たぬき顔なるメイクの仕方を大公開! たれ目とふっくら唇のつくり方♡

愛らしく、性別を問わず人気のたぬき顔は、女子の憧れです。「自分の顔はたぬき系ではないから……」と諦めている女子でも、メイクを変えればたぬき顔に近づけますよ!

たぬき顔に近くアイメイクやチークの入れ方を覚えて、かわいい女性を目指しましょう♡



たぬき顔になりたい


近ごろ、かわいいと評判のたぬき顔に憧れる女子が増えています……♡ 親近感のわく『たれ目』とふんわりと女の子らしい雰囲気が魅力ですよね。

もともとたぬき顔ではない女子も、メイク次第で近づけますよ! この機会に、かわいくやさしいイメージのたぬき顔を目指してみましょう。



たぬき顔の特徴1. 丸くやわらかい雰囲気が特徴


たぬき顔といえば、丸っこくあどけないイメージです。動物のたぬきと同じようなたれ目を筆頭に、丸みを帯びた顔のパーツがかわいらしさを感じさせます……!

素朴な太眉とふっくらした鼻も、たぬき顔の愛らしさを強めてくれる素材です。クリッとした丸く大きな瞳や大きめの口もポイントですよね♪

丸いフォルムは『やわらかい印象』を与えるため、やさしい雰囲気になりますよ♡ たぬき顔を目指す女性は、まず特徴を押さえておきましょう。

たぬき顔の特徴2. びっくりしたときの顔がかわいい


たぬき顔の魅力は、驚いたときやわからないことがあったときの『表情』です。目を丸くして驚く姿や、黒くて大きな目で不思議そうにしている表情は、女性から見てもかわいらしく映ります……!

キョトンとした愛らしい表情が、男子の心をくすぐりますよ♡ キツい雰囲気の顔にはない、少し『隙(すき)』のあるイメージが好印象です。



見た目のかわいらしさにとどまらず、表情にも魅力が生まれるところがたぬき顔が『モテ顔』といわれる理由ですね!

たぬき顔の特徴3. キツネ顔とここが違う


たぬき顔と『キツネ顔』の違いは、顔全体の雰囲気やパーツの特徴です!

キツネ顔は少し角ばった印象を与え、すっきりとした『直線的』なパーツがメインです。細くつり上がった瞳や薄く平面的な唇などは、キツネ顔に分類されます。



対してたぬき顔は、顔全体が丸く、やわらかい『曲線』を描いていることが特徴です。目尻や眉毛は下がり気味で、唇やあごもやわらかな丸みを帯びています。

キツネ顔もクールで美人な印象ですが、近年トレンドのたぬき顔は『童顔』でかわいらしい愛され顔です♡

たぬき顔メイクのポイント


たぬき顔は、メイクでもつくれます! まずは、かわいくクリッとした瞳を演出するためにカラコンを使いましょう。

チークの入れ方でも、ふっくらとして触れてみたくなる頬をつくり出せますよ。「素顔ではたぬき顔には見えない……」と悩む女子でも、ちょっとした工夫でたぬき顔メイクは可能です♡

たぬき顔メイク1. やや濃いめのカラコンで黒目がちに


もし「黒目が小さいからたぬき顔にはなれない……」と悩んでいる人がいるなら、諦める必要はありません!『濃いめのカラコン』を使えば、黒目がちの丸い瞳は誰でもなれるものですよ♡

ブラウン系のサークルレンズなど、黒目を大きく見せられるコンタクトを活用しましょう。度なしのカラコンも販売されているため、視力の条件もありません。



真っ黒を選ぶと不自然になってしまうこともあるため『ナチュラルな濃いめのブラウン』がおすすめです♡ 黒目のサイズがコンプレックスな女子は、自分好みの瞳をカラコンで叶えましょう。

黒目がちの瞳に加えて、くっきりとした二重もたぬき顔の特徴です。もともと二重であれば問題ありませんが、一重の場合は『アイプチ』などを活用するのも手ですよ。

たぬき顔メイク2. チークはやや内側に入れる


たぬき顔のほんわかした雰囲気を出すには、やわらかい印象を与える『ピンク色』のチークが鉄板です……!
1
2
3

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡