これって二度見知り? 2回目から話すのが苦手な女子あつまれ

二度見知りってご存じですか? 二度見知りは、人見知りと少し異なります♡ 初対面では打ち解けても、2回目から付き合いを負担に感じるタイプです。ありのままを受け入れてくれる相手を探すのもよいですが、変わりたい場合は克服も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

これって二度見知り? 2回目から話すのが苦手な女子あつまれの1枚目の画像


二度見知りをどうにかしたい


『初対面の際はそれなりにコミュニケーションが取れるのに2回目になると急に距離をとりたくなる』という人は、意外に多いものですよ。

緊張が嫌で、次の機会をみずからなくしてしまうこともあるかもしれません。人見知りとは少し違う二度見知りさんの特徴を見てみましょう!

二度見知り1. 人見知りとは何が違うの?


人見知りは初対面でのコミュニケーションが気恥ずかしく、慣れていない相手との会話に尻込みしてしまう状態です。基本的には、会う回数が多くなるほど解消されてきますよ♡



一方で、二度見知りは初対面の人とは特に問題なく話せます。初対面の人とは、次会うかどうかわかりませんよね。「そこで関係が切れてしまうもの」と考えれば、あまり緊張せずに話せます。

関係が終わると思っていた人と2回目に会うとき、緊張してしまうのが二度見知りの特徴です! 不安になるかもしれませんが『継続する関係』のほうが緊張してしまう人は多いものですよ。
あまり気にせず、気持ちがラクになる方法を考えていきましょう♡

二度見知り2. 好きな人と仲良くなるチャンスも逃しがち


二度見知りしてしまう場合、初対面で仲良くなった人と次に会うとき、なんとなく気が進みません。

「あまり自分のスペースに踏み込んできて欲しくないし……」と会う人を限定してしまうと、恋愛にも発展しづらくなるでしょう。
2回目に会ったときの印象が初対面と大きく変わっていることに対して驚かれるのもしばしばです。

もし「明るくて楽しい子だったからまた会いたい」と考える男子がいた場合、2回目に会ったとき会話がはずまないとがっかりしてしまいますよね♡
緊張や不安があっても、落ち着いたトーンで話すなどにとどめて『自分の中に閉じこもってしまうこと』は避けたいですね。



二度見知りさん、こんな悩みはない?


初対面より2回目に会うのが苦手な女子は、相手との適度な距離に悩んでいます……。メールやネットなど、会わずに済ませられるなら問題ない人も多いのではないでしょうか?
同じようにドライな関係を好む人とは合う可能性も高いですよ。諦めずに気の合う相手を探しましょう♡

二度見知りの悩み1. 相手をあだ名で呼べない


初対面から人をあだ名で呼ぶことは少ないですよね。二度見知りの人も初回はあまり気後れせずに話せるでしょう。

2、3回目になってくると、フレンドリーな人ならあだ名で呼び合うことも増えていきます。二度見知りの人は「自分が相手のことをあだ名で呼んでよいの?」と悩んでしまうことも多いでしょう。



「親しげに呼んで嫌がられたらどうしよう」と気を遣いすぎるあまり、疲れることも多いのではないでしょうか?
無理にあだ名で呼ぶ必要はありませんが『相手に合わせて距離を縮める』作業は挑戦したいですね!『相手があだ名を使い始める』タイミングであれば、受け入れられやすいでしょう。

二度見知りの悩み2. 話が続かない


初対面の場合、住んでいる場所や仕事、学校のことなど話のネタはいろいろあります♡ 話がはずむこともあるでしょう。

ただ、2度目に会うときには、ひと通りのプロフィールは話し終えていますよね。二度見知りしてしまう人は『相手に深く踏み込む話題』に触れるのが苦手なため、困ってしまいます。

気配り屋さんの二度見知りの人は「これを聞いて気分を害されたらどうしよう」と裏を読み始めると止まりません。
1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡