肌キレイだねって言われたい♡ 気をつけるべきポイント

肌キレイだねって言われたらうれしいですよね♡ 今回は、肌がキレイな人に共通する習慣についてご紹介します。

肌キレイだねって言われたい♡ 気をつけるべきポイントの1枚目の画像


肌がキレイな状態って?


でも、そもそも肌がキレイな状態って一体どういうことを表すのでしょうか? まずは「肌がキレイ」の定義を考えてみましょう! 

肌がキレイな状態1. キメが細かく整っている


肌がキレイな状態とは、キメが細かく整っていることを表します。

肌のキメが整っていないと毛穴の開きが目立ってしまうのです。頬のあたりにできる黒ずみは、毛穴の開きが原因といわれています。

毛穴がキュッと引き締まることで、キメの細かさが叶うというわけです。



肌がキレイな状態2. ハリや弾力がある


肌にハリや弾力もあることも肌がキレイに見える条件です。

いくらキメが細かくても、だるんと垂れてしまっていてはキレイさが半減してしまいます。



肌がキレイな状態3. くすみがない


くすみがないことも肌がキレイな条件です。パッと肌が明るい状態でこそ、肌はキレイに見えるのです♡ 



肌がキレイな状態4. 肌トラブルがない


キメが細かく肌が明るく、ハリもあるのにキレイに見えない……。その原因は肌トラブルにあります。

肌荒れやシミ、くまや色ムラなどの肌トラブルによって、キレイさが失われてしまうのです。



肌がキレイな人がしている習慣


周りから憧れられるような肌を手に入れたいですよね♡ そのためには、肌がキレイな人がしている習慣を取り入れるのがおすすめです。

ここからは肌がキレイな人がしている習慣についてお伝えしていきます。

肌がキレイな人の習慣1. 毎日日焼け対策をする


肌がキレイな人は、毎日日焼け対策をしています。夏場は日差しがかなりあるので日焼け止めをしている人は多いと思います。しかし冬場になると「夏じゃないしいいか」とやめてしまう人がかなりいるのです。

紫外線はお肌の敵。そんな敵である紫外線は1年中変わらず降り続いています。日焼け止めをしていない肌は、ノーバリアで敵の前に出ているのと同じこと。紫外線にとってはいい餌食ですよね。

肌がキレイな人は1年中日焼け対策を怠っていません! しっかり日焼け止めを塗ってUVケアを行なっているのです。

日焼け止めを塗る習慣がない人は、まずはここからはじめてみましょう。



肌がキレイな人の習慣2. こまめに日焼け止めを塗り直している


夏場は特に、汗をかくことが多いですよね。日焼け止めは汗をかくと少なからず落ちてしまっています。そのため、数時間もすると日焼け止めの効果は薄れてしまうのです。

こまめに日焼け止めを塗り直すのも、肌をキレイにする第一歩ですよ! 



肌がキレイな人の習慣3. 日焼け後のケアを怠らない


どれだけ対策をしていても日焼けをしてしまうことはあるでしょう。

日焼けしてしまったことは仕方ありません。そのあとのケアで、肌をキレイにできるかできないかが決まります。

日焼けで赤くなった肌は炎症を起こしています。軽い火傷をしている状態だといえます。

日焼け後はとにかくまずは冷やしてあげることが重要。そして火照りが落ち着いたらたっぷり保湿をして肌を休ませてあげるようにしましょう。



肌がキレイな人の習慣4. たっぷり保湿をする


乾燥は肌から透明感を奪い、くすみを作ります。

肌の乾燥は保湿で予防しましょう。肌のキレイな人は「これでもか!」というくらい化粧水をたっぷり使っています。

高い化粧水を買ってちびちび使うくらいなら、コストパフォーマンスの高い化粧水をバシャバシャ使ってあげる方が肌のためです。

「使うのがもったいない」と思ってしまうくらいなら、ドラッグストアなどで買える大容量の化粧水に切り替えることをおすすめします! 



肌がキレイな人の習慣5. 十分な睡眠をとっている


睡眠はお肌にとって悪影響。寝不足が続くと頭が回らなくなることはもちろんですが、肌も歳をとってしまいます。

肌がキレイな人はしっかり睡眠をとっているのです。肌をキレイにしたいなら、十分な睡眠をとることを意識しましょう。



肌がキレイな人の習慣6. メイクを落とさずに寝ない


肌がキレイな人は共通して「どんなに眠くてもメイクを落としてから寝る」と言います。

メイクを落とさずに寝ることは、顔のうえに雑巾を置いているのと同じくらいの汚さなのだそう。

どれだけ時間がなくても、どれだけ眠たくでもメイクだけは落としましょう。すぐに落とせるシートタイプのメイク落としを常備しておくと安心かもしれません! 



肌がキレイな人の習慣7. 肌にいい食材をとっている


肌はスキンケアアイテムを整えるだけではキレイになりません。日頃食べているものも影響しています。

なので、肌にいい食材を意識して摂取することが重要です。

肌がキレイな人は肌にいい影響を与える食材を積極的にとっています。少しずつ取り入れてみてはいかがでしょう? 



肌がキレイな人の習慣8. 汚い手で肌を触らない


いくら肌にいいことをしていても、汚い手で肌を触るクセがあると、雑菌が繁殖してしまったり吹き出物ができたりしてしまいます。

汚い手で肌を触るクセがある人は、やめるように意識することをおすすめします! 



肌がキレイな人の習慣9. 寝具を清潔に保っている


汚い手で肌を触っていなくても、汚れている寝具をそのまま使っていて肌に悪影響を及ぼしてしまいます。

寝具は頻繁に洗い、清潔に保つようにしましょう。



肌がキレイな人の習慣10. 体を冷やさない


肌のキレイな人は、体を冷やさない意識をしている場合が多いといえるでしょう。

体の冷えは顔のくすみにつながってしまいます。日頃から注意してみてはいかがでしょうか。



肌がキレイな人の習慣11. 湯船に使っている


体を冷やさない工夫として、シャワーで済まさずにしっかり湯船に浸かるのがおすすめです。

肌の血行がよくなって明るくなるうえに、老廃物を流してくれるので肌トラブルを改善してくれるはずですよ♡ 



キレイな肌を作るためにおすすめな食べ物


最後に、キレイな肌を作るのに効果的な食べ物をご紹介します! 

キレイな肌を作る食べ物1. トマト


食べる日焼け止めと言われているトマト。トマトに入っているリコピンという成分が、お肌の日焼けを防いでくれるといわれているのです。

自然の恵みたっぷりのトマトを、サラダやカプレーゼにして日常生活に取り入れてはいかがでしょう? 



キレイな肌を作る食べ物2. キウイ


続いてはキウイです。

キウイには豊富な栄養素が詰まっており、美肌を作ってくれると話題なんです♡ 中でもゴールドキウイは甘みがたっぷりあるので、朝ごはんにおすすめ。



キレイな肌を作る食べ物3. アボカド


「森のバター」と呼ばれるアボカドは上質な油をたっぷり含んでいるので、食べる美容液ともいわれています♡ 

醤油をかけるシンプルな食べ方でも、サラダに入れても美味しいですよ。



キレイな肌を作る食べ物4. 発酵食品


吹き出物などの肌トラブルは腸に老廃物が溜まっていることが原因のひとつといわれています。

発酵食品は腸の調子を整えてくれるので、食べ続けることで自然と肌をキレイにしてくれるでしょう♡ 



肌がキレイな人の習慣を取り入れよう!


肌がキレイな人には日常の中に肌をキレイにする習慣を持っています。習慣を取り入れて周りからの「肌キレイだね」をゲットしましょう♡ 

今すぐできる「美肌」のためにやめること・やること5箇条!

しっかり保湿で冬も美肌キープ♡ ドラッグストアで買えるおすすめアイテム

クレンジングは美肌作りへの第一歩♡ 肌悩み別クレンジング診断!

(ameri/ism編集部)
【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡