好きざけと嫌いざけの見分け方。ナイーブな男心を解説します

気になる彼の態度が冷たいときは好きざけの可能性があります……! ごめんざけや嫌いざけとの違いや見分け方を知っておきましょう! 避けられている理由によっては、彼の態度の中に好意を見つけられるかもしれません♡



冷たいから嫌われたと思うのはまだ早い


好きな相手に冷たくされると「嫌われたのではないか」と心配になりますよね♡ 場合によっては、その避けている状態が『好意』を示していることもありますよ!

好きな子を避けてしまう好きざけとは、どんな状態を指すのでしょうか……?

「好きざけ」とは?


人を避ける理由にはいろいろありますが『好きだからあえて避ける』のが好きざけです。なかには、自分の望みとは違う『好きなのに避けてしまう』ケースもありますよ……!

意識的に避けている場合、ほかの男子と気さくに話す姿が気に入らないなどの嫉妬や、あえて冷たい態度をとって気を引こうとする意識が原因です♪



緊張や恥ずかしさからつい避けるような態度になってしまうなど、無意識的な好きざけもあります。どちらにしても、発端(ほったん)は相手に対する好意です。

「気になる相手がなぜか自分と話すときだけ冷たい……」と感じても、それは好意の裏返しかもしれませんよ♡

ごめんざけ、嫌いざけとの違い


好きな子にだけ避けるような態度をとってしまう好きざけとは違う種類の『避け』もあります。相手に告白されたくなくて避ける『ごめんざけ』と、相手が嫌いで避ける『嫌いざけ』です!

ごめんざけは『付き合えない意思表示』ゆえの行動ですよ。相手からの好意には気づいているものの、その気持ちには応えられない事情があります。
避けている相手が嫌いなわけではないケースも多く、グループ行動など複数人でいるときは自然に接してくれることもあるでしょう。ごめんざけをされていてもややわかりにくいかもしれませんね。



嫌いざけは『人として嫌われている』状況です……! 嫌いな人にあえて近づこうとする人はあまりいませんよね。明らかに拒絶されている雰囲気があれば、嫌いざけの可能性が高いでしょう。

こんな行動は、好きざけ


好きざけされていると、コミュニケーションがうまくいきません……。彼も自分の気持ちをどうしてよいかわからず、考えあぐねている可能性がありますよ。

目が合うのにいつもそらされる不思議な行動や『LINE』の返信が妙に遅いのは、脈なしではなく恥ずかしさかや緊張からかもしれません♡

好きざけ1. ほかの女子と話すときより明らかに緊張している


彼の様子がほかの女子に対するものと明らかに違い、緊張しているようなら好きざけのしるしです!

急に無言になって会話が続かないとしても、あなたを嫌がっていない様子が見てとれるなら心配はいりませんよ。照れた顔やぎこちない動作など、気づく要素はたくさんあります……♡ 男子は、本命女子の前ではうまく話せなくなってしまうものです♪



直接話すとぶっきらぼうでもLINEなどのやりとりがうまくいっているなら、単に恥ずかしがっているだけだと認識しておきましょう。
2人きりのときはそれほどでもないなら、友人など周りに見られるのが恥ずかしいだけかもしれませんね♡

好きざけ2. 頻繁に目が合うのにそらされる


つい視線が好きな子に行ってしまう経験はありませんか?
こちらが特別意識しているわけではないのにしょっちゅう目が合って、さらに目が合ったとたんに相手からそらされるときは、好きざけの合図です♡

嫌いな人や、どうでもよい人のことはあまり見つめませんよね。『たまたま変わった様子だったから見ていた』など、珍しいケースはそうそう頻繁には起こりません♪



もし、目が合うのにそらされる場合は、恥ずかしさや見ていたことを隠そうとしていますよ。視線が気になるなら『自分から話しかけてみる』のもおすすめです♡
1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡