ゆるふわ巻き儚げ少女を演出♡ ゆるふわ巻きアレンジをレクチャー

「巻き髪は難しい……!」と敬遠している人もいますが、基本のコツさえ覚えれば、簡単にセットできるスタイルです♡ まずは、必要な道具やポイントを押さえましょう。
今回はインスタグラムでも話題になっているゆるふわ巻きの仕方についてレクチャーしていきます。

ゆるふわ巻き儚げ少女を演出♡ ゆるふわ巻きアレンジをレクチャーの1枚目の画像


ゆるふわ巻きに必要な道具


巻き髪をつくるのに必要な道具は『コテ』や『ストレートアイロン』です。初心者の場合は、少し太めで使いやすいサイズのものがよいでしょう。
ゆるふわでかわいらしい巻き髪も、簡単につくれますよ♡ まずは、自分に合った道具を見つけましょう!

ゆるふわ巻きをする方におすすめのコテ


初めてコテを使う人は『太め』がおすすめです。一般的なコテの太さは4種類で、19~38mmまでに収まります。

セミロングやロングで巻き髪をつくりたいなら『32mm』を選びましょう。高い技術が必要な細巻き用のコテは、難しくて扱えない可能性があります……。

ただし、ショートカットなど髪が短い場合は『19mm』の細巻きコテが使いやすいケースもあるでしょう。髪の長さややってみたいヘアスタイルに合わせて、コテの太さも考えるとよいですね♪



ゆるふわ巻きはストレートアイロンでもOK!


ストレートヘアの人は『ストレートアイロン』を持っている場合も多いでしょう。丸い形のコテとは違い、平型のプレートの間に髪をはさんでストレートにするアイテムです。

サラサラストレートがつくれるストレートアイロンは、使い方次第で『ゆるいカール』もつくれますよ♡

ちょっとしたコツで巻き髪への応用が可能です! 毛先部分に動きをつけたいときは、髪をはさんで毛先まですべらせた後『カールさせたい方向』に手首を返して数秒間キープします。
ゆるふわヘアをつくりたいときは、ウェーブをつける位置の髪をはさんで内側または外側にアイロンを回転させましょう♡ 巻いた状態を保ったまま、毛先までアイロンをすべらせていけば完成です。



ゆるふわ巻きの仕方【基本】


髪を巻く前に『下準備』をしておいたほうが、きれいな巻き髪がつくれるだけでなく、髪の傷みも防げます。ブラッシングやワックスを使って、髪の状態を整えておきましょう♡

巻き髪は1回コテを使うだけでは終わらないため、巻きたい部分ごとに『ブロッキング』しておくほうが、スムーズに巻けるでしょう!

ゆるふわ巻きの仕方1. まずは丁寧にブラッシングする


朝起きてスタイリングをする前には、必ずブラッシングをしておきましょう。髪が絡まったままゆるふわヘアをつくろうとしても、うまくいきません……。

きちんとヘアスタイルが決まらないだけでなく『髪が傷む原因』にもつながるため注意が必要ですよ♡

ブラッシングをすれば、髪についているホコリや汚れも落とせます。髪の表面を保護したりハリを出したりする成分を、全体に行き届かせるのにも有効です。
ツヤのあるきれいな巻き髪を目指しているなら、丁寧に髪をとかして扱いやすくすることから始めましょう。



ゆるふわ巻きの仕方2. 巻き髪用ワックスをつけてキープ力アップ


せっかく巻き髪をつくっても『スタイリング剤を何もつけていない』と、すぐにクセが取れてしまいます。巻き髪をつくってからでは、スプレーくらいしかキープする方法がありません……。

セットしたての状態を保つためには『巻く前』に巻き髪用のワックスをなじませて、キープ力を高めておけば安心ですね!

キープ力は種類によって変わるため、好みのものを選びましょう♡ しっかりした『クリーム』状のワックスだけでなく『ミルク』や『スプレー』など、つけ心地が異なるタイプもありますよ。
コテやアイロンを長時間使っていると、髪も傷みがちです。ワックスをつけることで、しっかり『保護』もしておきたいですね♡
1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡