日焼けで後悔しない! 絶対焼かないための日焼け対策とおすすめアイテム3選

日焼け対策には、帽子やサングラス、日焼け止めなどが活躍します。おしゃれにも気を遣いながら紫外線をカットして、日焼け予防に努めましょう♡ 日焼け止めは自分に合ったテクスチャーの商品を選べば、負担なく使えますよ!

日焼けで後悔しない! 絶対焼かないための日焼け対策とおすすめアイテム3選の1枚目の画像


日焼けの基礎知識


『日焼け』は太陽の光に含まれる『紫外線』によって引き起こされます。熱いものに触れて皮膚を傷めてしまう『やけど』と同じです……! 日焼け止めを塗ってUVカットをすれば、予防につなげられますよ!

日焼けの基礎知識1. 紫外線って?


紫外線にはいくつかの種類がありますが、直接日焼けに関係があるものは『UVA(紫外線A波)』と『UVB(紫外線B波)』の2種類です。
UVAは肌老化、UVBはレジャー日焼けなどの肌トラブルを引き起こす原因と考えられています。
この2点をしっかり理解した上で、正しい日焼け止めを選ぶようにしましょう。

まず、日焼け止めには『SPF(サンプロテクションファクター)』と『PA(プロテクショングレイドオブUVA)』が記載されています。



SPFは『1~50+』までの範囲で、UVBをどれくらい防げるかを示す数値です。PAは後に続く『+(プラス)』の数で、UVAの防止効果を表します。どちらか一方だけが高ければよいわけではない点に気をつけましょう。

日焼けの基礎知識2. 日焼けはやけどと同じって本当?


日焼けは、太陽光によって引き起こされます。『熱』によって起きるため、やけどと同じですよ! 長時間強い日光にさらされると、日焼けの程度も強まります。



長時間素肌で外にいたとき、肌の色が赤や黒に変色するのも、紫外線による日焼けが主な要因ですよ。肌が赤くなり、ヒリヒリと痛むのは軽度のやけどです……!

やけどは皮膚が炎症を起こしたときにできるもので、肌にも負担がかかっています。紫外線は『UVカット効果』のある日焼け止めや衣服でさえぎると、素肌に直接当たらなくなりますよ♡

日焼けでダメージを受けた肌は、回復にも時間がかかります。なるべく、日焼け止めや衣服の着用を習慣化して、事前の対策に努めましょう!

日焼け予防だっておしゃれにしよう


日焼け予防グッズを使って、おしゃれ見せも十分叶います。セレブ風にサングラスをかけると、目の周りを日光から守れるでしょう!
UVカットカーデやつば広のハットも、日光から身を守りたいときに役立ちますよね。好みのデザインを選びましょう♪

日焼け予防をおしゃれに1. サングラスをかける


サングラスは『目の周囲』や『瞳』に紫外線が入る量を減らせます♡
見た目もおしゃれで、ダサく映らないことも魅力です!『UVカット機能付き』のサングラスやメガネを使って、上手に瞳の紫外線対策をしましょう。



瞳から強い日差しが入ると、皮膚に直接紫外線が当たっていなくても『メラニンが』生成されるケースがあります。

メラニンは紫外線から肌を守るためできる色素ですが、過剰につくられると肌に残ったまま『シミ』の原因になりますよ……! 自分好みのサングラスを用意して、日差しの強い場所でかけるようにすれば、瞳の紫外線対策はばっちりですね。『度なし・あり』から『クリアレンズタイプ』まで、必要に応じて購入できます♪

日焼け予防をおしゃれに2. UVカットカーデを着る


季節を問わず活躍するのが『UVカットカーデ』です。

薄手のカーディガンでも、UVカット効果が記載されているものを選べば、上手にUVカットできるでしょう♡ どんなコーデとも合わせやすく、さっと羽織るだけで紫外線対策ができます。



UVカット機能付きのカーディガンは、ファストファッションブランドなどでも取り扱われていますよ♡ リーズナブルにUV対策が可能ですね。
1
2
3

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡