チートデイで乗り切る停滞期。メリットとデメリットを紹介

ダイエットをしばらく続けていると、体重が減らなくなる『停滞期』が訪れる人もいます。そんな悶々とする時期を脱出する方法として話題になっているのがチートデイです! チートデイのやり方や注意点を確認して、ダイエットに役立てましょう♡

チートデイで乗り切る停滞期。メリットとデメリットを紹介の1枚目の画像


チートデイでダイエットを成功させよう


運動や食事に気を遣っていても「目標体重になかなか届かない……」と悩んでいる人がたくさんいます。
ダイエットに行き詰まったときは、セレブの間でも話題の『チートデイ』を参考にしてはいかがでしょうか♡

チートデイにはどんな意味があるの?


ダイエット中、ある日を境に体重が減らなくなる『停滞期』に突入した経験はありませんか?
食べるのを我慢していると、体に栄養が入ってこないことで、脳が「飢餓(きが)状態になってしまった……!」と錯覚します。

生命を維持するためにエネルギーの消費を抑えてしまい、体重が減りにくくなりますよ……! そんな停滞期を回避する目的で取り入れられているのが、チートデイです♡
チートデイは『サボる日』『ごまかす日』を意味します。停滞期にダイエットを1日サボって食事の量を大幅に増やす方法で、飢餓状態ではないと体に納得させるのが目的ですよ。



チートデイはいつ?


チートデイは体重がほとんど落ちなくなった停滞期に実施します。チートデイの頻度は体脂肪率を目安にして、無理のない範囲で計画を立てることが大切です♡

チートデイで乗り切る停滞期。メリットとデメリットを紹介の2枚目の画像


女性の場合はホルモンバランスの影響で、生理前から生理中にかけて食欲が増す傾向が見られます……! このタイミングにチートデイを設けて、食欲を落ち着かせる方法もありますよ♪

歯止めがきかなくなって次の日も食べすぎてしまいそうなら、食欲が落ち着いている『生理後』がベターです。心と体と相談して、自分に合ったタイミングを考えてみましょう♡

チートデイにはだいたい何カロリーまで食べてよいの?


食事の量を増やすといっても、具体的にどれくらい食べてよいのか気になりますよね……! 摂取カロリーの目安を出す際には、いくつかの『計算式』から自分の体質に合ったものを選びましょう♡

主な計算式は『体重×40~50kcal』『減量中の1日あたりの摂取カロリー+2500kcal』『1日あたりの基礎代謝量×2.5』などがあげられます。

1日あたりの基礎代謝量は『ハリス・ベネディクトの式』の場合『655.1+{9.56×体重(kg)}+{1.85×身長(cm)}ー(4.68×年齢)』で算出できますよ!

ハリス・ベネディクトの式はやや複雑なため日本人の体型を考慮した『{10.8×体重(kg)}+620』の簡易式で計算してもよいでしょう♡



チートデイにおける体重の変化


チートデイにはしっかり食事をとるため、一時的に体重が増加します。しかし、体重が増えたからといって、焦って無理なダイエットをするのは禁物ですよ!
チートデイの翌日から食事をいつもどおりに戻して、変化が訪れるのをのんびり待ちましょう……♡

チートデイにおける体重の変化1. 翌日は一時的に体重が増える


チートデイの摂取カロリーは普段より多めです。想像以上のボリュームに驚く人もいるでしょう……! チートデイにはそれくらいしっかり量を食べるため、翌日にどうしても体重が増えます。



体重の増加は一時的なものですが、何も知らずにたくさん食べて「せっかくここまで体重を落としたのに……!」とガッカリするのは避けたいですよね♡
チートデイの翌日は『体重が約2kg増える可能性がある』と頭に入れて、心の準備も済ませておきましょう。

チートデイにおける体重の変化2. その後は食事を戻すため体重にも変化が


一時的に体重が増えても焦らなくて大丈夫ですよ! 誰しも消化して排泄されるまでは体の中に食べたものが残っている状態です。
1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡