前髪ぱっつんをよりかわいくアレンジする♡ 失敗しないセルフカットの仕方

前髪ぱっつんは子供っぽい」と考えている女子も、シースルーやアッシュカラーを取り入れれば大人っぽい『ぱっつん』が楽しめますよ♡ おしゃれなコーデともよく合います。前髪ぱっつんに合うヘアアレンジや、ヘアスタイル別のおすすめも知っておきましょう!



前髪ぱっつんをより今ドキ風ににかわいくアレンジ


『前髪ぱっつん』というと、幼いイメージやアレンジの難しさを特徴にあげる人も多いのではないでしょうか?
もし、顔型やちぐはぐ感などでぱっつんスタイルを諦めているなら、少し考え直してみましょう……!

大人っぽくかわいいシースルーバングや、面長さんでもできる前髪ぱっつんなど、やり方次第で雰囲気は変えられますよ♡

前髪ぱっつんの流行1. シースルーバング!


前髪ぱっつんと聞くと、どうしても『重ため』のヘアスタイルを思い浮かべてしまう人も多いでしょう。しかし『シースルーバング』にするだけで、一気に軽やかでこなれた雰囲気が出せます……!



シースルーバングは、前髪に『抜け感』をつくるヘアスタイルです。厚めの前髪をそのままぱっつんにするのではなく『少しすく』ことで、おしゃれ度もぐっとアップしますよ♡

『眉下あたりのぱっつん』でも、シースルーバングなら重たくなりません。眉毛が少し見えることで、表情も豊かになり親近感を与えられます。
軽いヘアスタイルを目指しているなら、シースルーバングを取り入れてみましょう!

前髪ぱっつんの流行2. 面長さんは長め、重めにカット


「ぱっつんの前髪は丸顔でないと似合わない……」と諦めている人も多いのではないでしょうか? しかし、諦めるのは早すぎます!

面長さんでも、前髪ぱっつんの種類によってはかわいく仕上げられますよ♡
避けたいのは『短め』の子供っぽいぱっつん前髪です。前髪が短くなると、どうしても顔の長さが強調されてしまいます……。



『少し長めかつ重め』に前髪をカットすれば、顔の長さに目がいくことはありません! かわいい前髪ぱっつんも、切り方次第で自然になじみます♡

前髪ぱっつん、セルフでカットしてみる?


前髪ぱっつんなら、自分でもカットできますよ♡ 比較的セルフカットが簡単なスタイルのため、美容院に毎回通う必要がありません。

複雑なカットは難しいですが、基本的には『ぱっつんに切りそろえるだけ』のため不器用さんでもそこまで心配ないでしょう♪

前髪ぱっつんをセルフで挑戦1. 用意するもの


基本のセルフカットで必要なものは『散髪用のハサミ』『コーム』『ダックカールクリップ』『鏡』の4点です。持っていない人でも、簡単に準備できるのではないでしょうか?



もしシースルーバングにしたいときや、前髪が多い場合は『すきバサミ』も用意しておきましょう!

ダックカールクリップは『髪をブロック分けする際に留める』専用のクリップです。髪留め用のピンやゴムでは分けにくいうえに『クセが付いてしまう』可能性もあるため、用意しておいたほうがよいですよ♡

前髪ぱっつんをセルフで挑戦2. どこを前髪にするか考える


前髪ぱっつんに切る前に、まずは『前髪をつくる範囲』を決めましょう。髪をコームでとかしながら、前髪にしたい部分を取っていきます!

サイドの髪はすべてダックカールクリップで留めるため、前髪にする部分は『三角形』に見えるはずですよ。



厚め前髪なら『深め』薄め前髪なら『浅め』の三角形をつくるよう意識しましょう♪ 位置は、だいたい『頭頂部~目尻』のあたりが目安です。

次に、髪が切りやすいよう前髪にする部分をブロック分けしましょう。表面は上から2〜3段にブロック分けします。さらに、左右二つくらいに分けると切りやすいですよ!

前髪ぱっつんをセルフで挑戦3. 前髪ぱっつんの切り方

1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡