シェーディングってどうやって使うの? 顔型別に入れ方をご紹介♡

シェーディングは、濃いめのパウダーやクリームで影をつくって顔に立体感を持たせるコスメです。
ハイライトとあわせて使えば、顔の雰囲気をガラリと変えられますよ! 自分の肌色にあったカラーとタイプを選んで、理想的な小顔見せを目指しましょう♡

シェーディングってどうやって使うの? 顔型別に入れ方をご紹介♡の1枚目の画像


小顔に見せるシェーディング


『シェーディング』を知らない女子も、まだまだ多いのではないでしょうか? 専用のメイク道具を使って顔を立体的に見せるテクニックで、影や光を利用して雰囲気を変えられます♡

パウダーやクリームなどタイプがいろいろあるため、自分の使いやすいものを選びましょう。

シェーディングって何?


多くの女子が始めているシェーディングは、頬やおでこ、エラなどに『陰影』を付けて顔を立体的に見せるメイク方法です!
顔に明るさをプラスする『ハイライト』とは異なり、影を描き足して『立体感』を出します。

「のっぺりした鼻が気になる」などの悩みがある女子は、シェーディングでしっかり陰影を付けて雰囲気を変えてみましょう。鼻筋やエラなど、立体感を出したい場所に使うのがポイントですよ。
メリハリのある、今ドキ顔を目指したいですね……♡

シェーディングの種類1.パウダー系


ふわっとぼかせるパウダー系は、うっすらと『広範囲』に付けたいときにおすすめです。濃さを調節できるため、影が目立ちすぎることもありませんよ♪



初心者や広範囲にシェーディングしたい場合は、パウダー系がおすすめです! かなり濃くしたいときは何度も塗り重ねる必要がありますが、ふわっと立体感をつくる程度なら問題ないでしょう。

付ける際は、ブラシを使って薄付けします。ナチュラル感を重視したいときにもぴったりですね♡

シェーディングの種類2. クリーム系


クリーム系のシェーディングは『ポイント使い』に向いています。『ファンデーション前』の使用が最適ですよ! しっかりクリームが付着し、メリハリも出しやすくなるでしょう。



「鼻筋の一部分に使いたい」など、使う箇所が細かい場合におすすめです♡ クリームは油分が多いため肌にしっとりなじみ、シェーディングが長時間キープできる魅力もあります。
一気にのせるとムラになる可能があるため、少しずつ塗りましょう!

『スティック型』は、ピンポイントに直塗りできて便利ですよ♡ 塗る範囲を決めるときにもスティックタイプを使ってだいたいの位置を決めておくことで、短時間でメイクできます。

シェーディングカラーの選び方


シェーディングは、自分の肌色に合わせて濃さを変えましょう。ファンデーションとは違い、やや濃いめの色を選びます。

濃すぎる色では浮いてしまいやすく、ファンデーションと差がない場合は陰影が目立ちません! 適度な濃さのシェーディングを選べば、自然な影が付けやすいでしょう。



シェーディングの色の選び方1. 肌より少し暗い色味を選ぼう


シェーディングの色選びは『肌より少し濃いめ』の色が正解です♡ あくまでも影をつけるための道具であり、ファンデーションのような全体をカバーする目的ではありません。

肌よりも『1〜2トーン暗め』の色を選ぶと、ファンデーションとの差で陰影がくっきりしますよ。どのくらいメリハリをつけたいかで色を選ぶのもおすすめです。



もちろん、ベースの肌色とは系統を合わせましょう。濃いめの色を選んでも、肌色の系統が違うと『色浮き』の原因です。
シェーディングはイエローベース向きの色味が多く、ブルーベースの人が使うと血色が悪く見えることがあります……。
ブルべさんは、使っているファンデーションより『ワントーン暗め』を目安にするとよいですよ。

シェーディングの色の選び方2. 混色タイプは自然な立体感を出せる


いくつかの色が入った『混色タイプ』は、肌なじみがよく自然です♪
しっかり影をつけたいときは単色でも問題ありませんが『ふわっと自然な影』をつくりたいときは、複数の色が混ざったタイプがおすすめですよ。

混色タイプの魅力は混ぜて使うだけではありません。一つの色を限定して使う方法もあります。もちろん、ポイント使いも可能ですよ♡

グラデーションタイプならパレット内のカラーの色味が近く、塗る部分の肌の色に合わせて『細かな色の調節』が可能です。

シェーディングの使い方


シェーディングは、ブラシを使ってなじませるのが一般的です。クリーム型の場合は、ファンデーションなどと同様にスポンジを使いましょう!

パウダーならひと塗りで、広範囲にのせられます。クリームは、広げたい場所にスポンジでやさしくなじませましょう……♡


シェーディングの使い方1. 付属ブラシやシェーディングブラシを使う


パウダー系のシェーディングは、付属ブラシやシェーディング向けのブラシを使ってなじませます。

付属ブラシはシェーディングのコンパクトに収まる小さめのタイプが多いため、広範囲に使う場合は専用ブラシを用意したほうが便利です♡

『大きめ&先が広がった形状』のブラシは、パウダーを全体に広げられますよ。パウダーの広げやすさやなじみやすさを重視するなら『化粧筆専門ブランド』のブラシも検討してみましょう。

『ドゥケア(DUcare)』は、持ちやすくパウダーの広がりがよいフェイスブラシを取り扱っています。ブラシは、シェーディングだけでなくチークやハイライトにも使えますよ♪



商品名:ドゥケア フェイスブラシ チーク&シェーディングブラシ
価格:1009円
Amazon:商品ページ

シェーディングの使い方2. クリーム系はスポンジなどでなじませる


クリームタイプは、スポンジを使うとムラなく伸ばせます♡ エラが気になるときなどは、大きめのスポンジにクリームを少量付けて『頬~顎(あご)』へさっとなでるように伸ばしましょう。

細かい範囲にポイント使いしたいときは『角』のあるスポンジでさっと伸ばすのも効果的です。スティック型の場合は、リップクリームのように少しずつ繰り出してそのまま塗れますよ!

なかには『スポンジ一体型』もあります。『マキアージュ(MAQuillAGE)』の『ビューティースキンクリエーター』は、別途スポンジを買う必要がなく便利ですね♡

手のひらサイズの太めスティックの先端にクリームがついており、キャップを回し開けた際に適量が自然にスポンジに付く仕組みです。



商品名:マキアージュ ビューティースキンクリエーター(シェーディング)
価格:1925円
楽天:商品ページ

小顔に見せるシェーディングの入れ方


モテ小顔を目指すためには、シェーディングの使い方がポイントです……! 顔の形で入れる場所が変わるため、まずは自分の顔型をはっきりさせましょう。

丸顔なら輪郭をメインに、面長ならおでこと顎に影を入れて小顔見せを目指したいですね♡ エラ隠しにもシェーディングの影は有効ですよ。

小顔に見せるシェーディングの入れ方1. 丸顔さんは輪郭に陰影をつける


丸顔さんの場合、顔をほっそり見せると小顔につなげられます♡ 輪郭全体にシェーディングを入れると、影で立体感が出るでしょう。

ポイントは顔の『両サイド全体』にシェーディングを入れることです。おでこは『やや薄め』で、頬とエラの部分は『濃いめ』のカラーをチョイスしましょう。

アルファベットの『E』の形を意識ながら両サイドに塗ると、失敗がありません♪ 頬の部分は少し内側まで塗って、遠近感をつくります。

耳横のこめかみまでシェーディングをするとさらに幅が短く見えて、面長に見えます。
また、耳横のこめかみ部分にも影をつくることで、よりサイドの幅が短く見えて丸さが和らぎます♡4ステップで小顔に変身! 丸顔を上手にカバーするメイクテク♡
また、耳横のこめかみ部分にも影をつくることで、よりサイドの幅が短く見えて丸さが和らぎます♡
4ステップで小顔に変身! 丸顔を上手にカバーするメイクテク♡


顔の形に合わせて影を入れる部分は少しずつ変わりますが、おでこと頬は『多め』で、それ以外の部分は『サイド部分のみ』に入れるとメリハリが出るでしょう。

目の内側と鼻筋のくぼんでいる箇所にハイライトを入れると、さらに陰影が引き立ちますよ……!

丸顔さん向け
シェーディングの方法♡


小顔に見せるシェーディングの入れ方2. 面長さんはおでこと顎に


シェーディングは、影を入れてその部分を見えにくくするために入れます。面長さんの場合は『おでこと顎全体』にシェーディングを入れると、顔の上下を削ったフォルムに仕上げられます。

顔の長さや隠したい範囲に合わせて、全体的に入れるとすっきり見せられますよ。『顔回りの余白』を埋めるイメージで、メイクした部分を引き立たせましょう!

シェーディングに加えて、頬の高い位置にチークを入れると、さらに真ん中に視線を集められます。ハイライトを入れるときも、横長を意識しましょう。
鼻のくぼみや目元に『横ライン』を入れるだけでも、面長の印象を払拭できますよ♡

小顔に見せるシェーディングの入れ方3. エラ張りさんは角ばった部分を削るように


エラ張りさんは、角ばった部分に影をつけます。『丸み』が出るように意識して、パウダーやクリームをのせましょう!

シェーディングを入れる位置は『額の真ん中~耳の上』と『耳の下~顎』のラインです。
エラが目立つ場合は、シェーディングだけ入れると影が余計に目立ちすぎる可能性があります。チークとハイライトを合わせると、悪目立ちが防げますよ♡



ハイライトの位置は、眉と眉の間・目頭の下・顎の3点です。特に『目頭の下』は意識して、逆三角形を描くよう大きめに入れましょう。
目立たせすぎる必要はありませんが、大きめに入れるとシェーディングとの差で陰影がよりはっきりします♪

シェーディングのおすすめ【プチプラ編】


シェーディングパウダーやクリームは、よく伸びて肌になじむカラーがおすすめです♡ ブランドによって個性があるため、自分に合うものを見つけましょう。万人受けする人気ブランドを紹介します!

シェーディングのおすすめ【プチプラ編】1. ケイト スリムクリエイトパウダーN


『ケイト(KATE)』の『スリムクリエイトパウダーN』は、一つのケースにハイライトとシェーディングの両方が入ったお得なセットです♡

小顔メイクを意識する場合、シェーディングだけでなくハイライトも持っておくと役立ちます。ブラシも付いているため、コンパクトを一つ持っておくだけで立体感メイクをつくれますよ。

ナチュラルカラーのマットタイプとツヤ感を出せるラメ入りの2タイプあり、好みに合わせて選べますね♡
「シェーディングとハイライトを使って立体メイクにチャレンジしてみようかな」と思ったときに、手に取りやすいアイテムです。



商品名:ケイト シェーディング&ハイライト スリムクリエイトパウダーN
価格:1300円
Amazon:商品ページ

シェーディングのおすすめ【プチプラ編】2. セザンヌ シェーディングスティック


顎やエラなどのシェーディングには、スティックタイプが1本あると便利です♡ 最初にシェーディングしたい部分へスティックで印を入れてぼかす方法なら、初心者も塗りやすいでしょう。

『セザンヌ(CEZANNE)』の『シェーディングスティック』には、ヒアルロン酸などの保湿成分も含まれています。やや太めのスティックは、ひと塗りで広範囲をカバーできますよ!

2mmほど繰り出して、そのまま直接使用が可能です。カラーは2色あり、同じタイプの『ハイライトスティック』も取り扱われています。



商品名:セザンヌ シェーディングスティック
価格:600円
Amazon:商品ページ

シェーディングのおすすめ【デパコス編】


シェーディングは、実は『発色のよさ』も重要なポイントですよ……! しっかり色が出るデパコスなら、影を目立たせたい人も満足できるでしょう。

ちょっとぜいたくしたいときにも活躍しますよ♡ デパコスは、デートや大切なイベントなど、ここぞと気合いを入れたいときに使いたいですね。

シェーディングのおすすめ【デパコス】1. マック ブロウジングパウダー


ゴールドの発色が美しい『ブロウジングパウダー』は2色から選べます。パール感が魅力の『リファインドゴールデン』と、ツヤがありつつも落ち着いた印象の『ゴールデン』です♪

ブラシでさっと塗るだけで、セレブ感のあるメイクが完成しますよ♡ 単色タイプのため、きちんと影を入れたいときにぴったりです。
ツヤ感のある仕上がりで、光を反射します。ナチュラルに日焼けした、健康的な色の肌を演出できるでしょう!



商品名:マック(MAC)ブロウジングパウダー
価格:3200円
楽天:商品ページ

シェーディングのおすすめ【デパコス】2. アディクション ザ ブラッシュ 004


『アディクション(ADDICTION)』では、さまざまなカラーのチークを取り扱っています。その中で、シェーディングとしても使いやすいのが004の『ノクターン』です。

落ち着いた色味は、肌に青みのあるブルベさんでも使いやすいでしょう♡ ノクターンなら、マットな質感で肌より少し濃いめくらいの色味が出せます。

シェーディングの中では明るめのブラウンで、強すぎない陰影をつくれるのが魅力です。「初めてのシェーディングは少し奮発してよいものを……!」と考えている初心者にもぴったりですね。



商品名:アディクション ザブラッシュ#004
価格:1996円
楽天:商品ページ

シェーディングででなりたい顔に変身しよう





シェーディングやハイライトを使いこなせば、旬のモテ顔に変身できます! 特にシェーディングは、影で立体感がつくれるコスメです。

顔の形を問わず、気になる部分に入れるだけで、印象が大きく変化しますよ♡ 顔型別の使い方をマスターして、コンプレックスが気にならないメイクを覚えましょう。

※商品価格はすべて税別、編集部調べです

「小顔」はシェーディングで作れるんです♡ もっとシェーディングについて知りたい方は、こちらの記事も合わせてチェックしてみてね。

小顔に見せたい♡ メイクさんに聞いた失敗しないシェーディングの入れ方

ハイライト&シェーディングをマスターして、立体感のある垢抜け顔へ♡

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡