かまちょ女子の説明書。面倒なかまってちゃんアピールの対処法はこれ

あなたの周りに、かまちょ女子はいませんか? かまってほしがりであることが特徴なかまちょ女子は、度が過ぎると扱いにくい存在です……! 面倒なかまってよアピールに疲れてしまう前に、上手に対応する方法を身につけましょう♡

かまちょ女子の説明書。面倒なかまってちゃんアピールの対処法はこれの1枚目の画像


また出た。かまちょ発言


「今ひまな人いない~?」「ねぇねぇ!」が口グセの人がいますよね! 近年では、かまってほしがりな人のことを『かまちょ』といいます。
かわいらしい響きの言葉ではありますが、ネガティブな意味で使われることが多い言葉ですよ……!

かまちょってどんな意味?


『かまちょ』は2012年ごろから学生を中心に流行した言葉です。「かまってちょうだい!」を略したものですよ♪ 主に『LINE』や『Twitter』などのSNSで使用されています。

日常会話で使うことはあまりない言葉ですよね……。暇つぶしの相手を探す言葉として使われるほか『かまってちゃんな人』を指すこともあります。



かまってほしがりな人には「人懐こくてかわいいな」と思える愛嬌もあれば「わざとらしくてウザい」と思われてしまうダル絡みもありますよね。
かまちょすることは決して悪いことではありませんが、相手によってはストレスを与えてしまいかねません……!

今さら聞けないかまちょの使い方


自分と他人が使うパターンで意味合いが異なりますよ! 自分で使うときは「誰かかまちょ!」と周りに呼びかけることで、相手をしてくれる人を募集します。

「私かまちょだから……」と甘えん坊でさみしがりやキャラであることをアピールするために使う人もいますよね。一方で、他人が使うときは「〇〇はかまちょだからなぁ」と性格を指して使われることが多いでしょう。



異性に対しては『かわいらしい』というニュアンスで使う場合もあるかもしれませんが、おおむね『面倒くさい性格』を表しています。

他人に対して使うかまちょは悪口やグチととらえられてしまう可能性もありますよ! 仲のよい友達であっても使うタイミングには気をつけましょう。

かまちょ女子はSNSによく現れる


LINEのタイムラインを開くたびに同じ女の子が投稿していた経験はありませんか?

かまってちゃんは、実社会はもちろんのことSNSにも頻繁に現れますよ♪ しつこいかまちょに疲れてしまったらSNSの閲覧を控えるのも一つの手段かもしれません……!

かまちょ女子のSNS1. 大丈夫?と言ってほしい病み投稿


かまちょな女の子はタイムラインに『病(や)み投稿』をすることで「大丈夫?」というコメントを期待しています……!

よくあるのは「自分って本当だめだ」「疲れたな」という『落ち込んでいますアピール』です。
たまに見かける程度であれば心配になるものですが、何度もくり返されると「また始まったよ」とあきれてしまいますよね。



「今度こそ幸せになれるって信じていいよね…?」「本当に本当に大好きでした」といったポエムのような書き込みをすることもあります。
自分の感情をつづるのは自由ですが「かまってほしい」という思いがかいまみえると、げんなりしてしまいます……。

かまちょ女子のSNS2. 奇跡の1枚ですっぴんごめん投稿


「すっぴんやばい(笑)」「寝起きブスすぎる~」といいつつ、決め顔の自撮りをアップするのもかまちょな女の子の特徴です。

すっぴんといいつつ、フィルター加工や小顔調整されている場合も多いでしょう。『加工』していることがわかると「おやおや?」と思いますよね。



何度も取りなおしたんだろうなと思うと、あきれを通り越して「おつかれさまです」という気持ちになります♪

女性にとって、本来すっぴんは『ナチュラルな美しさ』を意味しています。『すっぴんが美しい』という美的ステータスを見せつけることで、ほかの女性との違いをアピールしたいのかもしれませんね。友達であれば「かわいい」とほめるようにしているものの、内心冷ややかな人は多いようですよ……!

かまちょ女子のSNS3. 匂わせ投稿


「ランチきた♡」といいつつ男性の腕がチラっと映る写真をアップしたり、ハッシュタグで『#ずっと大好き』『#幸せ』と愛情表現する投稿を見たりするとなんとも言えない気持ちになりますよね。

男性と一緒にいることを匂わせる女の子は、周りから『イタい』と思われがちです。普通に教えてくれれば応援できるにもかかわらず、匂わせられると反応にも困ってしまいます……。

誰かに認められたい気持ちや受け入れてほしいという気持ちはわかりますが『匂わせ投稿』は、周りの反感を買ってしまいかねませんよ!

本当にモテる女性は男性の影を見せないものです♡ 人の目を気にせず自分らしさを大事にしましょう!



かまちょ女子、実はあたなの近くにいるかも?


女の子の「ちょっと相手をしてほしい」というおねだりは、かわいらしく感じる人も多いでしょう。

そんな人懐っこさとは異なる『自分の都合』ばかりのかまってちゃんは、正直面倒くさいですよね……。厄介なかまってちゃんの行動を見て、自分のふるまいを見直したいものです♡



かまちょ女子の特徴1. 1人でいられないさみしがりやさん


1人でいると不安になってしまう『さみしがりやさん』は、かまってちゃんになりやすいようです。誰かと一緒にいることで安心できるため、さびしさを感じたらすぐにかまちょを始めます。

「私は1人ではなにもできない」と思い込んでいると、人に依存しがちになってしまいますよ。さみしさを受け入れることは難しいかもしれませんが、上手に付き合う方法を見つけましょう!

『ひまな時間をつくらない』ように趣味や好きなことを探します。一つのことに没頭すれば、さみしい気持ちもまぎれますね♡ 未然に防ぐことは、社交的でない場合には難しいかもしれません。

それでも、行動次第で『さびしいと思う気持ちをそらす』ことは可能ですよ。



かまちょ女子の特徴2. 自分が会話の中心にいたい


『いつでも話の中心でいないと不満』というタイプの子もいますよね……! 会話の主導権をにぎれなくなると不機嫌オーラ全開になってしまうため、周りも会話のペースを考えてしまいます。

会話の中心になりたがる人は『認めてほしい』という欲求が強い傾向にあります。誰しも、自分のことを認められるとうれしくなって「大切にされているのだな」と感じますよね♡

だからといって、一方的に自分の話ばかりしては会話が成り立ちません……。会話はキャッチボールと同じですよ。自分のと相手のターンが交互にくるようにすると、より楽しくやり取りできるでしょう♡



かまちょ女子の特徴3. だからなに?と言いたくなる報告


かまちょな女の子は「今起きた~」「お昼たべてきた」など内容の薄い報告をしがちです。『返答に困る報告』をされると、内心「だからなに?」と突っ込みたくなりますよね……!

「最近彼氏ができたんだけど大変で……」と報告と見せかけた自慢をしてくる人もいるでしょう。

幸せ自慢であればまだ「おめでとう!」と素直に受け取りようもありますが、不幸アピールに見せかけた自慢の場合は厄介ですよね。

かまってほしいときは『相手が興味を持てる』話題を振りたいものです。自分の話ばかりだと相手にうんざりされてしまいますよ。



かまちょ女子にはどう接すればいいの?


かまちょな人が友達や職場の同僚にいると「どうしたらいいのだろう?」と悩むこともあるでしょう。

自分の気持ちに正直すぎるだけで、悪い人でないとなおさら困ってしまいますよね……。上手に接する方法を身につければ、お互いストレスを感じなくて済みますよ♡

かまちょ女子の対応の仕方1. 上手に流す


かまちょ気味な子に対して無視をしたり「しつこい!」と怒ったりと『ネガティブな対応』をすると、かえって面倒くさい状態になることがありますよ!

かといって、何もかも共感してしまうと「相手にしてもらえた♡」と行動がエスカレートしてしまうでしょう。

「そうなんだね~」「すごいね~」と適度にほめつつ、それ以上に話を広げないようにするのが正解です!
「私ってだめだなぁ」「つらい」といったなぐさめてアピールをする場合は、共感や同情の態度を出さないようにします。

「私も昔はそう思ってたけど意外に大したことなかったな」と、何でもないことのようにふるまえば、悲劇のヒロインになりきっていたかまちょ女子も現実に引き戻されるでしょう♪



かまちょ女子の対応の仕方2. 手に負えないときは忙しいオーラを出す


かまってちゃんは、一度相手をしまうと「この人なら大丈夫」と認識して、こちらの気持ちはおかまいなしに何度もアピールしてくることでしょう。

ひまなときであれば対応できるものの、忙しいときや自分に余裕がないときは「勘弁して!」と叫びたくなりますよね……!

手に負えなくなったときは仕事や目の前のことに集中しているオーラを出すと、かまってちゃんも多少はちょっかいを控えてくれるかもしれません。

それでも話しかけてくる空気が読めないタイプには「いま忙しいから!」とストレートに伝えるのもありですよ。

適度に相手をしたら、頃合いをみて「トイレ行ってくるね」「ちょっと急いでるから!」と急ぎの要件を持ち出せば、拒絶感なくその場を離れやすくなるでしょう。



かまちょ女子の対応の仕方3. 安易に指摘しない


かまってちゃんは周りのペースを乱しがちな存在です……。仲のよい子であれば「どうにかしてあげたい」という気持ちが働くこともあるでしょう♡

しかし、人の気持ちを変えるのはとても難しいことです。

自分を変えられるのは自分だけであり、かまってちゃん自身が「改めたい」と思わない限り、こちらからいくら働きかけても無駄に終わってしまうことがほとんどでしょう……。



安易にかまってちゃんであることを指摘するのは、今の関係性を壊す原因になるかもしれません。見て見ぬふりのようで罪悪感を抱くかもしれませんが、じっと静観してタイミングを待ちましょう。

相手が「ちゃんとしたい」と望むときがきたら『そばで支える存在』になってあげてくださいね♡

彼氏へのかわいいかまちょはOK


彼氏に愛されたいからとかまちょをしてしまうこともありますよね。かわいいかまちょであれば、彼氏としてもうれしいと感じているそうですよ!上手に彼氏へかまちょして、愛される彼女になりましょう♡

彼氏へのかまちょ1. 相手のことをほめながら


自分がしてほしいことだけを求めるのはただのかまちょになってしまいますが、相手への『愛情表現やほめ言葉がセット』なら甘え上手だと好印象ですよ♡

男性は、基本的に自分の話を聞いてほしいと思っています。

「最近、仕事はどう?」と彼が頑張っていることに対する話を聞いてあげることで『あなたはかまってもらえる&彼氏は話を聞いてもらえる』のウィンウィンの関係をきずけますよ!

彼氏がかまってくれたときは「いつもありがとう!」と感謝の気持ちを伝えると、もっと大切にしてあげたいと思ってくれることでしょう。

「仕事おつかれさま……♡」と彼をいたわる気持ちも欠かさないのも、愛され女子のコツです。



彼氏へのかまちょ2. ストレートにおねだり


男性の中には女性の気持ちを察するのが苦手な人もいます。元来、お姫さま気質な女子からすれば「言わなくてもわかってほしい」という気持ちもあるでしょう。

それでも、ストレートに希望を伝えるほうが彼の気持ちを惹きつけられることもありますよ!

「言葉で伝えるのは恥ずかしい」という人でも、彼氏にかまってほしいときは「〇〇してほしいんだもん」とお願いしてOKです♡



素直に伝えれば、彼氏も「叶えてあげたい」と思ってくれるでしょう。じっと黙って不満そうにしているほうが、彼氏も困ってしまいますよね。

必要なときに素直に甘えてみるのが上手なかまちょの使い方です♪

人間関係、うまく付き合って





自分の送ったLINEにすぐ反応があると、誰しもうれしい気持ちになりますよね! 生きていれば「かまってほしい」と思うこともあるでしょう。

適度なかまってちゃんであれば「仕方ないな♡」と思えるものですが、相手の気持ちを考えられない一方的なかまってちゃんは単なる『わがまま』と受け取られてしまいます……!

スルーしにくい関係のかまちょ女子には、上手に受け流して対応しましょう。『人の振り見て我が振り直せ』というように、自分中心の行動になっていないかも見直しておくとよいですよ♡

人間関係って難しいですよね。そんなときは、こちらの記事も合わせてチェックしてみてね!

やりすぎは逆効果! 今すぐ捨てるべき間違った女子力って?

友達がみ~んなリア充で一人ぼっち… どう乗り越えればいい?

星座によって違う! 苦手な上司や先輩とうまく付き合う方法

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡