ドライシャンプーのおすすめ6選。メリットや使い方も教えます

ドライシャンプーをまだ使ったことがない人のために、使用時のポイントや注意点を紹介します。ドライシャンプーは災害時に活躍するイメージが強いアイテムですが、実は日常のさまざまなシーンで役に立ちますよ♡ 人気の商品も一緒にチェックしましょう!

ドライシャンプーのおすすめ6選。メリットや使い方も教えますの1枚目の画像


ドライシャンプーって何?


ドライシャンプーが気になっている人のために、一般的なシャンプーとの違いや種類を紹介します。種類によって特徴が異なるため、シーンや好みに合わせて選ぶことが大切ですよ♡

仕上がりにこだわりたいなら『髪に粉が残りにくいタイプ』かどうかも注目しましょう!

ドライシャンプーは水なしでシャンプーできる


ドライシャンプーは『水を使わずにシャンプーできる』アイテムです。洗い流す必要がないため、濡れた髪を乾かす工程も省略できるでしょう♡

主な成分である『エタノール』には、脂を落としたり脱臭したりする効果があります。髪の皮脂汚れや、においの元にも有効ですね。



海外では硬水を主に使用している国も多く、毎日の洗髪によって髪がキシつく場合もあります……。アメリカでは『毎日シャワーを浴びてもシャンプーは2~3日に1回』の人も多いです。
代わりとして、気軽に使えるドライシャンプーが活用されています♪

ドライシャンプーの種類はさまざま


ドライシャンプーは大きく分けて『スプレー』『フォーム』『パウダー』『シート』の仕様があります。
なかでも、よく見かけるのがスプレータイプです! ノズルを押すとボトルの中のドライシャンプーが『霧状』で噴射されます。

フォームタイプは、きめ細かい『泡状』のドライシャンプーです。泡で洗うため、洗い流すタイプのシャンプーと同じような感覚で使えるメリットがあります♡



パウダータイプは『皮脂を吸着する粉』が使用されています。拭き取る必要がなく、物資が足りない災害時の洗髪にも最適ですね。
シートタイプは『液体や粉が飛び散らない』ため、外出先でも気軽に使用可能です♡ 飛行機にも持ちこみ可能で、長時間のフライトにも重宝しますよ!

ドライシャンプーは粉残りせず白くなるのを防ぐ微粒子タイプも


従来のドライシャンプーは『白い粉が残って白髪みたいに見える』『フケのように髪にくっつく』というデメリットがありました……。
そのような粉残りの心配がないのが『コーラボ(COLAB)』のドライシャンプーです♡ パウダー粒子が非常に細かく、ナチュラルに髪へなじみます。

植物由来のパウダーが余分な皮脂に吸着してくれるため、日中のヘアケアにも役立ちますよ! パッケージはどれもSNS映えするおしゃれなデザインです。

香りは、フレッシュ系からフルーティー系まで幅広くラインナップされています。オリジナル・グッドバイブス・ユニコーンなど、香りが気になるものも多いですよ♡



商品名:コーラボ ドライシャンプー
価格:1186円
Amazon:商品ページ

ドライシャンプーはどうやって使うの?


髪や頭皮の汚れをきちんと落とすためにも、ドライシャンプーの使い方をチェックしておきましょう!

ドライシャンプーの種類によって使い方が異なりますが、だいたいの手順は同じです。これから紹介する各ポイントを押さえておけば、初心者でもきれいに洗えますよ♡

ドライシャンプーの使い方1. ブラッシングをする


ドライシャンプーを使う前に髪を『ブラッシング』することが大切です。くしを使って、絡まっている髪をよくとかします。スムーズにシャンプーできる状態に整えましょう♡

ブラッシングには『頭皮の汚れを浮かせる』目的もあります。よりたくさんの汚れが落とせるように、丁寧にくしを入れましょう。



ドライシャンプーの使い方2. ドライシャンプーをなじませ、タオルで拭く

1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡