アンダーヘア美しく処理して水着に自信をつけよう♡ VIOの処理方法まとめ

アンダーヘアを処理すると水着のおしゃれがもっと楽しくなりますよ♡ アンダーヘアの処理に興味がある人は、必要な道具や気をつけたいトラブルをチェックしておきましょう。よりきれいにお手入れしたいなら、脱毛も視野に入れてみてはいかがでしょうか?



アンダーヘアの処理事情って誰にも聞けない……


アンダーヘアをお手入れしてみたいと思いながらも「恥ずかしい……」「どんな形に処理したらよいかわからない」と悩んでいませんか?

今やアンダーヘアの処理は、おしゃれな女子の間では当たり前のようにおこなわれていますよ。まずは、ナチュラルな形からチャレンジしてはいかがでしょうか♡



アンダーヘアの処理事情1. アンダーヘアの処理率は結構高い


アンダーヘアの処理に興味があっても「何となく恥ずかしくて勇気が出ない……」という人もいるでしょう。デリケートな話題のため、友達にも「処理してる?」とは聞きにくいですよね♪

気になるアンダーヘアの『処理率』ですが、脱毛専門サロン『ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM)』が約1900人を対象にネット調査を実施しました。
回答では、脱毛経験がある女性の『87.6%』がアンダーヘアを処理しているという結果が出ています……!

アンダーヘアの処理は、海外セレブの間では当たり前のようにおこなわれているケアです。日本でも意識の高い女性を中心に、お手入れする人が増えていますよ♡

脱毛女子のアンダーヘア事情 | 美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

アンダーヘアの処理事情2. VIOとは


アンダーヘア関連の専門用語としてよく見かける『VIO』は、アンダーヘアを構成する『Vライン』『Iライン』『Oライン』を合わせた呼び方です♡



Vラインは『太ももの付け根~骨盤』のデリケートゾーンの上部にあたるエリアです。IラインはVラインの奥にある『陰部の両側』を指します。Oラインは『肛門まわり』のことです。

体の中でも繊細な部分であるにもかかわらず、目視で確かめるのが難しい位置ですよね……! 清潔に保ちたいものの、処理しにくい部分でもあります。

アンダーヘアの処理事情3. どんな形にする?


アンダーヘアをすべて処理する人もいますが、一般的には『形を整える程度』に手入れする人がほとんどですよ♡ アンダーヘアを処理する前に、まずは形を決めておきましょう。

さりげなくアンダーヘアを処理したい人に人気があるのは、ナチュラルな『三角形』です。処理していることがわかりにくいため、ジムや温泉などを利用する際にもおすすめですよ♡

もっとしっかりと処理したいなら、小さめの『長方形』にする手もあります! 長方形の角を丸く整えると、ナチュラルな雰囲気が出せますよ♡



アンダーヘアを処理するメリット


アンダーヘアを処理すると、デリケートゾーンが快適になったり水着の選択肢が広がったりと、女子にうれしいメリットが満載です♡

「布の面積が小さいから……」とあきらめてきたかわいい水着も、自信を持って着こなせるようになりますよ!

アンダーヘアを処理するメリット1. 清潔感アップ


デリケートゾーンによくある悩みといえば『ムレ』と『におい』ですよね♡
清潔に保っているつもりでも「きれいと言い切れるかと問われると自信がない……」という人も多いのではないでしょうか?

実は、アンダーヘアは『デリケートゾーンの悩み』を引き起こす大きな原因の一つです! アンダーヘアがあるとムレやすく、おりもの・経血・尿などが拭きとりきれません。

必然的に、においの原因となる『雑菌』が増殖してしまうでしょう……。アンダーヘアを処理して毛量が少なくなれば、下着を身に着けた際のムレが解消されます。分泌物も付着しにくくなりますよ♡

アンダーヘアを処理するメリット2. 水着のときも安心


プールや海でかわいい水着を着ると、気分が上がりますよね♡ 友達とおそろいにしたり彼の好みに合わせたりして、水着を選ぶ時間もあわせて楽しいものです♪



しかし、お気に入りの水着もアンダーヘアがはみ出てしまっては台無しですよね! アンダーヘアが気になるからといって露出度の低い水着ばかり……というのもがっかりしてしまいます。

アンダーヘアをお手入れしておけば、当日の『うっかり見せ』を防げるうえに、着こなせる水着の幅をグッと広げられますよ♡

今年の夏はアンダーヘアを処理して、トレンドの水着でおしゃれを満喫してはいかがでしょうか?

アンダーヘアのお手入れの前に気をつけてほしいこと


アンダーヘアを処理する前に『よくあるトラブル』をチェックしておきましょう!
処理の仕方によっては、毛がチクチクしてかゆくなったり埋没毛ができて見た目が悪くなったりするおそれがありますよ。



アンダーヘアがチクチクしやすくなる原因は?


アンダーヘアを処理する方法によっては毛がチクチクしやすいため、注意が必要です……♡ カミソリで剃(そ)ると『刃の角度』で肌が傷つき、チクチクとした違和感を覚えます。

アンダーヘアをハサミなどで切ったときも『毛先の断面がとがる』ことで、肌へ刺さりやすくなりますよ!

カミソリやハサミは本来アンダーヘアの処理に特化したものでないため、根元の毛の太い部分に『切り残し』ができてしまいます♡

太くとがった毛の先端が、伸びはじめた際に肌に当たるのがチクチクした痛みの原因です。



アンダーヘアを処理するときは埋没毛に注意


アンダーヘアを間違った方法で自己処理していると、ポツポツとした『埋没毛(まいぼつもう)』が現れることがあります……!

埋没毛とは『皮膚の中に埋まった状態で成長している毛』のことです。短い毛が埋まっているものや、皮膚の中でグルグルとうず巻き状に伸びているものもありますよ。

埋没毛の原因は、毛抜きで抜く行為や『逆剃り(さかぞり)』による炎症です。毛穴が炎症を起こすと、かさぶたができます。

かさぶたが毛穴をふさぐことで、まっすぐ上に毛が伸びません。皮膚の下で留まってしまい、埋没毛ができてしまうのです……。カミソリで処理する際は『毛の流れ』に沿って刃を動かして、肌への負担を軽減させましょう♡


アンダーヘアの処理方法1. ヒートカッターを使う


アンダーヘアをカットする際には『ヒートカッター』を使うと便利です♡ アンダーヘア専用のヒートカッターも販売されていますよ!

ヒートカッターを使ったことがない人のために、メリットやカットする長さの目安を紹介します♡



ヒートカッターは熱でカットするため毛先がとがりにくい


ヒートカッターは毛を『熱で焼いてカットする』アイテムです。刃物で切ったときのように毛先がとがらず、丸く仕上げられるのがメリット♡

ハサミで切ったときのようなチクチク感や、下着の繊維の間からアンダーヘアが貫通するなどの悩みをやわらげてくれるでしょう。

肌に直接当てて使うアイテムではないため、肌に負担がかからないのもうれしいポイントです。一般的なものは電池式で、熱くなる部分に『くし状』のカバーが付いています♡
毛先にくしの部分を当てると焼き切れる仕組みです!

ヒートカッターはアンダーヘアの長さをカットできる


アンダーヘアの長さによって、見た目の印象は大きく変わります。ナチュラルな雰囲気を出したいなら長さを『約3cm』を目安に整えるとよいでしょう♡

ヒートカッターには、全身用・デリケートゾーン用・フェイス用などがありますが、VIOの処理にはアンダーヘア専用のものが使いやすいですよ。

『ラヴィア(Ravia)』の『Vライントリマー』は、毛を焼き切るヒート線が直接肌に触れないような設計が特徴です。熱に強いコームで、ヒート線をしっかりと覆っています♡

電動歯ブラシのようなフォルムで、片手でも持ちやすいのが特徴。コンパクトかつおしゃれなデザインで、ポーチの中に入れて持ち歩きやすいのも人気の秘密です!



商品名:ラヴィア Vライン トリマー
価格:2593円
Amazon:商品ページ

アンダーヘアの処理方法2. シェーバーを使う


アンダーヘアの形を整えたいときには『シェーバー』が活躍します! 使いやすさを考慮するなら、アンダーヘア対応のものがおすすめです♡
アンダーヘアだけでなく全身にも使えるオールマイティなシェーバーも便利ですよ。

シェイバーがアンダーヘアに使えるタイプか確かめよう


シェーバーには顔用やボディ用などさまざまな種類があります。「手持ちのシェーバーで代用できないかな?」と気になっている人もいるでしょう。



デリケートな部分に使うことを考えると、やはりアンダーヘアに対応しているシェーバーを選びたいものです。アンダーヘア用のシェーバーは、手入れがしやすいだけでなく、肌を傷つけにくい設計が採用されています♡

刃の部分が直接触れないようになっていたり、刃先も清潔な状態を保つために水洗い可能や取替刃対応だったりと工夫されているものも。

シェイバーをマルチに使えるタイプも便利


アンダーヘア専用のシェーバーもよいですが、使用頻度を考えると買おうか迷ってしまいますよね。
「全身用のシェーバーはアンダーヘアにはよくないのではないか」と不安な人もいるでしょう。

そんな方には、アンダーヘア用に考えられた設計でボディ・鼻・耳などにも使えるマルチなシェーバーも販売されています……!

『ヴィート(Veet)』の『センシティブ・タッチ(TM)プレミアム』は顔・手足・わき・アンダーヘアに対応しているシェーバーです♡

顔用とアンダーヘアを含むボディ用のトリマーキットが付属しています。刃は直接肌に当たらないように、コームが付けられますよ。濡れた手で持ってもすべりにくい防水タイプで、浴室でも快適に使用可能です♪



商品名:ヴィート センシティブ・タッチ プレミアム 電動トリマー デリケートゾーン
価格:2100円
Amazon:商品ページ

アンダーヘアの処理、難しいときはプロへお任せする


アンダーヘアをエステサロンやクリニックで『脱毛』している女性も多くいます♡ 脱毛と聞くと高いイメージですが、サロンによってはリーズナブルな月額払いを実施している店舗もあります。

自己処理に不満がある人はプロにお任せしてみてはいかがでしょうか?

アンダーヘアをプロに任せるメリット


自己処理でどんなにしっかりお手入れしても、しばらくすると新しい毛が生えてきます……。きれいな状態をキープしたいと思ったら頻繁に処理する必要があり、時間も手間もかかるのが難点です。

自己処理で失敗して毛がチクチクすると、1日中憂うつな気分になりませんか?
『サロン』や『クリニック』での脱毛なら、新しい毛がだんだん生えてこなくなるだけでなく『自分で処理しにくい部分』もきれいにお手入れしてもらえますよ♡

自己処理の際のシェーバーなどの道具は消耗品のため、長い目で見ると意外と費用がかかるものです。専門の場所で知識を持った人に脱毛してもらうほうがお得と感じる人もいますよ♡

アンダーヘアを脱毛する1. 医療脱毛とエステ脱毛の違い


脱毛といえば『レーザー脱毛』と『光脱毛』が有名です! レーザー脱毛は、クリニックをはじめとする医療機関でないと行えない『永久脱毛』を指します。



出力が高い単一のレーザーを使用しているため、光脱毛より『少ない回数』で脱毛できます♡ 黒い色素に影響を与えるレーザー(光)を当てることで、毛を抜いていく仕組みです。

光脱毛は主にエステサロンでおこなわれている脱毛方法です。永久脱毛ではありませんが、レーザー脱毛より『料金が安い』メリットがあります♡
レーザーと同じように黒い色素へ数種類の波長を出して脱毛していく方法です。

アンダーヘアを脱毛する2. VIO脱毛をおこなっているサロンを探そう


エステサロンやクリニックごとに脱毛できるパーツが異なります。アンダーヘア全体を脱毛したいなら『VIO脱毛がセットになっている』お得なプランを検討してみてはいかがでしょうか?
「一括払いは厳しい……」という人は、月額払い(分割払い)に対応している店舗をチェックしてみましょう♡

「ここにしようかな♪」と思える店舗が見つかったら、いよいよ契約を結びます。未成年の場合は契約の際に『親権者の同伴もしくは同意書』が必要なので注意しましょう。

アンダーヘアはやさしくお手入れしよう





アンダーヘアはほかのパーツよりも肌はデリケートです。
自己処理が難しい部分ですが、肌にできるだけ負担をかけないようにしてお手入れをしっかりすることが大切ですよ!

自己処理に自信がない人や手間をはぶきたい人は、サロンでの脱毛がおすすめ。脱毛方法や支払い方法などを比較して、自分に合った店舗を探してみましょう♡

夏は肌見せの季節! しっかりとお手入れをしていきましょう。ムダ毛でお悩みの方は合わせてこちらの記事もチェックしてみてね♡

東京でおすすめの脱毛5選!夏に向けてつるつる肌をゲットしたいあなたへ♡

初めての“ブラジリアンワックス”体験 思ったより痛かった……!

※表示価格はすべて税抜き、編集部調べです

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡