年の差カップルは続きやすいって本当?年上の彼との未来を妄想

芸能ニュースでよく目にする年の差カップルですが、身近なところにも実はたくさんいますよ……♡ 年上の彼とだからこそ味わえる安心感や刺激もあれば、年の差カップルならではの悩みもあります。年上の彼と未来をシミュレーションしてみませんか?

年の差カップルは続きやすいって本当?年上の彼との未来を妄想の1枚目の画像


年の差カップルって?


そもそも何歳くらいの差があれば、年の差カップルにあてはまるのでしょうか? 年の差があって実際にうまくいくのかも気になりますよね……!

あこがれている人も多い年の差カップルの実態をのぞいてみましょう♡

年の差カップルとは10歳以上が目安


片手で数えるくらいの年の差なら、学校の先輩・後輩の組み合わせなどでよく見かけるため、あえて年の差カップルとは表現しませんよね。

一般的な感覚では、10歳以上離れていると「年の差があるな!」と感じる人が多いでようですよ。

『姉さん女房(あねさんにょうぼう)』という言葉があるように、女性が年上のケースも少なくありません♡
「ほれたら年の差なんて気にならない……!」と感じるのは、男性も女性も共通していますね。



年の差カップルはうまくいきやすい?


仲良しカップルは『精神年齢』が近いゆえとも考えられています。恋人に限らず、同級生の異性に「男子は子どもだな!」と思った経験は女子なら一度はあるといっても過言ではないでしょう♪

女性は男性より精神年齢が『4歳』も上です。ある程度年上の男性と精神年齢が近いため、うまくいきやすいと感じる人が多いですよ。

年が離れているだけで、相手のことが魅力的に見える人もいます。年上というだけで大人っぽく見えたり、頼りになりそうに見えたりしたことはありませんか?

彼のことを心から素敵な人だと思えるからこそ、年の差を気にすることなくおだやかに付き合えるのでしょう……♡



年の差カップルの魅力


出会いの場では決まって、年上にターゲットを絞っている人も珍しくありません。「年上でないと恋愛対象にならない」と公言している人もいますよね。

年上の男性は『若者にはないもの』をたくさん持っています……♡ 結婚願望が強い人も、年上の男性は狙い目ですよ。

年の差カップルの魅力1. 余裕があり安心して付き合える


年上の男性は仕事も恋愛も含めて『人生経験』が豊富です。精神的にも成熟しているため、余裕がありますよ。ケンカをしてもカッとならずに冷静に対処してくれます♡

意見が異なった際も、自分の意見を押しつけません。両方の意見をくみ取って、ベストな答えを導きだそうとします。
「若いから」「君は経験したことがないから」と年齢を持ち出すこともないでしょう。1人の人間として対等に向き合ってくれますよ。

『経済的に余裕がある』のも大きなポイントです。経済的な余裕は、心の余裕にもつながります! 何でも受け入れてくれる海のように広い心で、安定した恋愛を叶えてくれるでしょう♡



年の差カップルの魅力2. 女子に対してとても紳士的


女性は何歳になっても、心の中に『お姫様願望』を秘めています……♡ 口には出さなくても、大切にされると常に実感していたいものです。

その点、年上の男性ならお姫様扱いも朝飯前ですよ! 若いころは女性に合わせることが苦手だった人も、年齢とともに丸くなって自然と紳士的なふるまいができるようになります。

ドアを開けたり、買った荷物を何も言わずにさっと持ってくれたりします。デート中も女性がヒールに疲れを感じてきたタイミングで「お茶でも飲もうか?」とスマートに誘ってくれるかもしれません♡

軽い男性のような下心を感じさせず、サラッと当たり前のようにエスコートしてくれるのも、年上の男性ならではの魅力ですね♡



年の差カップルの魅力3. 結婚を意識した交際ができる


近年では『生涯未婚率』が高まっています……! 生き方も多様化しており「結婚願望はないけど彼女はほしい」という男性も少なくありません。

特に、年下の男性は周囲にもまだまだ遊んでいる人が多いですよね。派手な交際関係に限らず、自分の趣味に没頭したい人もいます。

「まだ家庭に縛られたくない」と結婚に対して夢を持っていない人も多いでしょう。

一方で、年上の彼の場合は、周囲が結婚ラッシュまっただ中であったりすでに結婚して落ち着いている人ばかりだったりして、結婚願望が強くなっています♪

結婚を前提に付き合いたい女性にとっても、家庭を持つことに前向きな年上の男性は頼もしく魅力的に映るでしょう♡



年の差カップルはどんな悩みを持ってるの?


年の差ならではの悩みもたくさんありますよ。客観的に見るとほほえましいような悩みでも、当事者にとってはストレスに感じるものです。

よくある悩みと一緒に、解決策もチェックしておきましょう!

年の差カップルの悩み1. カラオケで歌う曲や好きなドラマがまったく違う


好きな音楽やドラマなどは『青春時代に熱中したものが中心』という人も多いでしょう。

年が近ければ「それ流行ってたよね!」「いつ聴いてもかっこいい♡」と共感できますが、年が離れていると古臭く感じしまいますよね。

好みがまったく合わず、話が盛り上がりきらないこともしばしばです。同年代で趣味が合わなかったときは気にならないものの、年の差カップルの場合はどうしても引っかかりを覚えてしまいます。

お互いの好きなものに対して興味を持ち合って、ジェネレーションギャップを埋めていくことが大切ですよ♡

新たに共通で「いいな」と思えるアーティストを見つけて、ライブに行ったり車の中で曲を流したりするのも面白いですね。



年の差カップルの悩み2. 彼が夜すぐに寝てしまう


人は年齢とともに、夜遅くまで起きていられなくなります。

体の変化が訪れるのは仕方のないことではありますが、夜のソファのくつろぎタイムなど一緒に過ごしているときに先に寝られてしまうとさびしくなりますよね……。

こちらの気分が盛り上がってきたタイミングで相手が寝落ちすることもよくある話です。仕事で疲れていることを思うと、寝ているところを無理に起こせませんよね。

そんなときは寝ている彼にくっついて、スキンシップを楽しんではいかがでしょうか♡ イチャイチャは義務的にするものでなく、心身ともに余裕があるときにしたほうが満たされますよ。



年の差カップルが結婚したらどうなる?


年の差夫婦にも、メリットがあれば悩みもあります。外見の年の差に悩まされることも多々あるでしょう。

結婚するときれいごとだけでは済まされず、将来を含めて経済的な部分も直視せざるを得ませんよね。少しだけ実情をのぞいてみましょう……!

年の差カップルの結婚1. 経済的に安定した生活ができる


決してお金目あてではなく『安定した生活を送るための最低限の条件』として、相手の収入や金銭感覚を重視する人もいるでしょう。

日本の企業の多くは、まだまだ年功序列です。長く勤めるうちに昇進したり、お給料も上がったりして、経済的にも余裕が生まれます。

年の差カップルの場合は、結婚時に経済的な不安の少ないケースも多いでしょう。一方で、定年の時期も同年代の相手に比べると早くなりますよね。

老後のことを考えて、今のうちに節約や貯蓄を意識している人も多いですよ。「貯蓄がある」と心に余裕があれば、金銭面の不安やトラブルもある程度回避できますよね♡



年の差カップルの結婚2. 夫婦より親子に見えることも


年の差カップルの代表的な悩みといえば『周囲の目』です……! 人によって年相応だったり、老けて見られやすかったりと、見た目年齢が異なります。

デートを楽しんでいる最中に親子と間違われたことがある夫婦も珍しくありません……。

付き合っているときはまったく気にならなかったとしても、結婚して周囲のドライな目にさらされると急に意識してしまうこともあります。

「どう思われても平気!」と割り切れるようになるまで時間がかかるかもしれませんが、あなたには見た目以上に彼を愛する理由をたくさん持っているはずです。

好奇の目に惑わされず愛し続けていれば、より固い絆で結ばれるでしょう……♡



年の差カップルの恋愛を楽しもう


年の差があると、よい意味で刺激的です! お互いにない部分に刺激を受けながら、いつまでも新鮮な気持ちで恋愛が楽しめますよ♡

敬語からタメ口へのナチュラルな切り替え方も押さえておきましょう!

年の差カップルを楽しむ1. 相手の年齢から刺激を受ける


年の差があると好みや考え方が異なるため、ちょっとした会話の中でも刺激を受けることがよくあります♡ 男性にとって、年下の彼女と付き合っていると新鮮な反応が楽しくて仕方ありません!

同年代であれば「つまらない」と一蹴されてしまう話でも、笑い声をあげて笑ってくれるだけでキュンとしてしまうでしょう。

若い女性は元気とエネルギーに満ちあふれており、一緒にいるだけで若々しくいられるような気にさせてくれますよ♪

若さゆえの柔軟さと年上ならではの経験値の『違う視点から見た意見』も参考になります。「成長させてもらっている」と感謝し合えるのも素敵ですよね。



年の差カップルを楽しむ2. 付き合ったら敬語をやめて距離を縮める


相手が年上だと、敬語がなかなか抜けきれませんよね。なかには「交際相手がいつまでも敬語だと落ち着かない」と感じる男性もいますよ。

いきなりタメ口をきくと生意気な感じが出てしまうため、少しずつ敬語を減らしていくのがベターでしょう。「へー!知らなかった!」といった『相づち』ならタメ口でも割と自然ですね。

彼の呼び方も工夫してみましょう。『さん付け』も男性を立てる意味合いで悪くはありませんが『2人だけの特別なあだ名』もうれしいそうですよ。

公の場ではさん付けして、2人だけのときに目一杯甘い呼び名と使い分けると「気遣いができるなあ」と好印象です。硬派な人なら『くん付け』が喜ばれるでしょう♡



年の差カップルはお互いを理解し合うことが大切


ジェネレーションギャップや価値観の違いなどに悩まされそうなイメージがありますが、違いを認め合うことで、刺激的な恋愛が楽しめます!

年上の彼ならではの心の広さやふるまいにもメロメロになるでしょう……♡ 同い年派だった人も視野を広げて、ひと味もふた味も違う大人の恋愛を経験してみませんか?

憧れの先輩と付き合いたい♡ 年上の男子と仲良くなる方法

いい子って思ってほしい♡ 気になる先輩男子にLINEを送る時の注意点

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡