彼ともっとラブラブになるには?幸せになるための恋愛ルール

大好きな彼氏に今よりもっと愛されたいと思う彼女は多いはずです♡ 付き合いが長くなるほどに信頼感が増す一方で、倦怠期もやってきますよね……。カップルにとっての試練である倦怠期に負けず『ずっとラブラブでいる』ためのルールをご紹介します!
彼ともっとラブラブになるには?幸せになるための恋愛ルールの1枚目の画像


ラブラブとは


ラブラブなカップルは、一緒にいるときは体のどこかが触れあっていたり、態度や言葉で『愛していること』を確かめあったりしています……♡

依存や盲目とは違い、お互いを思いやるのがラブラブの秘訣です。まずは『ラブラブ』とはどんな状態なのかや、バカップルとの違いをチェックしましょう!

ラブラブなカップルってどんな状態?


ラブラブとは『お互いを思いあい愛しあっている』関係です。付き合い始めてから『1~6カ月』ほどの期間がピークで、お互いの魅力を感じながら愛を育みます。


互いの『信頼』が強くなればなるほど、ラブラブ期は続くでしょう♡

ラブラブなカップルは『互いに大好きであること』を信じています。そのため「愛してるよ」の言葉がなくても、何気ない行動から愛されている実感を得られますよ。

ときには言葉がないと不安になることもあるかもしれません。しかし、ラブラブなカップルは、そんな心の機微も感じとり『相手を不安にさせる前』に愛情を確かめあっています……!

そもそも日常的にお互いの愛情が感じられるため『不安になる機会が少ない』のも特徴です♪

バカップルとの違い


ラブラブなカップルとバカップルの大きな違いは『周り』のことを考えられるかどうかです!

『バカップル』は、幸せオーラを周りに振りまいて周囲が見えていなかったり、SNSなどで見せつけるようにラブラブっぷりを披露したりと、大好きが過ぎるあまりに周りが見えていません……。

お互いを「○○にゃん」「○○たん」といった通常では使わない愛称で呼びあっていると、周囲からバカップル認定されてしまうかもしれませんよ!

ラブラブなカップルは、見ていると『微笑ましい』と思われる関係です♡

キスしたくなっても人前ですることはなく、ベタベタと甘えあうようなこともしません。人前でイチャイチャしたとしても、最低限のボーダーラインはきちんと守っています。

仲のよいラブラブカップルの特徴


付き合いたてはもちろん、長く付き合っていてもうらやましいほどにラブラブなカップルもいますよね!

ここでは、そんなラブラブカップルの特徴を見ていきましょう♡

素直にありがとうとごめんねが言える


付き合いが長くなるほどに「ありがとう」や「ごめんね」と伝えることに照れくささを感じてしまうこともありますよね♡


しかし、ラブラブカップルは、感謝や謝罪の言葉をきちんと伝えることを大切にしています。こうした言葉は、伝えれば伝えるほどに『大事にしている』ことを再確認できますよ。

ありがとうやごめんねを適当な態度で伝えてしまうと、相手は大切にされていないと感じ、自然にあなたのことも大事にしなくなります……。

素直に気持ちを伝えてネガティブな感情をリセットすることが、ずっとラブラブでい続ける秘訣です♪

一緒にいる時間を思いっきり楽しめる


花火大会やクリスマスなど特別なイベントではないときも、一緒にいる時間を思いっきり楽しめるのがラブラブカップルです♡


カフェでお喋りしているとき・2人で映画を見ているとき・駅までの帰り道……など、『何気ない日常』のワンシーンでも絶えず笑顔でいられます。

「いつも楽しいな♡」と感じられるのは、一緒にいるだけで素晴らしい時間を過ごせているからですよ。

記念日などイベントに執着していない


付き合った記念日・クリスマス・バレンタインなどは、カップルにとって『お互いの愛情を確かめあう』よい機会でもありますよね♡
1
2
3

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡