ふくらはぎ痩せは長年の目標。今度こそほっそり脚を手に入れよう

ふくらはぎを細くしたい人のために、脂肪とむくみの解消に役立つ食生活・マッサージ・ストレッチなどを紹介します! ダイエット目的や運動が苦手な人にもおすすめですよ♡ ふくらはぎの『筋肉太り』が気になる人は、まずは歩き方に気をつけてみましょう!

バランスのよい美脚にあこがれる


細ければ細いほど美脚……ではないのが、脚の奥深いところです!

バランスのとれた美脚を手に入れるためにも、理想のふくらはぎとの違いをチェックしましょう♡

理想のふくらはぎの太さは?


脚には、理想の『黄金比』があります!


『太もも』『ふくらはぎ』『足首』の周囲が黄金比に近いほど、バランスよく見えますよ♡ ふくらはぎは最も太いところ、太ももは付け根の周囲を測りましょう。

肝心の黄金比は『太もも:ふくらはぎ:足首:=5:3:2』で、適度に筋肉と脂肪がついた脚を指しますよ♪

全体的に細い棒のような脚ではなく、ほどよくメリハリのある脚といえばイメージしやすいかもしれません♡ 黄金比を参考に、理想の太さを目指してみてはいかがでしょうか?

ふくらはぎの状態を確かめてみよう


太さだけでなく『肌の状態』も重要なポイントです♡ どんなに形がきれいでも、肌の状態によっては魅力が半減してしまいます。


肌の状態を確かめるために、自分の太ももを手のひらでなでるように触ってみましょう!『しっとりとしたうるおい』『ハリ』『温かみ』は感じられましたか?

乾燥してカサついている・たるんでいる・冷えている場合は、ケアが必要です……!

ボディローションを塗ったり、運動をして内側から改善を図ったりして、思わず触りたくなるふくらはぎを目指してみてはいかがでしょうか♡

自分のふくらはぎ、見るたびに落ちこむ


自分のふくらはぎを見るたびに「どうしてこんなに太いの……?」と落ちこんでいる人もいるでしょう。

ふくらはぎを太くする原因を知ることで、細くする方法が見えてきますよ♡

余分な脂肪を落とす


ふくらはぎは『筋肉が多く脂肪が少ない部分』ではあるものの、運動不足やカロリーオーバーなどが原因で脂肪がつくおそれもあります。

ふくらはぎに脂肪がついているために「全身のボディラインが気になる……」という人も多いですよ。

脂肪をやっつけるためにも、定期的に運動する習慣をつけましょう♡ カロリーを消費しないことには、どんどん脂肪がついてしまいます……!

むくみを放置しない


脂肪ではなく『むくみ』によって、ふくらはぎが太くなっているケースもあります!『夜のほうが太い』『強く押すと指の形がしばらくの間残る』という人は、むくんでいる可能性が高いでしょう。

むくみは、血行不良・筋力不足・塩分の摂りすぎなどによって、体に水分や老廃物がたまる現象です。

立ちっぱなし・座りっぱなしなど、勉強や仕事などで、長時間同じ姿勢をとり続けることが多い人や、インスタント食品など味の濃いものをよく食べる人は要注意ですよ♡

バランスのとれた筋肉に


スポーツに打ち込んでいた時期があるという人は『筋肉』が原因で、ふくらはぎが太くなっている可能性があります!


特に、ふくらはぎの中部から足首にかけて広がっている『ヒラメ筋』が発達していると、横に広がって太く見えてしまうでしょう。

スポーツをしていたときとやめた後で、食生活が変わっていない人も注意が必要です! 筋肉が落ちたところに脂肪が入り込んで『霜降り肉』のような状態になっていますよ……!

1度筋肉太りをしてしまうと、脂肪が落ちにくいケースもあります。まずは、普段歩き方に気をつけて『筋肉のバランス』を整えましょう♡

これじゃ痩せない?歩き方をチェック


歩き方が原因でふくらはぎが太くなるケースもあります……!
1
2
3

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡