ダイエット中に気をつけたい! 太りにくい食習慣のヒント5つ♡

いよいよ夏本番! 肌見せの季節がやってきました。
今、ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか?
ダイエットといえば運動と食事制限。でも、暑い日が続くとなかなか運動する気が起きませんよね。
そんな時は、食生活を見直して太りにくい体質づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。
今回は、太らないからだを作るために食習慣を改善するヒントを5つご紹介いたします♡

ダイエット中に気をつけたい! 太りにくい食習慣のヒント5つ♡の1枚目の画像


太りにくい食習慣のヒント1. 朝・昼・夜 たくさん食べていいのはいつ?


忙しい朝。メイクや服選びに時間がかかって、朝食はついつい適当に済ませがち……
でも、朝昼晩の三食の食事の中で、たくさん食べていい時間っていつなのでしょうか。


正解は朝もしくは昼。特に朝の方が好ましいです。
朝と昼のごはんは、摂取したエネルギーをその後の仕事や勉強などの活動で消費することができます。
特に朝ごはんは、1日のスタートに食べるので、その日1日かけて消費されていきます。
よって、一番食べてもいいのは朝ごはんです。
逆に朝ごはんをしっかり食べないと、脳のエネルギーが不足して集中力や記憶力の低下に繋がってしまうので、朝ごはんをおろそかにしている人は、これを機に見直してみてはいかがでしょう。

そして夜ごはんのあとは寝る準備をしますよね。あとは休むだけ。
体は休息モードに入り、消費エネルギーが少なくなります。
そのため、摂取した余分なエネルギーは体脂肪となり蓄積されてしまいます。
夜は軽めに済ますか、早い時間に食べるようにしましょう。

太りにくい食習慣のヒント2. 寝る前3時間は食べない


「寝る前に小腹が空いちゃった……」「シメにラーメン食べちゃおうかな……」「お風呂上りにアイスが食べたい!」
誘惑が多い真夜中。でもベッドに入る3時間前は、我慢が必要です。



寝る3時間前に食べちゃいけない理由は?


食べ物を食べたると、胃腸が動き始め、体や脳は食べ物を消化吸吸収することに集中します。
そのため、食後すぐに寝てしまうと、本来寝ている間にも体や脳が休むことができず、睡眠の質が低下してしまうのです。
さらにそれだけではなく、体が休息モードになってしまい、脂肪が蓄積されやすくなったり、消化不良で翌朝気分が悪くなってしまうおそれもあるのです。
食後、消化が落ち着くまで3時間程度かかるといわれています。
きちんと食べ物を消化してから眠りにつくことで、睡眠の質の向上につながるのです。

太りにくい食習慣のヒント3. 「GI値」の低いものを選ぶ


食事をするとき、どんな点に気をつけてメニュー選びをしていますか?
「GI値」を参考に考えてみるのもおすすめです。

GI値とは?


GI値とは、食品に含まれる糖質の吸収の度合いを表す数値であり、食後の血糖値の上昇の度合いを表す指標です。
血糖値が上がり過ぎると、体内でインスリンというホルモンが分泌されます。
このインスリンは、脂肪を作り、脂肪細胞の分解を抑制する作用があるのです。
つまり、脂肪の分解を促進したい場合、血糖値の上昇を緩やかにし、インスリンの分泌を抑える必要があります。

GI値が低いほど血糖値の上昇が遅くなるので、ダイエットのためにはGI値が低い食品を選ぶことが重要になってきます。



GI値が低い食品って?


主食を選ぶ際は、白米より玄米、白パンより全粒粉パンなど精白されていないものを選びましょう。
野菜類では、レタスなど葉もの野菜や、キノコ類がGI値が低いです。
そのほか、プレーンヨーグルト、ナッツ類、チーズ、牛乳もおすすめ。
しかし、にんじん、かぼちゃ、じゃがいもは野菜の中でも比較的にGI値が高いので、食べ過ぎには注意が必要です。
また、ケーキやクッキー、バナナなどはGI値が高いので、気を付けましょう。
1
2

この記事を書いたライター

つばき かおり
アクセサリー作家、モダンバレエ教室アシスタント講師。 アクセサリーを制作・販売する傍ら、「健康的に美しく」をモットーに幅広い年代にバレエを指導。

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡