ちぐはぐ眉な私をHELP! 左右きれいにトレンド眉を描くにはどうしたらいい?

眉メイクは、何年続けても難しいですよね。
ちょっとした角度で、普段と印象が変わってしまいます。今回はそんなちぐはぐ眉とおさらばすべく、アーチ眉の描き方やコツを徹底レクチャーしていきます♡

ちぐはぐ眉な私をHELP! 左右きれいにトレンド眉を描くにはどうしたらいい?の1枚目の画像


ちぐはぐ眉から抜け出せない!


眉メイクは、顔の印象を決める重要な要素です……! しかし、左右の形が違ってしまったりきれいに整わなかったりと、うまくいかないことも多いでしょう。

もしかすると、眉を描く際の慎重さが少し足りていないかもしれませんよ♡ 加えて、美しい眉の黄金比を知っておけば、眉メイクがぐっとおしゃれに変わります!

ちぐはぐ眉から抜け出すには1. 丁寧に描くことが何よりも大切


毎日のメイクだからと、手を抜いていては眉もきれいに描けません。『丁寧さ』を心がけて、一つひとつの要素をこなしていきましょう!



眉メイクは、ただ線を引けば終わるものではありません。自分に合う色に付けるパウダーを調整するのはもちろん、ナチュラルに仕上げるための『ぼかし』も重要です♡

ボサボサにならないよう、毛流れも整えます。ひと手間を惜しまず、できるだけ細かい部分に気を使いましょう。同じようにメイクしていても、心構えだけで何かしら変化があるはずですよ!

ちぐはぐ眉から抜け出すには2. きれいに見える黄金比率を知ろう


眉がきれいに見える『黄金比』を知っておくと、自分に合った眉を描くヒントになります……!
まず、口角と目尻を斜めの直線を引くイメージで結びましょう。そのまま、延長線上に眉尻がくるようにすればOKです。眉頭は、原則『小鼻の真上』に合わせます。



しっかりした印象を与えたいときは『小鼻の内側1~2mm程度』を意識します。反対に眉頭を離すと、やわらかい印象がつくれますよ。

ちぐはぐ眉から抜け出すには3. 眉コスメを使い分ける


眉コスメは一つだけではありません。上手く使い分けて、美人眉を目指しましょう♡ 初心者が特にやりがちなのが『ペンシルタイプのみ』を使って眉を描いてしまうことです。

ペンシルだけで丁寧に描いても『平面的』な印象がぬぐえません……。パウダーやリキッドタイプを使ったとしても、単体で使用すると同じように平面的に仕上がってしまいます。
『ペンシル&パウダー』や『リキッド&パウダー』のように複数使いすると『立体的』な美眉になるでしょう!



左右対称な眉を目指したい! どんなコスメを使えばいい?


眉メイクには、複数のコスメを使います。基本のアイブロウペンシルだけでなく、ぼかしに使う『アイブロウパウダー』や、カラーを変える『眉マスカラ』も必須です。

自分の眉やなりたい眉に合わせて、必要なコスメを準備しましょう! 複数使いでさらにメイクが上手に見えますよ。

左右対称な眉を目指す1. 眉尻もしっかり描けるアイブロウペンシル


アイブロウペンシルは、細い眉尻もしっかり描ける優秀アイテムです♡ 必ず1本は持っておきたい眉メイクコスメですね!

眉尻がすっきり描ければ、眉の形も整います。おしゃれ眉を描きたいときには、ナチュラルな印象のアイブロウペンシルを使用しましょう。



ペンで丁寧に描くことで『1本1本の毛流れ』も表現できます。キリッとりりしい眉を描きたいときにも重宝しますよ♪
自眉が薄い人でも『毛を描き足す』ように使えるのが、ペンシルならではのメリットです!

左右対称な眉を目指す2. 色を混ぜられるアイブロウパウダー


アイブロウパウダーの魅力は、色を混ぜて使えることです。2〜3色がセットになったケースを選ぶと、コーデや髪型、その日の肌色の変化に合わせて使い分けられますよ!



髪色が黒の場合は『ダーク系』のカラーを選びましょう。茶髪の場合は『ベージュ系』がメインのものを選べばハズレがありません♡

明るいカラーが入っていても、混ぜてしまえば違和感なく使えます。微妙な色味が調節できるアイブロウパウダーは、眉メイクに欠かせないコスメです!

左右対称な眉を目指す3. 髪色の系統と合う眉マスカラ


眉マスカラは、まつげではなく眉毛に使用するマスカラです。眉毛はすぐに生え変わってしまうため、髪の毛のように染めるのは現実的ではありませんよね♡

髪を染めている場合、眉マスカラを使って、眉も同じカラーにそろえましょう。色を変えるだけでも、一気に垢抜けて見えますよ……!



基本は『髪色より少し明るめ』のカラーがおすすめです。もちろん、色の系統は髪色とそろえます。オレンジ系の髪色なら、眉マスカラもオレンジ系で合わせましょう。

ほかにも、ピンク系やイエロー系などさまざまなカラーバリエーションがありますよ。ブラウン系の髪色に、特に役立つアイテムですね!

左右で眉毛の形が違う、ちぐはぐ眉の直し方


もともと『眉の形が違う』という悩みは、眉メイクがうまくいかない原因の一つです……。しかし、眉の形が左右対称でなくても、悲観することはありませんよ♪

ある程度、メイクで眉の非対称は直せます。慣れてくれば、違和感のないきれいな対称眉がつくれるでしょう♡

ちぐはぐ眉の直し方1. 綿棒などを使い高さを合わせる


綿棒は、眉頭の高さチェックと調整におすすめのアイテムです。家のどこかに常備している人も多いでしょう。もちろん『平行』な線をつくれる棒のようなものなら、何でもかまいませんよ♡

綿棒を描きたいほうの片眉の『眉頭の高さ』に合わせます。そのまま、もう一方の眉まで平行にスライドさせましょう。眉頭の位置まできたら、アイブロウなどで印を付ければOKです!



この印を基本にメイクしていけば、両方の高さがそろった美眉が描けるでしょう♡ 少し高さが不ぞろいな程度なら、アイブロウで十分カバーできますよ。
眉の高さをそろえる際には、眉毛を剃るのではなく『メイクでカバーする』ほうが自然な仕上がりが叶います。

ちぐはぐ眉の直し方2. 鏡を眉毛から離して見ながら調節する


片方の眉だけを見て眉毛を描くと、バランスがくずれる元です……! できるだけ『大きな鏡』で両眉をチェックし、バランスを確かめましょう。

遠くから見たときが、周りに見えている眉毛の印象ですよ♪ 近くで見たときではなく『少し離してきれいに見える眉』を目指しましょう。



左右のバランスを整えるには、片方ずつ仕上げるのではなく『交互に両眉を描く』のがコツです。不自然にならないように、少しずつ描き進めていきましょう……!

鏡も描いている場所に合わせて動かします。眉尻を描くときは鏡を内・外に傾けて『横』から見たほうが、立体的な仕上がりです。

ちぐはぐ眉の直し方3. コンシーラーで修正する


眉を描き終わった後に「やっぱり少しだけ調整したい……!」となることも多いでしょう。わざわざ全部やり直したり、メイクオフしだしたりするとキリがありませんよね。

仕上がりに納得いかないときは、コンシーラーを使うのもおすすめです。コンシーラーで描いた眉の一部を消すことで、簡単に描き直せますよ♡

特に『細めのペンシルタイプ』なら、細かい部分の修正にぴったりです! 眉メイクを極めるなら、1本持っておきたいですね。

トレンドのアーチ眉の描き方


トレンド眉の形は常に変化しています。今の流行は『ゆるめ太アーチ』眉です!

少し前には平行眉がトレンドでしたが、これからは眉がややアーチを描くようなやさしい眉に仕上げましょう♡ 人気モデルなどの眉を参考にするのもよいですよ。

アーチ眉のポイント1. 眉尻は目よりも長めに


眉尻は『目尻よりも長め』に描きましょう。眉尻が目尻より内側にすると幼いイメージになります……。美しい眉の黄金比も、口角から目尻を斜めに結び、その延長線上に眉尻がくる形ですよね。



基本的には、自眉の形をそのまま使います。トレンドのアーチ眉は、眉尻が少し長めのほうがおしゃれですよ♡ 目尻から『5mm〜1cm程度長め』を意識しましょう!

アーチ眉のポイント2. 眉山の位置を決め、自然なアーチを描く


流行の太めアーチ眉を描くためには、眉山の位置が重要です! ゆるめのアーチ状にしたいなら、眉山の位置は『黒目のやや外側』の真上を心がけましょう。

眉山の位置が決まれば、先ほど決めた眉尻に向けてペンシルで描き足していくだけです。眉頭以外は、ペンシルである程度形を整えて仕上げてしまいましょう♡
『眉尻と目尻を平行にする』点を意識して描くと、トレンドのゆるアーチができあがります!

アーチ眉のポイント3. 眉頭はブラシでぼかし気味に描く


眉の形が決まった後は、眉頭の仕上げです! 眉頭はペンシルでしっかり描くと、コメディ漫画のような不自然なカクカク眉になってしまいます……。

ナチュラル眉には、ぼかしが欠かせません♡ 仕上げに『ブラシ』を使って、眉頭のあたりを自然にぼかしましょう。
眉頭も目尻のアーチと同じように丸みを持たせると、トレンド眉に仕上げられますよ!



ちぐはぐ眉を解消する便利アイテムに頼るのもアリ


「手先が不器用で丁寧に描いてもどうしてもうまくいかない」と悩んでいる人は、あきらめる前に便利アイテムに頼りましょう。『眉スタンプ』など、手軽に使えるグッズも販売されていますよ♡

使いやすいアイテムが見つかれば、眉メイクへの苦手意識も減るでしょう。時短を意識する女子にも最適です。

ちぐはぐ眉を解消するアイテム1. 時短メイクに役立つ眉スタンプ


『眉スタンプ』は、あらかじめ眉の形になっているスポンジにアイブロウパウダーなどを塗ってからスタンプするだけで、きれいな眉が完成します♡

眉のフォルムを整える手間を無くせば、細かい部分により時間をかけられますよね!
手の甲などに試し押しをしてから『眉頭』に合わせて押しましょう。1度で押そうとしてもパウダーにムラができてしまいます。

一方で、数回に分けて押すと眉毛の形がくずれるため、スタンプした際に『眉頭~目尻』に向かって少しずつ力を入れる位置を移動させましょう。最後にブラシでぼかすと、自然に仕上げられますよ♡

『KISS NEWYORK(キスニューヨーク)』では、ストレートだけでなく流行のアーチ眉スタンプも取り扱っています。



商品名:眉スタンプ KISS NEWYORK
価格:1479円
楽天:商品ページ

ちぐはぐ眉を解消するアイテム2. きれいな形をキープできる眉ティント


「毎日の眉メイクが面倒……」と感じる女子は『眉ティント』を使ってみましょう。眉ティントは1度塗るだけで『約1週間』色が付いたままになる便利なアイテムです……!

皮膚に着色するため、失敗を考えて踏み出せない人もいるかもしれません。すぐに色が染み付いてしまうものではなく、希望していたラインをはみ出てもすぐに拭けば大丈夫ですよ♡

眉の形のテンプレを使って、毛流れに逆らってしっかりと眉ティントを塗っていきます。眉の上に付けるとムラにつながるため『地肌』に付けるように意識しましょう。

『フジコ(Fujiko)』の眉ティントは、120万個以上売れた人気商品です!



商品名:フジコ 眉ティントSV
価格:1280円
楽天:商品ページ

眉メイクを極めて、ちぐはぐ眉とはもうおさらば♡





眉メイクを極めれば、垢抜けスタイルを手に入れられます♡ 顔の印象を形づくる眉を整えて、トレンドのモテ顔を意識しましょう。

眉の描き方の基本さえ覚えてしまえば、後は丁寧に描くだけです。眉メイクが苦手な人でも、眉スタンプやティントを使えば負担を減らせますよ!

アイブロウメイクってなかなか難しいですよね。こちらの記事もメイクのお役立ち情報満載です! ぜひ、参考にしてみてね♡

眉毛改革で印象チェンジ♡ ふわっと自然な眉を作るアイブロウプロセス

理想の眉毛は〇〇を使って探すのが◎! 眉毛の整え方&脱色方法も♡

眉メイクが苦手な人でも大丈夫 ふわふわナチュラルアイブロウの書き方!

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ