おフェロと大人ガーリーを叶えましょ♡ 今、ピンクとベージュがキテます。

『ピンク』と『ベージュ』の組み合わせは、メイクやファッションに活用することで女の子をよりかわいく見せてくれる魔法のカラーです……♡ 相性抜群なカラーのため、上手に取り入れれば、お互いのよさを引き立て合いおフェロで大人ガーリーに演出してくれます。

おフェロと大人ガーリーを叶えましょ♡ 今、ピンクとベージュがキテます。の1枚目の画像


おフェロになりたいならピンクとベージュは相性抜群


ピンクといえば女の子らしいカラーの定番ですよね♡ 落ち着いた印象のベージュと合わせると、かわいらしさと大人っぽさが一度に手に入りますよ!

おフェロカラー1. ヌーディーな色味を選べばヘルシーな印象に


ベージュの中でも素肌と色味が似ている『ヌーディーベージュ』は、ヘアカラーやファッションアイテムなどに取り入れることでヘルシーな印象になれます♡



メイクの際は肌の色に合わせてピンクやオレンジなどのカラーをプラスすると、より透明感を引き出せるでしょう。
肌に自然になじんでくれるため、コーデの主役にすればエレガントさを演出してくれます。

「遠くから見ると肌と同化して膨張して見える……」という人は、長めの丈のプリーツスカートやフリル素材のアイテムを選ぶと華奢に見せも十分できますよ!

おフェロカラー2. ヘアカラーもとびっきりかわいく


ピンクのヘアカラーに挑戦するときは、髪の内側部分を染める『インナーカラー』として取り入れることをおすすめします。髪を耳にかけたときにチラ見えすると色っぽく見えますよ♡



アップヘアにするとインナーに入れたピンクがハッキリ見えて、いつものヘアアレンジに変化をつけられるでしょう。
インナーカラーをピンクにするときは『髪全体をピンクベージュやヌーディーベージュなどに染める』ことで、統一感が生まれます!

黒髪やブラウンなどダークカラーをメインとして、インナーへ『細く毛束状』に濃いめのピンクを入れるのもよいですね。ピンクがアクセントになったアンニュイなヘアスタイルを楽しめますよ。

おフェロをメイクに取り入れてみよう


ピンクとベージュはメイクに取り入れることで、さらに魅力的な女の子に変身させてくれますよ♡
ナチュラルに血色感をアップしてくれるため、表情を明るく見せてくれます!

おフェロをメイク1. ピンクのベースでナチュラルな血色感を


ピンクのベースカラーは、自然に上気したような頬を演出して顔色を明るく見せてくれます♡ 近年のファンデーションは、スキンケアや肌補正効果の高いものがたくさんありますよね。

顔色がくすんで見える・透明感がないといったお肌の悩みには『コントロールカラー』のコスメを選びましょう。

コスメ自体にブルー、グリーン、パープルなどの色が付いており、シミや隈(くま)など気になる部分に使用します。『反対色に近い色を塗る』ことで、目立たなくすることが可能です♪

ベースにピンクのコントロールカラーを使用すると、くすみがちな肌に『赤み』をプラスできます。お肌が赤ちゃんのようにやわらかく見えて、表情にも甘い雰囲気をまとえますよ♡



商品名:アナスイ(ANA SUI)プロテクティブ ビューティ バーム
価格:2388円
Amazon:商品ページ

おフェロをメイク2. アイシャドウはきれいなグラデをつくって


『キャンメイク(CANMAKE)』の『パーフェクトスタイリストアイズ』は、おしゃれ女子の定番アイシャドウですよね♡

なかでも『スウィートフラミンゴ』は、肌なじみのよいベージュやパール感のある薄ピンクなどの5色が一つになったパレットです……! ピンクの華やかさを際立たせつつ落ち着きのあるメイクに仕上げられますよ。

ベージュを『二重幅よりやや広め』に塗ってから、ピンクを『二重幅に薄く重ねる』のがきれいなグラデーションメイクのコツです! 薄ピンクを涙袋に薄くのせれば、甘さのあるドーリーな目元もつくれます。
1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ