初心者さん向けアイライナーまとめ♡ ブレないにじませないコツとは?

アイラインは『目元』をより印象づけるのに最適なメイク方法です♡ 美しいアイラインを引くためには、アイライナーの特徴や引き方をあらかじめ知っておきたいですよね! アイライナーの種類やアイラインの基本的な引き方・コツを紹介します。



きれいなアイライナーの引き方、知ってる?


アイライナーを引く方法はさまざまです♡ アイライナー初心者でも引きやすい、描き方の『基本』を学んでおきましょう!

きれいなアイライナーの引き方1. 上まぶたのまつ毛のすき間を丁寧に埋める


きれいなアイラインに欠かせないのは『すき間を埋める』ことです! 上まぶたやまつ毛のすき間を丁寧に描いて埋めていきます。まぶたを軽く引っ張りながら描くと引きやすいですよ♡

次に、まつ毛のすき間を埋めてからアイライナーで上からなぞりましょう。瞳から目尻に向かって引き、目尻のラインは、流さずに折り返すときれいに仕上げられます!

このとき、目尻から少し角度をつけて、跳ね上げるように引くのがポイントです♪ 不自然なラインにならないように注意しましょう。

最後に綿棒でやさしく押さえればアイラインが肌となじんで、くずれにくくなりますよ♡



きれいなアイライナーの引き方2. 下のラインは目を囲いすぎないよう注意


目を大きく見せ、強調させるために『アイラインで目を囲む』引き方があります。しかし、それでは目の白い部分が見える面積が減るため、かえって逆効果です……!

まずは、下まぶたの目頭にハイライトやラメ入りの明るい色のアイシャドウを入れましょう。目頭は、白目の真下に位置するため、白目が見える面積を広げる効果がありますよ♡



下まぶたの真ん中『黒目のすぐ下』にあたる部分には、ブラックのアイライナーを細く引きましょう。黒目の面積を広げると目を強調することも可能です!

下まぶたの『目尻』にアイラインを引くのであれば、白目の面積を極力減らさないようにブラウンを選ぶのが最適ですよ♡

きれいなアイライナーの引き方3. パンダ目にしないコツは、油分オフ


アイライナーの失敗に多いのが『パンダ目』です……。引いたアイラインがヨレたりにじんだりすると、パンダの目のように目の周りが黒くなってしまいます。

パンダ目防止には、事前に『油分をオフしておく』ことが大切ですよ。目元に皮脂や乳液・化粧下地の油分があると、アイラインがくずれやすくなります……!



アイラインをくずれにくくするためには、しっかり油分をオフしておきましょう♡ 方法の一つとして、綿棒を活用するのがおすすめです。メイク前に綿棒で油分や水分を取りのぞけます。

さらに、フェイスパウダーやアイシャドウを活用すれば、肌表面をサラッとした状態にできますよ♪

ペンシルアイライナーで色素薄い系の目元になろう



『ペンシルアイライナー』の特徴は、初心者でもアイラインを簡単に引ける点です♡ 芯がやわらかく簡単にぼかせるため、失敗しても軌道修正できるのがうれしいですね!

ペンシルアイライナーは『芯を削るタイプ』と『繰り出しタイプ』があります。芯の長さ・角度によって自分好みの太さに調整可能ですよ!



ペンシルの特徴を上手に活用すれば、印象的な目元を演出できるでしょう♪ 目元の明るさを印象づければ、色素薄い系の目元になれます♡

アイホールにハイライトを塗ったら、中間色をぼかしながら入れましょう。メインカラーに1番濃い色を選べば完成です!

ペンシルアイライナー1. アイラインにシャドウをふんわり重ねて



アイラインを自然な仕上がりにするポイントは『アイシャドウの重ね塗り』です!

まずは、上下に引いたアイラインを綿棒でぼかします。簡単にぼかせるのは、ペンシルアイライナーならではのメリットですよね♡
1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡