ちぐはぐ眉な私をHELP! 左右きれいにトレンド眉を描くにはどうしたらいい?

眉メイクは、何年続けても難しいですよね。
ちょっとした角度で、普段と印象が変わってしまいます。今回はそんなちぐはぐ眉とおさらばすべく、アーチ眉の描き方やコツを徹底レクチャーしていきます♡

ちぐはぐ眉な私をHELP! 左右きれいにトレンド眉を描くにはどうしたらいい?の1枚目の画像


ちぐはぐ眉から抜け出せない!


眉メイクは、顔の印象を決める重要な要素です……! しかし、左右の形が違ってしまったりきれいに整わなかったりと、うまくいかないことも多いでしょう。

もしかすると、眉を描く際の慎重さが少し足りていないかもしれませんよ♡ 加えて、美しい眉の黄金比を知っておけば、眉メイクがぐっとおしゃれに変わります!

ちぐはぐ眉から抜け出すには1. 丁寧に描くことが何よりも大切


毎日のメイクだからと、手を抜いていては眉もきれいに描けません。『丁寧さ』を心がけて、一つひとつの要素をこなしていきましょう!



眉メイクは、ただ線を引けば終わるものではありません。自分に合う色に付けるパウダーを調整するのはもちろん、ナチュラルに仕上げるための『ぼかし』も重要です♡

ボサボサにならないよう、毛流れも整えます。ひと手間を惜しまず、できるだけ細かい部分に気を使いましょう。同じようにメイクしていても、心構えだけで何かしら変化があるはずですよ!

ちぐはぐ眉から抜け出すには2. きれいに見える黄金比率を知ろう


眉がきれいに見える『黄金比』を知っておくと、自分に合った眉を描くヒントになります……!
まず、口角と目尻を斜めの直線を引くイメージで結びましょう。そのまま、延長線上に眉尻がくるようにすればOKです。眉頭は、原則『小鼻の真上』に合わせます。



しっかりした印象を与えたいときは『小鼻の内側1~2mm程度』を意識します。反対に眉頭を離すと、やわらかい印象がつくれますよ。

ちぐはぐ眉から抜け出すには3. 眉コスメを使い分ける


眉コスメは一つだけではありません。上手く使い分けて、美人眉を目指しましょう♡ 初心者が特にやりがちなのが『ペンシルタイプのみ』を使って眉を描いてしまうことです。

ペンシルだけで丁寧に描いても『平面的』な印象がぬぐえません……。パウダーやリキッドタイプを使ったとしても、単体で使用すると同じように平面的に仕上がってしまいます。
『ペンシル&パウダー』や『リキッド&パウダー』のように複数使いすると『立体的』な美眉になるでしょう!



左右対称な眉を目指したい! どんなコスメを使えばいい?


眉メイクには、複数のコスメを使います。基本のアイブロウペンシルだけでなく、ぼかしに使う『アイブロウパウダー』や、カラーを変える『眉マスカラ』も必須です。

自分の眉やなりたい眉に合わせて、必要なコスメを準備しましょう! 複数使いでさらにメイクが上手に見えますよ。

左右対称な眉を目指す1. 眉尻もしっかり描けるアイブロウペンシル


アイブロウペンシルは、細い眉尻もしっかり描ける優秀アイテムです♡ 必ず1本は持っておきたい眉メイクコスメですね!

眉尻がすっきり描ければ、眉の形も整います。おしゃれ眉を描きたいときには、ナチュラルな印象のアイブロウペンシルを使用しましょう。



ペンで丁寧に描くことで『1本1本の毛流れ』も表現できます。キリッとりりしい眉を描きたいときにも重宝しますよ♪
自眉が薄い人でも『毛を描き足す』ように使えるのが、ペンシルならではのメリットです!

左右対称な眉を目指す2. 色を混ぜられるアイブロウパウダー


アイブロウパウダーの魅力は、色を混ぜて使えることです。2〜3色がセットになったケースを選ぶと、コーデや髪型、その日の肌色の変化に合わせて使い分けられますよ!



髪色が黒の場合は『ダーク系』のカラーを選びましょう。茶髪の場合は『ベージュ系』がメインのものを選べばハズレがありません♡
1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡