蛙化現象が起きてない? 好きだったのに嫌悪感を抱く原因と対処法

大好きだったはずの彼と両思いになった途端に、恋心が冷めてしまった経験はありませんか? もしかすると、あなたのその気持ちの変化は蛙化現象かもしれません……! 蛙化現象になる原因や対処方法を紹介します♡

蛙化現象が起きてない? 好きだったのに嫌悪感を抱く原因と対処法の1枚目の画像


蛙化現象に悩まされる女子へ


片思いをしているときは大好きだった相手に対して、いざ両思いになると「なぜこの人を好きだと思っていたんだろう」と悶々としていませんか?
そんな突然の気持ちの変化は『蛙化現象』にあてはまります。まずは、蛙化現象とはどんな状態を指すのかチェックしましょう!

蛙化現象の意味と読み方


蛙化現象は『かえるかげんしょう』と読み『両思いになった途端に恋心が冷めてしまう現象』を意味します。

普通は好きな人があなたのことを好きになってくれたら「こんなに幸せなことはない!」と思うくらい、嬉しい気持ちでいっぱいになりますよね♡
しかし、蛙化現象に悩まされている人は『好意を素直に受け取れない』心理状況にあります。



片思いしているときはあなたのほうが大好きだったにもかかわらず、彼も気持ちを受け入れて両思いになると「思っていた人と違う」「こんなはずじゃなかった」と感じてしまうのです。
せっかく好きな人に告白されたのに断ってしまったり、付き合ってもすぐに別れてしまったりします……。

蛙化現象の由来はグリム童話


蛙化現象の由来は『グリム童話』の『かえるの王子様』といわれています。
かえるの王子様は、はじめは女性が男性のことを『かえる』のように気味の悪い存在だと思っていたのに、あるときを境に『王子様』のように輝いて見える心理状態を描いた童話です。

子供向けにかえるが王子様に変わるストーリーに簡略化されています。蛙化現象は、かえるの王子様とは反対の流れです。



王子様のようにすてきに見えていた男性が、あるできごとを境に、かえるのように好印象を抱けなくなってしまう存在に変わることから、名付けられた心理現象とされています。

蛙化現象が起きる主な原因


せっかく好きな人と結ばれたのなら、そのまま彼のことを大好きでいたいですよね♡
しかし、そんな思いを抱えていても、蛙化現象に悩まされる人もいます。ここでは、蛙化現象が起きる主な原因を見てみましょう!

蛙化現象が起きる原因1. 両思いになることが目標だった


好きな人に片思いしているときは、いつでも彼のことを想いさまざまなアプローチを頑張りますよね♡
しかし、努力して思いが実ったことで「好きな人と付き合えた!」という『達成感』から燃え尽きてしまうことがあります。付き合った途端に、蛙化現象に悩まされてしまうかもしれません。



片思いは辛いこともありますが、追いかける恋愛はとても『刺激的』なことも多いのが魅力です。両思いになるとそのドキドキ感がなくなり、つまらないと感じてしまう人もいるでしょう。

感情のままに片思いと別れを繰り返すと『常に自分に興味を持たない男性』を追いかける恋が普通になってしまいます……。いつまでも両思いの人と結ばれない悪循環が生まれてしまう原因です。

蛙化現象が起きる原因2. スキンシップに抵抗感がある


蛙化現象に悩まされる理由に『スキンシップが苦手』『性的な目で見られるのが怖い』といった感情があります。
片思いをしている最中は、自分だけが彼を見つめており『一方通行』の世界で完結しています。あなたの世界の中では、彼が王子様やアイドルのような存在になっているかもしれませんね♪

しかし、両思いになると、あなたの世界に彼も登場します。彼のほうもあなたに特別な気持ち抱いたり、行動を起こしたりするでしょう。



自分の想像とは違う彼を目にしたとき、急に彼のことが『生身の男性』として感じられて苦手意識が湧いてしまうのです。『1人の人間』としてではなく『女性』として見られるようになることで、戸惑いを感じてしまうこともあります。
1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡