何もかもしんどいときの対処法。弱ったわたしをレスキュー

「しんどいなあ……」と感じることがありませんか? しんどい原因がわかっていれば対処できますが、わからないと辛いですよね……♡ 今回は、しんどいと感じる原因や対処法について紹介します! しんどい気持ちをラクにしましょう。

何もかもしんどいときの対処法。弱ったわたしをレスキューの1枚目の画像


しんどいって叫びたくなる瞬間とは


「しんどい……!」と叫びたくなるほど辛いと感じる瞬間はいつでしょうか? どんなときにしんどいと感じるのかがわかると、自分を苦しめる原因にたどり着けますよ!

何かを考えることすら辛いときは、ゆっくり休んでから考えてみましょう。

朝、ベッドから出たくないとき


熟睡できない・寝つきが悪いなど『十分な睡眠時間』を確保できないことが原因かもしれません♡


寝る前に長時間スマホやPCの画面を見続ける・冷え性で熟睡できないなど、心当たりがありませんか? 睡眠不足が続くと、体内リズムが乱れて朝の寝覚めが悪くなります。

入眠しやすくするためには『深部体温』を下げることがポイントですよ♡ 深部体温は『体の内部の体温』をいいます。

冷え性がある人は深部体温が下がりにくいため、寝る前に深部体温を下げる工夫をするとよいでしょう。

就寝の1時間くらい前に入浴したり、寝る前に軽いストレッチをしたりするのもおすすめです♡ 熟睡できれば、朝の目覚めもよくなるでしょう。

生理でなんとなく憂うつなとき


生理前・生理中は憂うつに感じますよね……。とくに生理前は、女性ホルモンの影響で肌トラブルや血行不良など『体の不調が出やすい時期』です。

足が冷えて熟睡できない・化粧のりが悪いなどの原因にもつながります。生理前・生理中はなるべくソフトな肌触りのものを身につけたり、プチぜいたくをして気分を上げたりするとよいですよ♡


『肌触りがやわらかいもの』に触れると、ホッとした気分になれます。シルクやコットンのパジャマに変えたり、ふわふわの毛の動物と触れ合ったりするのもよいでしょう……♡

生理痛解消効果ありのヨガポーズを見る♡


せっかくの休日に無気力なとき


平日はバリバリ動ける一方で、休日になるとしんどさから無気力になることもあります。無気力の主な原因は『肉体的な疲れ』と『精神的な疲れ』の2つです。

自分では疲れを感じなくても、無意識のうちにエネルギーを消費している場合があります。無気力に感じるのは『心や体からの疲れのサイン』だととらえましょう。

平日と休日の『行動量の差』から、週末になるとしんどいと感じる人も少なくありません♡ 疲れの具合や状況によって、自分が社会から切り離された存在に感じてしまう人もいるようです。

学校や職場のことでしんどさを感じる人も


しんどいと感じるのは学校や職場が原因かもしれません……! 人それぞれ悩みは違いますが、共通点があります。

ここでは、学校や職場でしんどいと感じる人の共通点を紹介します♡

週のはじめが苦手


学校や職場で不安なことがあると『週のはじめ』がとくに憂うつになる人も多いでしょう。月曜日の朝は学校や職場に「行かなければならない!」と考えるためです……。


悩みや問題をかかえている可能性もあります。ただ単に「行くのがおっくう」だと感じているのかもしれません。そんなときは、週のはじめに『楽しみ』を用意しておくとよいでしょう♡

大好きなスイーツを食べる・カフェやホテルのビュッフェで食事を楽しむのもおすすめです。夜は恋人や仲のよい友達と会う・ショッピングしてから帰宅する予定を入れておくのもすてきですね♪

楽しみを用意しておくと、不安でいっぱいになりそうな気持ちをポジティブなものに変えられます。

勉強がはかどらない


勉強がはかどらないことが、しんどさの原因かもしれません。得意科目であればすんなり進められますが、苦手科目には停滞感を感じる人も多いのではないでしょうか?
1
2
3

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡