肩こり』に悩んでいませんか? もしかすると、肩こりの原因は肩甲骨の動きが悪くなっているせいかもしれません。『肩甲骨はがし』をすれば、肩こりの解消にもつなげられますよ♡ 肩甲骨はがしの魅力と、おすすめのストレッチを紹介します!

最近、肩が痛い


肩こりがひどくなると「重い……」から「痛い!」と感じるようになります。思い当たる原因は特になく、気づくと肩がこっているという人も多いでしょう。

そもそも、肩こりはなぜ起こるのでしょうか? 肩こりの原因を理解すれば、日々どんなことに気をつければよいのかがわかります♡ まずは、肩こりについて理解を深めましょう!

もしかして肩こり?


肩こりが発生する主な原因は『血行不良』といわれています……。

『猫背』や『足組み』などの習慣は、背骨や骨盤のゆがみを引き起こす原因です。バランスのくずれを周囲の筋肉が再度調整しようとするために、緊張・収縮します。

結果として筋肉内部の血管が圧迫されて、血行不良が発生するのです。つまり肩こりは、肩まわりの筋肉の血行不良によって、引き起こされている症状といえるでしょう!

スマホの見方に注意




『前かがみ』でスマホ画面を見る習慣がある人は『スマホ巻き肩』に気をつけましょう! 症状には、ひどい肩こり・頭痛・腰痛・眼精疲労などがあります。

放置すれば、頸椎症(けいついしょう)・筋緊縮性の耳鳴り・めまい・外反母趾などの可能性も出てくるでしょう。

スマホ巻き肩の予防で大切な点は、前かがみにならないことです。目の高さでスマホを操作するとよいでしょう。

最初は意識していても、時間が経つにつれて腕が下がってしまうことも多いですよね。スマホを持つ逆の手でひじを支えてあげると、腕が下がりにくくなりますよ♪

長時間のデスクワークやパソコン作業中の姿勢も、チェックしてみてくださいね。

バッグの持ちグセなども原因のひとつ


肩甲骨は、上下左右に動かせるのが理想的な状態です♡


猫背になると、肩甲骨は『横』に広がりやすくなります。骨格のゆがみにつながると、肩甲骨の高さが左右で違ってしまう可能性もありますよ……!

荷物やバッグを片側で持ち続けたり、片足に重心をかけたりする行為も猫背の原因です。肩甲骨まわりの筋肉が硬直して、肩甲骨の動きが悪くなるでしょう。

結果として、肩こりが引き起こされます。このときの肩甲骨は、背中にくっついてはがれない『凝り固まった状態』です!

肩甲骨の動きを意識しよう


肩こりの原因がわかったところで、次は肩甲骨について解説していきます! 何度も出てきた『肩甲骨』というキーワードですが、一体どこの部位の骨でしょうか?

肩甲骨の位置を正確に知れば、このあと紹介する肩甲骨はがしを効率よく進められますよ♡

肩甲骨って何?


そもそも肩甲骨とは、どの部分を指すのでしょうか? 名前は知っていても、場所や役割を正しく知っている人は少ないかもしれませんね。


肩甲骨とは『背中上部』に位置している、羽のような大きな骨です。腕が上下左右にスムーズな動きができるのは、肩甲骨のサポートがあるためですよ♡

肩甲骨は『鎖骨』のみに接しており、固定されていません……! 可動域が広いため、グルっと腕を回せますよね。

そんな肩甲骨の動きが悪くなるのは、鎖骨につながる『肩鎖(けんさ)関節』の影響です。前かがみになると胸の筋肉が収縮して、肩鎖関節の動きが悪くなります。

肩鎖関節の動きに連動して、肩甲骨や周囲の筋肉に悪影響が及ぶのです。

背中で握手、できる?


猫背だと自覚がない人も存在します。まずは、猫背かどうかを簡単にチェックする方法を紹介しましょう! 誰でもすぐにチェックできる方法のため、この機会に試してみてはいかがでしょうか?
1
2
3

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡